FC2ブログ

◆奈良県から千葉県へ無事お届けできました

.29 2013 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

昨日、完成したナショナルレトロ電蓄を無事千葉県のお客様にお届けできてホッとしました。

SE7500_500X376.jpg

千葉県のお客様から4月15日にお預かりして2週間、で無事にお届けする事が出来ました。

いつも梱包には気を遣いますが今回は数年前の東芝レグザの空箱を活用しました。
これがぴったりで自分も驚いています。
サイズは 1180X860X405mm でかなりの大きさです。

色々な製品に対応出来るように普段から空箱は大切に保管しています。
内部はまだ確認して戴いていませんが、大丈夫でありますよう祈っています。



◆希少レトロ ナショナル白黒ポータブルテレビの修復修理

.24 2013 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
珍しい真空管式でポータブルタイプになっています。ロッドアンテナも付いています。

当時は移動式テレビで便利な存在だったのでしょう。


TP23A_500X225.jpg
↑製造年が不明ですが、50年以上は経っているでしょう。丁寧に保管されています。


TP23A_500X378.jpg
↑狭い空間にぎっしり部品が配置されています。


TP23A_500X667.jpg
↑当時は最先端のプリント配線です。


RF_500X348.jpg
↑ゲーム機のRFモジュレーターを改造して地デジチューナーからの出力をアナログの電波に変換して映しました。


TP23A_500X375.jpg
↑映像はかなり不安定ですが、各部を調整して、一番良い時点で撮影しました。

ブラウン管はしっかりしていますから映りはきれいです。
各真空管は一応大丈夫らしいですが、コンデンサー類の劣化がかなりあるようですので、調べて交換しなければなりません。
プリント基板の絶縁低下の影響も否めません。

今日はここまで・・・・・






◆ナショナル真空管レトロステレオ電蓄修復修理

.21 2013 家電品の修理 comment(1) trackback(0)
50年程前のレトロな「ナショナルSE-7500 真空管10球構成の高級大型電蓄」です。

SE7500_500X379.jpg
↑ FM/MWの2バンド、3スピード/クリスタルカートリッジプレーヤー


SE7500_500X375.jpg
↑ 不完全な梱包の為でしょうか、ターンテーブルが外れて硬化したターンテーブルマットも粉々でした。


DSCF2455_500X291.jpg
↑ 先ず内部の清掃からはじめます。外観は手入れされてきれいですが、内部はかなりのほこりです。


DSCF2456_500X351.jpg
↑ 後部はご依頼者が掃除していただきました。


DSCF2457_500X331.jpg
↑ 清掃後電源オンして診断に入り不具合ヶ所を特定し、修復作業に入ります。
凄いガリガリ音です。
全てのバリオーム、セレクトスイッチ等に接点復活剤を注入します。

  
DSCF2478_500X308.jpg
↑ 各部の詳細点検調整でFM/MWの放送電波は受信は正常に行われました。


DSCF2470_500X375.jpg
↑ しかし、気になるとがあります。
この機種はスピーカーの出力トランスを使用しないOTL回路を採用しています。
そのためスピーカーケーブルを4本R/Lに配線していますから普通のものの2倍のリード線が使用されています。


DSCF2468_5020X375.jpg
↑ 細い線を細かくねじっていて表面が「油膜」とホコリに覆われています。
これでは経年劣化は否めません。
あまり細かくねじっているため拭き取ることも出来ません。
そこで思い切って、スピーカーケーブルを交換することにしました。
拡大写真では太く写っていますが・・・

DSCF2474_500X375.jpg
↑ 2倍以上の太さのリード線にシャーシー内部から接続します。

 修理時のシャーシーを脱着時の余裕を見て長めにスピーカーに配線しました。


DSCF2473_500X349.jpg
↑ 後部から見るとこんな感じになっています。これで安心です。
気のせいか、音も良くなりました。なかなかいい感じです。




ここまで来ますと、「物足りなさと言いますか、欲が出て来ます」
「電蓄」はレコードがかかつて「電気蓄音機」ですから・・・
やはり、レコードプレーヤーをなんとかしないと・・・
「ジャンク」のプレーヤーを復活させないといけない・・・
本体がスムーズに進行したお陰で気持ちに余裕があります。いいアイデアも浮かんでくるでしょう。


