FC2ブログ

◇昭和20年頃の私の自作「ヒーターレス電気蒸しパン器」の復刻版の改造

.19 2014 レトロかでん comment(0) trackback(0)
昭和20年代の戦後の食糧難の時代に考え出されたものですが、
家電製品とは名ばかりの質素な手作りの器具でした。

メリケン粉とふくらし粉(重曹)と少々の砂糖を練ってこの中に流し込んで、
電気を入れて待っていると、ふっくらした蒸しパン風のパンが出来ました。
家族で喜んで食べた味は今でもはつきり覚えています。

DSCF3670_500X375.jpg

↑ これは私が当時の記憶を頼りに10年前に自作したものです。
その後当店のWEBサイト上の「ヨネデンでんき実験室」に掲載の「ヒーターレス電気蒸しパン器」
の製作ページが ウィキペディア日本語版上の「電気パン」の項目上に掲載されました。

ウィキペディア日本語版上の「電気パン」の項目の「外部リンク」からご覧いただけます。
ヨネデンでんきドクターサイトの「ヨネデンでんき実験室」に掲載の
「ヒーターレス電気蒸しパン器」の詳細ページからもご覧いただけます。



DSCF3671_500X375.jpg

↑ 最初の製作時は蓋をすると電源が入る構造になっていましたが、
中が見えない不便とパンが膨らむと蓋が持ち上げられて電源が切れる事がありました。

それを改めるため、蓋なしでも電源が入る構造に改造いたしました。

以下がその模様です。
分解組み立て手順も掲載いたします。


DSCF3672_500X375.jpg




DSCF3673_500X375.jpg




DSCF3674_500X375.jpg




DSCF3675_500X375.jpg




DSCF3676_500X375.jpg




DSCF3677_500X375.jpg




DSCF3678_500X375.jpg




DSCF3683_500X375.jpg




DSCF3679_500X375.jpg




DSCF3681_500X375.jpg




◆古びた一枚の半世紀前のチラシが語るものは・・・

.15 2013 レトロかでん comment(0) trackback(0)
創業して五十数年になりますが、当時から大切に保管していた物があります。
昔の写真の中に細かく折りたたんだ1965年の年末に配布したB4サイズの単色刷のチラシです。

小さな店舗を開業して、やつと軌道に乗り多忙な日々を送っておりました。


DSCF8173_500x375.jpg

時あたかも、白黒テレビからカラーテレビを一般家庭に普及させるべくメーカーが必死に開発途上でした。
そんな中で東芝が16インチカラーテレビを「ユニカラー」ブランドで発売しました。
一般家庭に普及を狙った20万円を切った画期的な低価格と、面倒な色調整が簡単にできるのが特徴でした。

この時期に東芝がカラーテレビの拡販キャンペーンを行っていました。
丁度年末の「NHK紅白歌合戦」がカラーで放送することが決まっていましたのでチャンスと捕らえ拡販に努力しました。
前年の1964年10月は「東京オリンピック」でしたが、1台販売できておりました。

話はさかのぼりますが、
1964年10月の「東京オリンピック」の時にご近所のお得意様にお買い上げいただいた時は開会式の放送時は「色ずれ補正」の為、付きっきりで待機していました。
ご近所から大勢の方が観覧に来られていました。


16WR_001_500X480.jpg

↑ PHOTO 東芝科学館HPより拝借


16WR_001_400X602.jpg

↑ TOSHIBA 16WR 


yonekawaTVtenpo_500x346.jpg

↑ 50年以上前のその当時の店舗写真です。


4K_REGZA_480X309.jpg

↑ アナログテレビからデジタルテレビ時代に変遷したのは、ついこの間という感じですが、
既に「4K時代」に向かっています。

正にグッドタイミングな出来事が追い風になります。
期待しましょう、感動の4Kの中継放送を4Kテレビで観たいものです。


yonedenntenpo_500x345.jpg

懐かしい時代から半世紀が過ぎ去り、遂に念願の「TOKYO 2020」が現実になり、日本は7年後の「TOKYO 2020」に、あらゆる面で大きな変化に向かって走り出しました。

 招致委員会の皆様に心より感謝致します。


当時のカラーテレビの拡販キャンペーンの期間中に合計5台を販売して東芝から「金賞」を受賞致しました。





◆レトロな仲間が、いつの間にか、こんなに集まりました

.21 2013 レトロかでん comment(0) trackback(0)
先週の定休日に保管してきたレトロ的なものを整理して一ヶ所に集めてみました。

特にテレビは一台毎に点検しながら「地デジチューナー」「RFモジュレーター」を通じて動作確認しながらですから大変でした。


DSCF2623_500x375.jpg

↑ 1976年以降のアナログカラーテレビ等です。棚にはレトロ的でないものも混在です。



DSCF2625_500x375.jpg

↑ ここは以前テレビコーナーでしたが、薄型テレビの展示には具合が悪く、レトロコーナーに変身しました。

 テレビコーナーは数年前から店舗前面に移動しました。 



DSCF2632_500x375.jpg

↑ 整理中で雑多に置かれています。



DSCF2633_500x375.jpg

↑ 奥の壁面の棚にかなり古いビデオムービーがありますが、不動品です。



DSCF2634_500x375.jpg

↑ VHSビデオデッキが雑然と置いてありますが、殆どが動作します。



DSCF2636_500x375.jpg

↑ ジャンク的ノートパソコンはスペースが足りなくて縦置きにしています。



とにかく、時間があれば、こつこつと、整理整頓、メンテナンスをしていきたいところです。



レトロラジオ再生工房 http://www.yoneden.co.jp/RRWsite_index.html




 HOME