FC2ブログ

◆戦前のビクター5球式高周波2段ラジオ「5R-15」の修復修理 VOL2

.30 2015 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

ビクター5球式高周波2段ラジオ「5R-15」の修復修理は次の工程に進みます。


DSCF7536_500X667.jpg

↑ 部品交換前の画像です。


DSCF7538_500X667.jpg

↑ 高周波回路のコンデンサー交換後の画像です。

低周波回路と電源回路のコンデンサーを交換いたします。


DSCF7539_500X470.jpg

↑ シャーシー半分の部分内です。


DSCF7544_500X375.jpg

↑ 交換したコンデンサーと電源コードです。 

電源コードは安全性向上のために交換をいたします。


DSCF7548_500X375.jpg

DSCF7548_500X667.jpg

↑ 交換完了後のシャーシー内部です。


DSCF7543_500x667.jpg

↑ エージングテスト中です。  安定良好です。




◆戦前のビクター5球式高周波2段ラジオ「5R-15」の修復修理

.30 2015 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

戦前ビクターが製造販売していました高感度5球式高周波2段ラジオ「5R-15」の修復修理の
ご依頼がありました。

不具合の症状はラジオ受信中に突然音が極端に小さくなり、また何かのショックで大きくなっ
たりします。

DSCF7527_500X375.jpg

↑ 一見きれい見えるキャビネットは補修塗装がなされています。


DSCF7529_500X375.jpg

↑ 5球式高周波2段ラジオ「5R-15」は使用真空管は電源整流管を含めて6球使用です。
その後スーパーヘテロダイン回路に改造されています。


DSCF7532_500X375.jpg

↑ 底板の固定ネジを外します。


DSCF7533_500X375.jpg

↑ シャーシーを取り外しました。


DSCF7535_500X375.jpg

DSCF7543_500x667.jpg

↑ 動作確認のため通電テストを行い、症状を確認いたしました。

確かに突然プッっと音量が小さくなります。
その時点で各所に触れていると突然大きくなったりします。
原因の色々な想定はできますが、特定はこの時点ではできません。




しかし、一つだけヒントが得られました。
それは、このラジオの特徴である「高周波2段増幅回路」です。
昔と違ってローカル局のパワーが大きくなっていますのでアンテナ線を接続なしでガンガン
入るはずです。
ところが、アンテナ線を接続するとかえって音量が落ちるのは、正しく「高周波増幅段」に
異常があると云うことになります。





DSCF7536_500X375.jpg

↑ シャーシー内部を見ますと、流石に年代を窺わせるパーツです。
過去に何度かの改造修理の痕跡が認められます。
 
特に気になっていましたペーパーコンデンサーは劣化が酷く、高周波増幅回路のペーパー
コンデンサーを交換いたします。


DSCF7539_500X375.jpg

↑ 高周波増幅回路のペーパーコンデンサーを交換後のシャーシー内部です。


DSCF7537_500X375.jpg

↑ 高周増幅波回路のペーパーコンデンサーを交換後はピタリと症状は修まりました。
そして、感度もアップして遠距離局の受信もFBになりました。

その他回路のペーパーコンデンサーも交換の予定です。




◆懐かしいAurexダイレクトドライブレコードプレーヤー「SR-450」の修復修理 VOL3

.27 2015 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

TOSHIBA Aurex DDプレーヤーSR-450 のメンテナンは最終工程に入りました。


DSCF7523_500x375.jpg

↑ 針交換後のテスト中の画像です。


DSCF7516_500X381.jpg

↑ Aurex SR-450 用のダイヤモンド交換針N-500Cが入荷いたしました。

かなり年代の古い機種の針でも調達可能なことは大変ありがたいことです。


DSCF7526_500x375.jpg

↑ 新しい針を取り付けてMM PHONH入力のあるアンプに接続して、鳴らしてみました。 

流石に澄み切ったきれいな音です。


DSCF7524_500x375.jpg

↑ テストを繰り返しています。




◆1979年頃のトリオ QUARTZ PLL DIRECT DRIVE レコードプレーヤー「KP-7070」の修理

.25 2015 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
    
奈良県内のお客様から修理のご依頼をいただきました。
1979年頃のトリオ QUARTZ PLL DIRECT DRIVE レコードプレーヤー「KP-7070」です。