DSCF2443_500X306.jpg
↑ 開梱直後の写真は惨めでした。とてもものになる状態には見えませんでした。

 
DSCF2452_500X375.jpg
↑ プレーヤーをひっくり返し、修復可能な方法を考えました。
原点に返り考えよう、「先ず、ダメ元で問題を一つづつ解決しよう。
パーツは手作り可能なものは対応しよう。

3つほどの困難なハードルがあります。

DSCF2502_500X329.jpg
↑ 50年の経年劣化は材質により深刻です。
防振のゴムが弾力が無くなり固形化してボロボロです。原型をとどめないものもあります。

頭の中で設計図を描き閉店ぎりぎりのHCへ走り使えそうなゴムパーツを購入して帰り、
直ぐに作業にかかりました。

写真の左は残骸をかき集めたものです。右は見つけてきたこれしかなかったゴムブッシュ(グロメット)です。
これを使ってどう料理するか?

「工夫」とか、「利用」「代用」するとかは少年時代が戦時中から終戦後の物資など貧困の時代を経験している我々には得意な事なのです。


DSCF2481_500X285.jpg
↑ 大きい方のゴムブッシュ(グロメット)は大きすぎ、小さい方のゴムブッシュ(グロメット)は小さすぎ、
予定の真逆の状態でしたが、その対応力は身についたもので、結果は写真のようにきれいに収まりました。


DSCF2485_500X375.jpg
↑ モーター吊り下げ防振ゴム3ヶ所は見事に完成しました。


DSCF2494_500X375.jpg
↑ 次はアーム受けが折損してありません。芯棒だけになっています。
手動のみであれば何とか使えますが、オートリターンでは無理です。
そこで、何か部材を接着剤で貼り付けを試みましたが、モータースイッチと連動していますので、無理でした。
結局、手作りで半田付けをしました。これなら微調整もできます。


DSCF2451_500X444.jpg
↑ 最後はレコード針です。これも工夫、加工、しかありません。
ルーペで拡大しながら、行いました。幸いダイアモンド針の針先が残っていましたので助かりました、修正してテストが出来ます。


SE7500_500X406.jpg
↑ この針台があれば別の交換針を工夫すれば植え付けることが可能ですから、絶体紛失しないことが大切です。


DSCF2480_500X375.jpg
↑ さあ、音出しです、きれいに出ています。     (アーム受けの無い写真です ↑ )
オートリターンなどかなり位置調整で何度もテストを繰り返しました。
ターンテーブルマットは別のプレーヤーから外したものを大きすぎるので、外周を切断して使用しました。


DSCF2499_500X375.jpg
↑ キャビネットに組み込みました。
ダイヤル照明も右側が暗くアンバランスでしたのでパイロットランプを交換しましたら気持ちよく明るくなりました。
音まできれいに聞こえるのが不思議です。

AUXの増設も完了いたしました。



◆ナショナルの真空管レトロ電蓄の修復修理依頼がありました

.17 2013 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
予てよりご相談のあった千葉県のお客様から大きな便が届きました。

SE7500_500X394.jpg

↓ 開梱しますと、W1080 H800 D385mm と50年程前の「ナショナルSE-7500 真空管式大型電蓄」です。

SE7500_500X379.jpg

↓ 輸送中に外れたのでしょうか?

SE7500_500X375.jpg



◆SHARP DVDレコーダー「DV-HRW35」の修理

.15 2013 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
当店で販売した製品ではないのですが、「VHSからDVDへダビングが出来ない」
と持ち込まれました。

直ぐに点検しましたが、相当使い込んでおられて、前面操作パネルの押しボタンの支えが折れて陥没して基板のマイクロスイッチに接触して、おかしな状態になっいます。
VHS/HDD/DVDのドライブの切り替えもうまくいっていません。

製造年から9年経っていますので、
前面操作パネルの取り寄せも無理と判断して買い換えをご提案して、
一旦お断りしました。

それから、色々お話をしていまして、お客様が3年前に脳梗塞で倒れられ、
一命を取り留めたもののお勤めしていたシャープを退職なされ、
懸命のリハビリの結果何とか生活が保てるようになったそうです。

