FC2ブログ

◆一見さんからの修理の依頼でお断りしました、しかし反省・・・

.28 2013 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
1週間ほど前の話ですが、ホームページで調べて電話してこられましたがお断りしました。
どうも心に引っかかり気分が良くありません。

【その1】
奈良県内の遠方の一見さんでヘアーサロンの経営だと思います。
業務用のヘアーアイロンの修理依頼です。
故障内容は、温度調節器の故障です。
かなり古い製品だそうで、そのメーカーに直接依頼したそうですが、
「部品もないので修理できない」と、体裁良く断られたそうです。
私は同じような返事はできませんでした。
しかし、先方はお困りの様子なので、なんとかしてあげたい気持ちが揺らぎました。
家庭用ならお受けしますが、業務用ですから、もし髪が焦げたり、火傷をしたりとなった
場合は難しいことになりますからと丁重にお断りしました。 

【その2】
こちらも遠方で兵庫県の方で漢方薬業だそうです。
依頼内容は漢方薬の薬剤を粉砕する機器です。
突然ガクンと停止したそうです。
粉砕機器は台湾製だそうです。
かなり困っておられるようでした。やはり、こちらも、丁寧にお断りしました。
もう少しインターネットで探してみてください、どこかに専門業者が見つかると思います。
とお話しして電話を切りました。

この2件はどちらも業務用で大変急がれている様子ですので、私も現在は時間的に
無理ですが、時間的に余裕があれば、お受けしていたと思います。



◆東芝液晶テレビレグザ32C3100の修理

.27 2013 家電品の修理 comment(7) trackback(0)
2007年に販売の東芝レグザ32C3100ですが、故障状態は「画面出ず、音声正常」です。
このテレビはREGZA3000シリーズですから、分解、交換方法はこのブログに書きました32H3000 と全く同じですから割愛させて戴きます。
先ず、「液晶パネル自体の不良」か「バックライト関連の不良」かを判定が必要です。
私が普段実施していますのは、放送受信状態で音声正常の状態で、
真っ暗な画面を注意して目視します。
その時何かが、かすかに映り動いているのが確認できれば、
「バックライトのイーバーター基板」の不良です。
全く何も確認できない場合は、「液晶パネル本体」の不良と考えます。
しかし、その他の原因も考えられます、私は経験していませんが、例えばデジタル基板の不良もあります。
32C3100_04_500X375.jpg

画面ではっきり確認が出来ないときは、後部カバーの上部の隙間から覗くとバックライトが光っているときは、液晶パネル後部の小さな穴から明かりが見えます。
32C3100_03_500X375.jpg

液晶パネルバックライト部品のインバーター基板は「Aタイプ」と「Bタイプ」と2種類が同梱されていますから、説明書の通り液晶パネルの種類に合った方を使用します。
32C3100_01_500X375.jpg

インバーター基板の交換はそんなに難しくはありませんが、約40本のネジの脱着と十数ヶ所の種類の違うコネクター、接続コードなどの脱着、など方法を誤ると破損してしまいますから、最初は説明書をよく見て慎重に作業することが大切です。
何度か経験しますと短時間で作業が出来ます。
私も最初は時間が掛かりましたが、慣れてきますと30分程で完了します。
32C3100_02_500X375.jpg

購入後5~6年後の修理発生時に、「修理」か「買替え」かの判断が難しいと思います。

もし、液晶パネル本体の故障であれば「買替え」
   バックライトインバーター基板交換の場合は「修理」と言う判断基準にしています。
   もちろん例外があり、もうこの際もっと大画面テレビと買替えとなる場合もあります。



◆販売士資格更新テストの結果が来ました

.26 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
先日、解答書を郵送して、こんなに早く採点結果が送られてきました。

50点以上が合格ですが、ちょっと甘いですね、
恥ずかしいですが、100点は取れませんが、余裕で合格でした。

採点結果を郵送してくれるのは珍しいですね。
これならやり甲斐があります。
普通は結果を教えてくれませんから、自分のレベルがわからず、不安です。

点数によってはもっと勉強をしなければ、と言う気持ちになれますが、反応が返ってこないと、
気持ちが定まりませんね。

1日棒に振って遠方まで出かけ講習会に参加して、居眠りしていても、テスト免除で更新は出来ますが、
なんだか無駄なような気がします。
人により考えは違いますが私は通信講座の方が身につくと思います。