ダストカバーも外れてひどい状態になっています。 全体的な修復修理を行います。


DSCF7497_500x375.jpg

DSCF7498_500x375.jpg

DSCF7499_500x375.jpg

DSCF7500_500x375.jpg

DSCF7501_500x375.jpg

DSCF7502_500x375.jpg

↑ モーターに異常はなく回転はOKです。


DSCF7513_500X375.jpg

DSCF7512_500X375.jpg

↑  レコードテストをして見ます。 33/45回転で一応再生はできます。


DSCF7503_500x368.jpg

DSCF7487_500x375.jpg

DSCF7491_500x375.jpg

DSCF7493_500x336.jpg

↑ ダストカバーがヒンジ不良で取り外しました。


DSCF7495_500x382.jpg

↑ 交換用の汎用トルクヒンジを調達中です。




◆レザー仕上げのソニーオープンリールテープデッキ「TC-6251」の修復修理 VOL3

.24 2015 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
   
ソニーオープンリールテープデッキ「TC-6251」の修復修理は
経年劣化と油分の硬化により動きの鈍い各所をクリーニングと注油を行い
テストを継続しておりました。

DSCF6865_500x375.jpg

DSCF6860_500X376.jpg

↑ 録音ボタンが樹脂の劣化でひび割れのため外れやすくなって操作不良を起こします。
レベルメーターの取り付け位置がずり落ちて斜めになるための不具合を修復します。


DSCF6859_500x375.jpg

↑ 修復後の画像です。


DSCF7471_500x375.jpg

↑ 動作テスト中に溶けたパラフィンが落下飛散していることが分かりました。


DSCF7469_500x375.jpg

↑ 原因はモーターの起動コンデンサーの不良でした。 異常高温になりパラフィンが溶け
だしたのです。



DSCF7510_500x375.jpg

↑ 左 不良のコンデンサー       右 交換用のコンデンサー


DSCF7477_500x375.jpg

DSCF7476_500x375.jpg

↑ 交換完了です。


DSCF7478_500x375.jpg

↑ 木製レザー貼りのキャビネットにマウントします。


DSCF7480_500x375.jpg

DSCF7486_500x375.jpg

↑ パネルカバーを取り付け、操作ツマミ、ヘッドカバーを取り付け完成です。

ゴム製のピンチローラーなどの駆動部品が劣化変形しているため回転時のコツコツ音が
ありますが、動作はしっかりています。

50年前のオープンリールテープがゆっくり回り音を奏でる風情は昭和の良き時代を感じます。




◆ナショナルTechnicsセパレートステレオ「SC-1700」の修復修理 VOL2

.20 2015 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

ナショナルTechnicsセパレートステレオ「SC-1700」 の本修理仕上げ段階に入りました。


DSCF7466_500x667.jpg

↑ キャビネット組み込み後の完成エージングテスト中画像です。


DSCF7446_500x370.jpg

↑ マルチアンプのレベル調整ロータリースイッチの接触不良を修理します。
サブ基板と一体型の特殊スイッチですので接点復活材の注入は困難です。


DSCF7454_500x375.jpg

↑ 接触不良の修理を完了してサブ基板を元へ戻しました。


DSCF7455_500x487.jpg

↑ マルチアンプのレベル調整がスムーズになりました。