200本ほどあるコレクションのVHSテープをDVDにダビングしたいが、
後遺症で新しい機種は使えないが、「この使い慣れたものなら何とか思い出して操作ができるが・・・」と寂しそうにしておられました。

私も「何とかしてあげましょう」と言うことになりました。

DVHRW35_500X284.jpg


↓ 前面操作パネルを外すにはDVDドライブのベゼルを取り外す必要があります。
2ヶ所のスプリングを外します。
DVHRW35_500X376.jpg


↓ これで操作パネルが外れました。
DVHRW35_500X374.jpg


↓ 操作パネル裏側から見た写真です。折れて陥没していたボタンを接着剤では直ぐに外れますので裏側から極小のビスでネジ止めしました。これなら絶体外れません。
DVHRW35_500X426.jpg


↓ 表から見たところです。
DVHRW35_500X375.jpg


↓ 操作基板の一部はこのようになっています。
DVHRW35_500X415.jpg


↓ 直接操作スイッチを押して全ての動作が正常を確認して組み立てました。
DVHRW35_500X285.jpg

操作パネルを交換することなく完了して良かったと思います。
今までこの種のボタンの脱落でいろんな方法を行いましたがネジ止めが最効果的ですが、色々条件があります。
例えば前面パネルの肉厚が必要です。
今回はぎりぎり4mm程でラッキーでした。

しかし、ご本人は、ダビングの方法を中々思い出せず、取り説の在りかも不明で、私が延々2時間の説明をして、やっと出来るようになりました。




◆51年前のレトロな14吋ナショナル白黒真空管テレビ「T14-M1」修理中

.12 2013 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
当時、量産型テレビで金属キャビネットを使用したメーカーがありました。
コストダウンになったのでしょう。

DSCF2406_500x375.jpg


↓ 内部は過去に何回か修理が施された形跡があります。
中間周波増幅から検波回路までプリント配線になっています。
DSCF2349_500x375.jpg


↓ 水平、垂直共同期がとれない原因は同期分離回路の「CR複合部品」の不良でした。
DSCF2352_500x375.jpg


↓ 手持ち部品を工夫して使用することにしました。
DSCF2353_500x375.jpg


↓ 交換の結果、同期不良のトラブルは解消しました。
DSCF2376_500x375.jpg


↓ しかし、上部に「帰線」が出ます、
昔、真空管テレビでは、この垂直回路の故障には手こずったものでした。
「リニアリティ」と「帰線消去回路」に苦労しました。
今回もあらゆる対策を思いだし、施しましたが、直りません・・・

様子が少し違うのが気になりました。
注意深く見ると、帰線が一本につながらず、途切れています。しかも、10秒間隔で消えたり出たりします。

そこで、先ず「RFモジュレーター」を疑いました。
VHSのビデオデッキのなるべく古いものを引っ張り出してきて、
そのRF出力を利用しました。
しかし、結果は同じです。

すると、なにが原因かわかりません。
ご依頼者からお預かりした、ビクターのDVDプレーヤーからRFモジュレーターを通してVHF1CHで見ています。
これに問題かあると判断して、地デジチューナーから試してみました。

地デジチューナーからの映像は正常です。

これで判りました、この「帰線らしきもの」は「帰線」ではない・・・では何か???
これは「コピーガード」だったのです。
デジタルをアナログに変換しているためこのような事になったものです。
これの帰線らしきものを消すことは出来ません。
DSCF2403_500x487.jpg


後は垂直振幅過大と不安定、これは抵抗の判断線。
コントラスVRの接触不良修理を行い、AGCの調整でコントラストアップしました。
DSCF2375_500x375.jpg


↓ 地デジチューナーからの映像です。
DSCF2398_500x507.jpg


↓ DVDの正常時の映像、つまりコピーガード信号のない期間の映像です。
DSCF2404_500x490.jpg

念のためにダビングしたDVDディスクで確認しましたが全く正常でした。
これで原因が「コピーガード」と確信が持てました。





◆51年前のナショナル白黒真空管テレビの修理

.10 2013 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
私の「レトロラジオ再生工房」のサイトを見たと言う
大阪府のお客様が、今日修理品を持ち込まれました。