後は市内の商工会議所へ行き更新申請をします。

hanbaishi_400x521.jpg




◆サーバー移転でホームページが表示できない・・・原因は・・・

.26 2013 パソコン関連 comment(0) trackback(0)
2月に入ってから永年慣れ親しんだサーバーから新しいサーバーへ移転したのは、
13日にこのブログに書きました。

サーバー移転直後は新、旧双方のサーバーが稼働していますので、
旧のサーバーが完全停止した時は自動的に切り替わる筈でした。

実はドメインが2つあります、
古い方のドメインの「yoneden.co.jp」はそのまま移管して、
当店のホームページ「ヨネデンでんきドクターサイトhttp://www.yoneden.co.jp/ 」
に使用していますが旧サーバーが完全停止した日にサーバーエラーで表示出来なくなりました。

新ドメインの「yoneden.info」の「家電のメディアシティ」の方は問題なく新サーバーで表示しています。

最初は原因がわからないので、念のため「ヨネデンでんきドクターサイト」
トップページのURLを拡張子までフルで「http://www.yoneden.co.jp/index.shtml」
と入力すると表示されました。

しかし今までは、「http://www.yoneden.co.jp/」でOKでした。
サーバー会社へ尋ねれば良いのですが、自力で解決したくそのままにしていました。
時間的に余裕が出来ネットで同様な事例がないか調べましたが見当たらず、自分の思いつきですが、

「家電のメディアシティ トップページのURLは http://yoneden.info/index.html」は正常

「ヨネデンでんきドクターサイト トップページのURLは http://www.yoneden.co.jp/index.shtml」エラー

双方の違いは拡張子になります。html と shtml の違いです。

つまり新サーバーが shtml を受け付けないようです、
そこで、「ヨネデンでんきドクターサイト トップページのURLを 
http://www.yoneden.co.jp/index.html」に変更してサーバーへアップロードしました。

予想通りこれで解決しました。
同時に内部リンクも修正しました。

これで正常に動作しています。



◆何故日本のテレビ技術はここまで進化したのか・・・

.24 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
地上デジタル放送に移行して今年の7月で2年になります。
あまりにも急激に需要を取り込み現在テレビ関連は低迷しています。
日本のメーカーで既に民生用テレビ事業から優秀な技術を持ちながら撤退した一流メーカーがありますが、残念な事です。

日本のテレビ技術は単なる模倣により成長したものではありません。
昭和元年に「テレビの父」と言われた電子方式のテレビジョンの発明者の高柳健次郎氏が丸形ブラウン管にカタカナの「イ」の字を映しだしたのが最初でした。
数々の技術者が幾多の壁を乗り越え、現在のテレビがあるわけです。
そんなことを思いながら、大変参考になる書籍を見つけ早速購入しました。

デジタルメディア評論家 麻倉 怜士 著 
「究極のテレビを創れ!」 サブタイトル 「感動に挑む絵づくり職人たち」

DSCF1964_400X339.jpg



◆BSの番組表が取込めず録画予約のできない東芝DBR-Z260

.22 2013 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
昨年12月に販売のレグザブルーレイレコーダーDBR-Z260ですが、
最近になって「BSを予約録画したいが、番組表が表示されない」というトラブルが発生しました。
お伺いすると、確かにBSの番組表が取り込まれていません。
お客様の操作に問題はありません。
地デジはすべて正常です・・・・・気が付いたのは、BSは視聴は正常ですが、画面右上に!マーク(放送局からのお知らせ)が出ています。
削除を試みますが、反転状態で受け付けません。
このままでは処置できませんので、念のために、初期設定の再設定を行う事をお客様にご説明しました。
お客様はハードディスクに相当たくさんの録画映像の保存があり、消えないか心配されましたが、「はじめての設定」を再度行ってもハードディスクの初期化は別行程ですから大丈夫であることを説明して、「はじめての設定」を実施しました。
これで、あっさりと解決しました、ちょっと珍しいトラブルでした。