DSCF7456_500x375.jpg

↑ ヘッドホンでの試聴では詳細のテストが難しいため、別機器のスピーカーをクリップコード
で接続しテスト行いました。


DSCF7460_500x375.jpg

↑ レコードプレーヤーの雑音防止用のコンデンサーを交換いたしました。


DSCF7462_500x375.jpg

DSCF7463_500x375.jpg

↑ 完成したシャーシーをキャビネットへ組み込みを行います。


DSCF7465_500x667.jpg

DSCF7467_500x375.jpg

↑ キャビネットのクリーニングを行い組み込み完了して最終テスト中の様子です。

          「絶対、直す」 執念が実を結びました。




◆懐かしいAurexダイレクトドライブレコードプレーヤー「SR-450」の修復修理 VOL2

.18 2015 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

珍しいTOSHIBA Aurex DDプレーヤーSR-450 のメンテナンスを行っています。


DSCF7424_500X375.jpg

DSCF7425_500X375.jpg

↑ レコードを再生してみますと、「ワウ・フラッター」が目立ちます。
つまり、回転が安定しないのです。


DSCF7352_500X375.jpg

↑ 速度の微調整ツマミを回すとフラフラします。 電子制御ですので、
速度調整ボリュームのガリΩ(接触不良で抵抗値がとぎれとぎれになる)がもろに出ます。


DSCF7362_500X387.jpg

↑ 33回転3分の1と45回転の微調整ボリュームに接点復活剤を注入してすり合わせを行い
接触不良を修復いたします。


DSCF7435_500X375.jpg

DSCF7438_500X366.jpg

↑ これにより回転が安定しました。 ストロボインジケーターがピタリと静止します。


DSCF7436_500X384.jpg

DSCF7437_500X375.jpg

↑ カートリッジは正常動作をしています。


DSCF7439_500X375.jpg

↑ アームリフターのゴムが劣化しています。


DSCF7441_500X375.jpg

↑ 新しいゴムを接着しています。 完全に固まるまで縛っておきます。


DSCF7342_500X309.jpg

↑ ご要望により50年前のシールを剥がします。
しかし、年数が経ちすぎて、容易に剥がれません。

 「シール剥離剤」を全面に塗布して、20分程待ってヘラで丹念に剥がしました。


DSCF7426_500X375.jpg

↑ きれいに剥がれました。


DSCF7440__500X376.jpg

↑ 鉄板製のターンテーブルボードは所々シミのようなものがありますが、鉄板の錆びの
ような素材のシミですので、ある程度まできれいになりましたが、これ以上効果が認められ
ませんので止めておきます。




◆ナショナルTechnicsセパレートステレオ「SC-1700」の修復修理

.17 2015 家電品の修理 comment(1) trackback(0)
  
予てより修復修理のご相談がありましたナショナルTechnicsセパレートステレオ「SC-1700」
のお見積もりのため、仮修理を行います。


DSCF7367_500x375.jpg

DSCF7366_500x375.jpg

↑ 往年の高性能ナショナルTechnicsセパレートステレオです。


DSCF7370_500x667.jpg

↑ 動作不良のセンター部分のみお送り頂きました。スピーカーは送っていただきませんが、
スピーカーは30cmウーハーと30cmマルチセルラーホーン採用の3Way密閉型です。
このスピーカーの生の音を聴いてみたいものです。