昭和36年製の14吋ナショナル白黒真空管テレビです。
型名は「T14-M1」です。

丁度51年前の製品ですが、保管状態が良くきれいな状態です。

症状は水平、垂直共、同期がとれないものでした。

確かに乱れて絵になりません、挑戦が始まります。

T14M1_500x411.jpg



◆町内のカーブミラーを設置しました

.08 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
2年半前に町内の全防犯灯85灯をLED防犯灯に交換しました。
10年間メンテナンス不要、省電力、明るくて安心、などで大変喜んで戴きました。

今回は市道から少し入った町内道路で最近車とバイクの接触事故が複数起きました。
安全第一の町内ではカーブミラーの設置を市役所に相談しましたが、町内道路は規定外のため、
町の予算での設置が決まり、当店で設置致しました。

↓今回採用したカーブミーは「道路構造令施行規則第3条第4号の規格品で株式会社海道工業製」を使用しました。
 ステンレス製の60cm2基を取り付けます。
DSCF2343_500x375.jpg

↓取り付け金具も頑丈なものです。
DSCF2341_500x375.jpg

↓上部のLED防犯灯は2年半前にとりつけしたものです。
 専用金具でしっかりと取り付けできました。
DSCN1273_500X667.jpg 


DSCN1276_500X375.jpg

↓強靱な構造でかなりの重量です。
DSCN1277_500X695.jpg


DSCN1271_500X375.jpg

↓ステンレスを磨き上げた鏡ですから台風などでものが当たっても平気です。
DSCN1278_500X667.jpg





◆宝の山になり得るか、小型家電リサイクル法施行

.05 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
4月1日より「小型家電リサイクル法」が施行されました。
環境省のHPにはこのように書いてあります。

「小型家電リサイクル法は、デジタルカメラやゲーム機等の使用済小型電子機器等の再資源化を促進するため、主務大臣による基本方針の策定及び再資源化事業計画の認定、当該認定を受けた再資源化事業計画に従って行う事業についての廃棄物処理業の許可等に関する特例等について定めた法律です。」

最もわかりやすく云いますと、

〇ハイテク製品に使用されている大切な原材料の希少金属のレアメタルなどは輸入に頼っていたものを使用済みの 製品からリサイクルして取り出して、再利用するため、使用済み小型家電品を国が無償で回収するシステムです。
〇回収品目は96種類の製品です。
〇各自治体に回収ボックスを設置してそこへ投入します。
〇全国で実施に協力する自治体は現在はまだ30%程度だそうです。
 原因は回収費用で赤字になるそうですが・・・ 
〇大型家電品のテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4品目は既に有償でリサイクル回収を行っています。

kogatakaden_500X690.jpg


kogatakaden_500X362.jpg

対象製品
1 PC(ノートブック型)    49 カーステレオ
2 携帯電話          50 電磁調理器卓上型
3 PC(デスクトップ型) 51 CSデジタルチューナ
4 デジタルカメラ 52 電子血圧計
5 据置型ゲーム機 53 BS/CSアンテナ
6 ビデオカメラ(放送用を除く)54 ヘッドホン及びイヤホン
7 デジタルオーディオプレーヤ(フラッシュメモリ)55 カーアンプ
8 公衆用PHS端末 56 家庭用医療用物質生成器
9 デッキ除くテープレコーダ 57 家庭用生ゴミ処理機
10 携帯型ゲーム機 58 ステレオセット
11 電子辞書 59 電気かみそり
12 デジタルオーディオプレーヤ(HDD)60 電気ストーブ
13 CDプレーヤ 61 電気のこぎり
14 MDプレーヤ 62 電気ギター
15 ICレコーダ 63 コーヒーメーカー
16 ETC車載ユニット 64 プロジェクタ
17 VICSユニット 65 ヘアドライヤー
18 フォトプリンター 66 加湿器
19 カメラ 67 電子キーボード
20 ハンドヘルドゲーム(ミニ電子ゲーム)68 アンプ
21 プラグ・ジャック 69 家庭用電気・光線治療器
22 補聴器 70 カーCDプレーヤ
23 地上デジタルチューナ 71 電気アイロン
24 リモコン 72 DVD-ビデオ
25 キーボードユニット 73 電気ドリル(電池式も含む)
26 携帯用電気ランプ 74 除湿機
27 ゲーム用コントローラ 75 その他の電動工具
28 カーDVD 76 トースター
29 家庭用吸入器 77 ホットプレート
30 BDレコーダ/プレーヤ 78 ファクシミリ
31 CS専用アンテナ 79 食器洗い乾燥機
32 ラジオ放送用受信機 80 電気カーペット
33 電動歯ブラシ 81 扇風機
34 ACアダプタ 82 空気清浄機
35 電話機 83 家庭用ミシン
36 ハイテク系トレンドトイ 84ジャーポット
37 電子体温計 85 時計
38 電卓 86 電気掃除機
39 カーMD 87 ビデオテープレコーダ(セット)
40 ビデオプロジェクション 88 家庭用マッサージ・治療浴用機器及び装置
41 ケーブルテレビ用STB 89 換気扇
42 カーチューナ 90 カースピーカ
43 スピーカシステム 91 炊飯器
44 カーカラーテレビ 92モニター(電子計算機用)
45 家庭用磁気・熱療法治療器 93 プリンタ
46 カーナビゲーションシステム 94 電子レンジ
47 ジューサーミキサー 95 電球
48 カーラジオ 96 電気照明器具
政令指定候補品目リスト(96品目)