DBRZ260_500X146.jpg



◆販売士の資格更新の回答を発送

.20 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
1982年に取得した2級販売士の5年毎の資格更新ですが、商工会義所の更新講習会で受講すれば、更新試験は免除せれ自動的に更新手続きが出来たのですが、今回は多忙で出席できなかったため、通信講座を申し込みました。
期限が3月ですので、気になっていたのですが、今日やっと、エンジンが掛かりテキストを開きました。
5年経ちますと、世の中変化が早く、流通の様相が大きく変化します。
勉強も必要と思います。
テキストを見ながら回答ですから、楽といえますが、どのページに該当の記述があるかを調べるのに少々テクニックが必要です。
2時間ほどで20問の回答が完成して明日にでも投函の予定です。

流通業界で重要な資格として、注目される販売士ですが現在全国で約70万人居るそうです。

3級販売士の合格率約60%前後 売場の担当者・販売員   
2級販売士の合格率約60%前後 売場主任、部課長など、売場を管理・監督する中堅幹部クラス
1級販売士の合格率約10%前後 大規模小売店舗の店長や部長、中小小売業の経営者

となっています。
DSCF1956_400x332.jpg



◆TOSHIBA REGZA 65J7 入荷、展示!

.19 2013 気になる新家電ご紹介 comment(0) trackback(0)
今日、待望のREGZA 65J7が入荷しましたので、展示することにしました。
さすがに梱包はでかいです。W1700 H950 D170mmありますから畳ほどの大きさです。
しかし、薄さは小型機種と殆ど変わりません、梱包総重量は46.5Kgです。
一般家庭に納品時は廊下などのコーナーは曲がりきれない時は縦にして搬入となるでしょう。
DSCF1919_500X373.jpg

スタンドを取り付けテレビ台に設置、「miniB-CASカード」を挿入、設定に入ります。
「はじめての設定」画面が少々変わっています。
DSCF1920_500X375.jpg

設定途中で「ネットワークサービス」を「利用する」か「利用しない」かを求めてきますのでどちらかを選択します。
「クラウド」を活用する場合は「利用する」にします。
DSCF1924_500X375.jpg

第一印象は「誇張のない自然さ」「高品位の美」「黒のしまったリアル感」「明るさはストレスのない開放感」
65Vの超大画面に人の上半身が映るとほとんど等身大で、自分が画面に入っていける感覚になります。
DSCF1928_500X375.jpg

白と黒の質感、スカイブルーの光沢、肌色、などすばらしい表現力です。
DSCF1932_500X375.jpg

遠近感のはっきりわかるこのシーンは、こんな小さな画面ではつかめにくいですが、
実際の映像では再現できています。
DSCF1932_500X299.jpg

2画面を試しました丁度右の32Vのサイズとほぼ同じ大きさで映っています。
画面面積で4倍以上ですから当然です。これなら非常に見やすいですね。
DSCF1954_500X375.jpg

本体サイズは、W1470 H932 D29~74mm(最大部はスピーカー埋込み部)
音声は新型スピーカー35X75mm高音質フルレンジスピーカーをバスレフ型BOXに収納し明瞭な低音再生によりストレスのない音に仕上がっていますので、「薄型テレビは音が貧弱」の汚名を返上しています。
DSCF1945_400X671.jpg

次回はネットワーク関連と録画などを検証したいと思います。




◆無くした愛用のミニメジャーが半年ぶりに見つかりました。

.18 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
無くしたと思っていたものが、突然出てきたのはうれしいものです。
約半年ほど前に無くしたのに気づいていたのですが、いくら探しても見つからなかったのです。
不便なのでホームセーターで物色するのですがミニメジャーはあまりみあたりませんので仕方なく普通のものを買ったところでした。
お客様に商品サイズや設置場所の問題などで正確な数値をお伝えするのに必要なのです。
永年愛用しているとものには「魂」が宿るのでしょうか、ものの方から在りかを教えてくれるのでしょうか、不思議なものです。
P1010095_400x300.jpg

私の「三種の神器」は「ミニメジャー」「ミニルーペ」「ミニドライバー」です。
全部ミニなのはいつもポケットに収納しているからです。
3つそれぞれが役目が違いますが自分の手や目の弱点を補助してくれる大切なものなのです。
ミニルーペは肉眼で判別できない極小な電子回路基板等の修理には欠かせません。
ミニドライバーはマイナスの2.5mmのものですが、プラスネジにも使用できて、さまざまな利用価値があります。
P1010099_400x300.jpg