DSCF7372_500x388.jpg

↑ レコードプレーヤーはベルトドライブです。
カートリッジは珍しい半導体カートリッジです。


DSCF7375_500x375.jpg

↑ 後部の様子です。





先ず、レコードプレーヤーをキャビネットから取り外します。

DSCF7376_500X375.jpg

DSCF7378_500X375.jpg

DSCF7382_500X375.jpg

↑ ターンテーブルのドライブベルトは経年劣化でターンテーブルのリムにくっ付いたまま
固形化しています。
ゴムが変質してアルミと相性が良いのか剥がれません。


DSCF7403_500X383.jpg

↑ リムを傷つけないようにカッターナイフで削り落としました。


DSCF7383_500X375.jpg

↑ ターンテーブルボード上面のオートリターン機構を点検修理をいたします。


DSCF7388_500X375.jpg

↑ ターンテーブルボード裏面のオートリターン機構その他の機能を点検修理をいたします。
ターンテーブルボードは頑丈なダイキャスト製です。


DSCF7384_500X378.jpg

↑ フォノモーターです。
防振ゴムの劣化状態とモーターの注油と点検をいたします。


DSCF7387_500X375.jpg

↑ アームのリターンとアップダウンを行うメカです。 点検を行います。


DSCF7389_500X667.jpg

↑ チューナーアンプの点検修理を行います。


DSCF7381_500X375.jpg

↑ 低音 中音 高音のマルチアンプです。


DSCF7390_500X667.jpg

↑ 全てのボリューム、スイッチ関係、などの接触不良を修復するため、ツマミと操作パネル
を取り外します。


DSCF7391_500X667.jpg

↑ ダイヤルパネルを取り外しました。


DSCF7392_500X375.jpg

↑ 非常に奥まった個所にある全てのボリュームとスイッチ群に接点クリーナー、接点復活剤
を注入して、丹念にすり合わせを行い、接触不良を完全に修復いたしました。

この時点でラジオの音出しに成功しています。


DSCF7422_500X375.jpg

↑ レコードプレーヤーの修復修理はメカのスタート、オートリターンの正常動作の再現に
成功いたしました。

しかし、レコードから音を取り出すピックアップカートリッジが動作をしません。
このカートリッジは当時は非常に珍しい最先端の「半導体カートリッジ」です。

原因はカートリッジの端子の接触片の不良を発見いたしました。
画像の通りカートリッジの4本の脚部に差し込む非常に小さな部品が折れていました。


DSCF7404_500X375.jpg

↑ そこで、直接カートリッジに4本の極細のリード線を半田付けいたしました。
これで、完璧です。


DSCF7408_500X375.jpg

DSCF7407_500X375.jpg

↑ レコード針の先が折れてなくなっていましたので、新しいダイヤモンド針を取り付けました。


DSCF7413_500X375.jpg

↑ いよいよレコードテストです。


DSCF7414_500X667.jpg

DSCF7415_500X667.jpg

DSCF7416_500X375.jpg

DSCF7418_500X375.jpg

↑ ヘッドホンでの試聴ですが、素晴らしいです。




◆懐かしいAurexダイレクトドライブレコードプレーヤー「SR-450」の修復修理

.14 2015 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
       
1970年代にTOSHIBAからAurexブランドのオーディオ製品が製造販売されていました。
現在では殆ど見かけなくなった珍しいレコードプレーヤーです。

静岡県のお客様から修復のご依頼がありました。


DSCF7342_500X375.jpg

↑ TOSHIBA Aurex DDプレーヤーSR-450 です。
各部のメンテナンスを行います。


DSCF7343_500X375.jpg

↑ スッキリしたデザインです。


DSCF7350_500X375.jpg

↑ しっかりしたS字トーンアームです。


DSCF7351_500X375.jpg

↑ アームリフターのクッションゴムが経年劣化で崩れています。


DSCF7352_500X375.jpg

↑ スピード切り替えと調整ツマミです。


DSCF7353_500X375.jpg

↑ ストロボインジケーターです。


DSCF7354_500X375.jpg

↑ ヘッドシェルです。


DSCF7356_500X375.jpg

↑ MMカートリッジ(ムービングマグネット)です。


DSCF7357_500X307.jpg

↑ 後部の様子です。


DSCF7358_500X375.jpg

↑ ターンテーブルを取り外しました。 フラットなテーブルボードです。


DSCF7360_500X375.jpg

↑ 底部カバーを外します。


DSCF7363_500X375.jpg

↑ DD(ダイレクトドライブ)の複雑な電子制御回路です。


DSCF7364_500X375.jpg

DSCF7365_500X375.jpg

↑ 重量級の大型ターンテーブルです。 全重量はかなりの重さになります。

簡単な動作テストをEPレコードで行いました。
一応の動作はしますが詳細なメンテナンスを行います。




◆1970年代COLUMBIA SOLID STEATE FM/AM SISTEM STEREO [QX-300]の修復修理 VOL4(完成)

.13 2015 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

COLUMBIA SOLID STEATE FM/AM SISTEM STEREO [QX-300]の修復修理は
チューナーアンプとレコードプレーヤーの修理は完了しました。