◆技術屋冥利に尽きます 

.03 2013 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
先日来の修復修理の「日立レトロステレオ電蓄シンフォニカ」が無事ご依頼者のもとへお届けできました。


ご依頼者からお礼のメールを頂戴しました。

今まで多数の難修理をこなしてきましたが今回は最高に感激いたしました。
苦労が報われた達成感で感激の絶頂でした。

ありがとうございました。

お役に立てまして本当に良かったと思います。

hitachiST_450x407.jpg

以下、お礼のメールです。




米川様

〇野です

ブログ拝見しました。中間報告含め、待ってるあいだもわくわく、楽しくさせていただきました。

そして、プロの梱包+愛情に包まれて帰ってきた本機を受け取りました。早速元気に鳴っています。
ガラクタ状態でこちらを出発し、帰ってきたら魂が吹き込まれ優しい音色で感動しています。本当に当たり前にパイロットランプが光り
ターンテーブルが回っているのが信じられません。
とてもいい光景です。
優しいのは佇まいも同じで、店舗に現役オーラを放ちながら置いているので、お客様から「同じ様なの家にあった」とか
「子供の頃家のこんなのに落書きしてた」とかエピソードが尽きません。
大事に使っていきます 人情味溢れる技術屋さんに出会えましてとても温かいやりとりができました。僕の仕事の目指すべきお姿です。
ほんとうにありがとうございました。

本日、代金を振込みました。ご確認くださいませ。





いつも修理で製品と向き合っているときは青年になっています。
製品と対話します。
心が通じ合った時から作業が進みます。

お役に立ててご満足戴いたときが、一番幸せに感じます、やってて良かった!
正に技術屋冥利に尽きます。

ありがとうございました。



◆4月、満開スタートです

.01 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
4月は新しくスタートの月、希望に向かってGO!!です。
とにかく良くなって欲しい、みんなが明るくなってほしいと思います。

裏の池の堰堤の桜もいつもより早く満開になって元気に咲き誇っています。
(4月1日12時くもり後晴れ)

SAKURA20130401_500X345.jpg

西方遠景の大小二つのラクダのこぶのような山は「二上山」です。
やまとの歴史に纏わる有名な山です。


SAKURA20130401_500X375.jpg

二上山は金剛生駒紀泉国定公園に属し、奈良と大阪の境(奈良県葛城市、大阪府太子町 )にあり、
雄岳(517m)と雌岳(474.2m)の二つの山からなる。
「ふたかみやま」または「にじょうざん」と呼ばれている。

約2000万年に大噴火を起こした火山で、サヌカイト、凝灰岩、金剛砂などを産出する。
 山頂には天武天皇の子で謀反の疑いをかけられ自害させられた大津皇子の墓がある。
(郷土史跡研究家のサイトよりお借りしました。)


すばらしい落日の二上山を写真に収めたいのですが、中々チャンスがありません。
今まで何回か、目の当たりにしたのですが、車で走行中であったり、丸腰であったりでした。
いい写真が撮れましたら、必ず公開致します。



 HOME