このミニルーペは約50年ほど前にレコード針の摩耗の状態を見る為に時計店で買ったものですが、数回行方不明になっていますが、不思議に現れてきます。
現在は老眼で判別不能の小さなものを見るのにもサッとポケットから出して見ています。
P1010100_400x300.jpg

私の「三種の神器」には永年大変お世話になってきました。それぞれの価格は安価なものですが、無くてはならない補助具なのです。
いつも肌身離さず携行できるものが一番ありがたいのです、「いつ」「何処で」 必要になるかわかりませんから大切にしなければなりません。



◆ショッピングサイトの構築が終盤に入りテストラン

.13 2013 パソコン関連 comment(0) trackback(0)
既に2月も半ばとなりました。
ここのところ、ブログも沈黙をいたしておりました。
実は予てより念願のショッピングサイトの構築に没頭しておりました。

--------------「家電のメディアシティ」のトップページです--------------
K_mediacity_340x653.jpg
昔から言い伝えで「二八(ニッパチ)と言って商売は1年の内2月と8月が最も暇と称されていました。
まあ実際確かに2月は落ち込んでいます。
と言うわけではないのですが、予てより念願のショッピングサイトを腰を据えてやろうと言うことになりました。

私たち地域家電店はリアルの店舗で地域のお客様に支えられ、手厚いアフターサービスで信頼を得ております。
しかし、もっと視野を広めましてネットショッピングによりサービスの拡大を図ってまいりたいと思い取りかかりました。

約12年前Windows98の時代に自前のホームページを立ち上げました時に「ショッピングカート」に凄く憧れ、CGI の参考書で勉強しながら挑戦しましたが、ものにならず断念しました。

専門のウェブデザイナーに依頼すればかなりの費用が掛かります。

何年か後にレンタルサーバーのオプションの「ショッピングカート」を利用しましたが、成果の上がらないうちに今のモバイル時代に通用しないものでもあり断念しました。

2度の挫折を乗り越えて3度目の挑戦になりますから失敗は許されません。
今回、ジャストシステムの「ネットショップオーナー5」を使用することになり、サーバーも移転することにしました。
素晴らしいソフトに支えられて着実に「一喜一憂」しながら進行して行きました。

先ずこのような作業内容になります。
1・サーバーの移転  2・独自ドメインの移管  3・ショッピングサイト制作
この内で初体験がドメインの移管でした。

最初のホームページの yoneden.co.jp の独自ドメインをそのまま移転して引き継ぐための手続きです。
前のサーバー会社と新サーバー会社と双方の手続きです。
もちろんネット上で行いますが、申請は英字記入です、確認も厳しい規則に基づくものです。

丁度1月中旬からの全ての作業ですから、約1ヶ月になります。仕事をしながらですから、休日返上にてがんばりました。
全体骨格ができましたが、まだまだ詳細な作業がありますから、気が抜けませんが、今までトラブルもなく進行したわけではありません、何度も壁に突き当たり、「自分の不甲斐なさ」に折れそうになりながら、解決して、「達成感」が支えてくれました。

●左コラムの「リンク」をクリックしてご覧いただければ幸いです。
「家電のメディアシティ」 http://yoneden.info/



◆洗濯機が排水できない、原因は「紙おむつ」!

.01 2013 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
全自動洗濯機の故障で修理依頼がありました。
ご高齢の奥様が、不注意に肌着と一緒に「紙おむつ」を洗ってしまい、排水が出来なくなったのです。

「紙おむつ」には「高吸水性ポリマー」が使用されています、これは100~1000倍の水分を吸収する物質です。
これが洗濯機の中で暴れ回れば、大変な事になります。

幸いなことに買替えして半年の洗濯機は異常なく、排水パンの排水口の周辺の大量のゼリー状に固まったものを入念に撤去して、排水が出来ました。

しかし、洗濯物は多量の付着物が取れにくいため、処分することになりました。

後で聞いた話ですが、「老老介護」の大変さを垣間見た思いがいたしました。


 HOME