次にスピーカーコードの交換を行います。
壁掛けの際に片方のスピーカーコードの長さが足りないため、現在3mを6mに変更いたします。


DSCF7341_500x375.jpg

↑ スピーカーコードは専用の良質のものを使用いたします。 プラグはRCAピンタイプです。


DSCF7337_500x667.jpg

↑ 完成画像です。


DSCF7332_500x667.jpg

DSCF7335_500x375.jpg

↑ スピーカーユニットに半田付け接続します。 RCAピンジャックは他のものを流用いたします。


DSCF7331_500x375.jpg

DSCF7336_500x667.jpg

↑ 後板をビス止めして完成です。




◆1970年代COLUMBIA SOLID STEATE FM/AM SISTEM STEREO [QX-300]の修復修理 VOL3

.11 2015 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1970年代COLUMBIA SOLID STEATE FM/AM SISTEM STEREO [QX-300]の
修復修理で チューナーアンプ部のFM受信の音が小さく、なくなんとなく弱弱しい感じの
元気のないFMです。 

色々試みましたが、改善は見られませんでした。
結局、最善の方法は基板の交換移植を決断しました。

基板シャーシーの移植交換は成功いたしました。

次は先に修復修理のプレーヤーはフリーヘルツ化を行いましたが、
微妙に回転数が速めに出ます。
対策を行つたことによりかなり改善されました。

しかし、ヘルツ変換のための器材費が嵩むため、フリーヘルツ化を断念して、
大きく方向転換を決断いたしました。


DSCF7329_500X375.jpg

DSCF7330_500X372.jpg

↑ 運よく同型の60Hz用プレーヤーを入手出来た為交換することにいたしました。


DSCF7328_500X375.jpg

↑ 前回同様完全修復を行い組み込みをいたしました。(画像は省略いたします)


DSCF7324_500X375.jpg

DSCF7323_500X375.jpg

DSCF7325_500X375.jpg

↑ エージングテストの様子です。

完璧です。

最後に、スピーカーコードが入荷次6mに交換いたします。




◆1970年代COLUMBIA SOLID STEATE FM/AM SISTEM STEREO [QX-300]の修復修理 VOL2

.10 2015 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1970年代COLUMBIA SOLID STEATE FM/AM SISTEM STEREO [QX-300]の修復修理で
不具合はチューナーアンプ部のAMは正常ですが、
FM受信の音が小さく、単に感度が弱いのではないような受信ではなくなんとなく弱弱しい
感じの元気のないFMです。 
色々試みましたが、改善は見られませんでした。

何日か悩んだ挙句・・・・・結局、最善の方法は基盤の交換移植を決断しました。

DSCF7308_500x375.jpg

↑ COLUMBIA QX-300 チューナーアンプを入手して修復メンテナンスを行い
基盤シャーシーの移植交換の準備です。

斜め裏の様子です。


DSCF7309_500x667.jpg

↑ 斜め上部の様子です。


DSCF7310_500x375.jpg

↑ 左がFM不具合のシャーシーです。    右がFM好調のシャーシーです。


DSCF7311_500x667.jpg

↑ 左がFM不具合のシャーシーです。    右がFM好調のシャーシーです。



DSCF7312_500x375.jpg

↑ 移植交換完了です。


DSCF7313_500x375.jpg

↑ FM好調の回路基板です。


DSCF7321_500x375.jpg
 
↑ エージングテスト中、受信感度良好です。

これで 「気分爽快」 です。



◆メーカー不明のレトロ調デザインAM/FM卓上型トランジスタラジオの修理

.06 2015 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
     
珍らしいレトロ調デザイン卓上型AM/FMトランジスタラジオの修理です。


DSCF7281_500X375.jpg

↑ 珍しい、非常に整ったレトロデザイン採用の卓上型トランジスタラジオです。
インテリアとしても、実用としても、心和むチャーミングなラジオです。


DSCF7284_500X376.jpg

↑ 年代・メーカー・型番、全て不明です。

サイズ W290 H320 D200mm


DSCF7287_500X375.jpg

↑ 後部に電池ケースがあります。 AC/DC 2WAY です。

単二乾電池4個でも長時間使用できます。 非常用ラジオとして便利です。


DSCF7288_500X375.jpg

↑ 木製キャビネットの内部はきれいに余裕をもって組み込まれています。


DSCF7289_500X375.jpg

↑ キャビネットから全てのパーツを取り外しました。
不具合
①音量ボリュームの接触不良
②音質調整ボリュームの接触不良
③選局ダイヤルの空回り
④ダイヤル照明の不具合


DSCF7290_500X375.jpg

↑ ダイヤルの駆動は非常に変わったメカになっています。


DSCF7294_500X375.jpg

↑ ダイヤル文字盤の円盤の内周をつまみの先端のゴムローラーで動かす構造です。


DSCF7300_500X375.jpg

↑ このゴムローラーと円盤が一部分でスリップしていました。
これはゴムローラーがすり減っているためです。


DSCF7291_500X375.jpg

↑ 対策を施して組み立てテストしています。


DSCF7292_500X375.jpg

↑ 電源スイッチ付きボリュームはかなりのガリΩです。 接点復活材の投入です。


DSCF7305_500X375.jpg

↑ 音質調整ボリュームは小型密閉タイプで注入不可能です。
ここで、奥の手を発揮・・・・・成功です。


DSCF7301_500X375.jpg

↑ ダイヤル照明が時々消えます。
麦球タイプランプのリード線の基盤との半田付け不良を再半田付けで直りました。
 
これで①~④をクリアしました。しばらく エージングテストを行います。


小型ラジオといえども侮れません。 元気に鳴ってくれます。




◆1960年代ビクター真空管コンポーネントアンプ「ASP-300」&「SRP-60P」の修復修理 VOL5(完成)

.04 2015 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1960年代ビクター真空管コンポーネントアンプ「ASP-300」&「SRP-60P」の修復修理は
最終仕上げ工程に入りました。


DSCF7229_500x375.jpg

↑ 先ずレコードプレーヤーの修復修理の仕上げ修理を行います。
重い重厚なターンテーブルを外し内部清掃と注油を行います。


DSCF7232_500x375.jpg

↑ 取り外した超重量のターンテーブルとマットです。


DSCF7230_500x375.jpg

↑ ダイキャスト製の重厚なターンテーブルボードの清掃とアイドラーの修復を行います。
あの大きく重いターンテーブルを駆動させる為アイドラー、モータープーリー、フォノモーター
と、全てがパワフルです。


DSCF7231_500x375.jpg

↑ センター軸受に注油を行います。


DSCF7233_500x375.jpg

↑ 清掃を行います。


DSCF7238_500x375.jpg

↑ ターンテーブルの裏側です。


DSCF7239_500x375.jpg

↑ 大型のフォノモーターとメカの一部です。


DSCF7240_500x375.jpg

↑ 簡単で確実な切り替え構造です。


DSCF7241_500x375.jpg

↑ アームと連動のスイッチはスタートのみの簡単構造です。
これはレコード溝に負担をかけないためです。


DSCF7243_500x375.jpg

↑ 左の黄色のコンデンサーに交換したスイッチのスパークノイズ防止用のコンデンサーです。

右に安全性向上のため電源ヒューズを設けました。


DSCF7248_500x375.jpg

↑ ターンテーブルボードがきれいになり、アイドラーを組み込み注油が完了しました。


DSCF7245_500x375.jpg

↑ LPレコードの再生テストです。


DSCF7247_500x375.jpg

↑ SPレコードの再生テストです。

レコードプレーヤーの修復修理が完了しました。







↓ チューナーアンプ部の最終仕上げ修理を行います。

DSCF7249_500x375.jpgの 

↑ 中間周波増幅回路のバイパスコンデンサーを交換しました。(中央茶色)


DSCF7253_500x375.jpg

↑ 細部の仕上げの作業中に電源回路のブロック型電解コンデンサーの端子に付着物を
見つけました。 経年劣化で漏洩した電解液です。


DSCF7278_500x375.jpg

↑ 交換のため取り外したブロック型電解コンデンサー2基です。
容量は20μF 350WV ×4 です。
当時はブロック型電解コンデンサーが主流でしたが、現在は製造はしておりません。


DSCF7280_500x375.jpg

↑ 交換は単体型の容量47μF 400WV 電解コンデンサーを使用します。
2基分8個を使用します。 ラグ板を使用して取り付け配線を行います。
  

DSCF7269_500x375.jpg

↑ パーツでぎっしりのシャーシー内に8個の電解コンデンサーと4個のラグ板を取り付け
配線を行います。


DSCF7268_500x375.jpg

↑ 細心の注意を払い完了しました。


DSCF7270_500x375.jpg

DSCF7274_500x375.jpg

↑ シャーシー上向きに4個、下向きに4個取り付けました。

テストの結果良好です。




◆1970年代COLUMBIA SOLID STEATE FM/AM SISTEM STEREO [QX-300]の修復修理

.02 2015 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
     
1970年代COLUMBIA SOLID STEATE FM/AM SISTEM STEREO [QX-300]の修復修理の
ご依頼でチューナーアンプとレコードプレーヤーが届きました。
スピーカーは片方のみで、もう片方は壁に掛かっているそうです。

不具合はチューナーアンプ部はAMは正常ですが、FM受信の音が小さく、その他も点検が
必要です。
レコードプレーヤーは全体的な修復修理とヘルツ違いの回転数の問題などです。

DSCF7192_500X375.jpg

↑ FM受信の音が小さいく、受信感度が若干弱く、「元気がない」と云った感じです。


DSCF7196_500x375.jpg

↑ 片方のスピーカーです。スピーカーコードが少し短い為延長します。


DSCF7185_500X375.jpg

↑ シャーシーの点検を行こないます。 
各ボリュームとセレクタースイッチなどの接触不良のガリΩの対策を行こなっておきます。


DSCF7188_500X375.jpg

↑ シャーシー裏面です。


DSCF7186_500X375.jpg

↑ FM受信回路の点検調整を綿密に行こなった結果、かなり改善いたしました。


DSCF7194_500X375.jpg

↑ FM受信でボリュームが中央の位置で普通の使用状態です。
AMの3分の1程度以下と比較すると弱く感じますが、受信アンテナのレベルでかなり差が出ます。





次にプレーヤーの修復修理を行こないます。

DSCF7167_500X375.jpg

↑ アイドラー駆動の50Hz仕様の2スピードオートリターン/セラミックカートリッジの
プレーヤーです。

●フォノモーターは回転しますがレコードを再生することが不可能な状態です。

●50Hz仕様のプレーヤーを60Hzで使用しますから何らかの対策が必須になります。


DSCF7168_500X375.jpg

↑ ターンデーブルを外した様子です。


DSCF7169_500X375.jpg

↑ フォノモーターが下がっているため、アイドラーの位置と合致していません。


DSCF7170_500X375.jpg

↑ 裏側メカの様子です。


DSCF7171_500X375.jpg

↑ 底板に溶けたものが落ちています。


DSCF7172_500X375.jpg

↑ フォノモーターをマウントしている防振ゴムが経年劣化で変質して溶け落ちて固まった
ものです。


DSCF7173_500X375.jpg

↑ この様に3ヶ所あるゴムブッシュが溶けて原型をとどめていません。

モーターを外して溶けて固まったゴムをそぎ落とします。


DSCF7175_500X375.jpg

↑ 3ヶ所の防振ゴムを交換してモーターを組み込みました。


DSCF7174_500X375.jpg

↑ 上から見たところです。 アイドラーシャフトに注油します。


DSCF7176_500X375.jpg

↑ アイドラーをセットします。 位置がピッタリ合いました。


DSCF7177_500X375.jpg

↑ ↑ アームリフターのカムレバーが固着して動きません。


DSCF7178_500X375.jpg

↑ 分解してカムシャフトを清掃して、注油後組み直します。


DSCF7180_500X375.jpg

↑ その結果、全動作が正常に行こなわれるようになりました。


DSCF7183_500X375.jpg

↑ 50Hz仕様のプレーヤーを60Hzで使用するため、「フリーヘルツ化」を行こないます。

機器の仮取り付けを行こない、テストを始めました。

続いて回転数の微調整とエージングテストを行こないます。




 HOME