FC2ブログ

◆1989年製ソニーCD NEW STEREO「D-2010」の修復修理 VOL1

.30 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

修理でお持ち込みを頂いておりました、1989年製ソニーCD NEW STEREO「D-2010」ですが、
当時198,000円の高音質の最高級卓上ラジカセです。 

AM/FM/カセット/CDのオールインワンのラジカセのような製品です。
マホガニー調ピアノ塗装の豪華な筐体です。
何台かの修復修理をさせていただきましが、いずれも不具合個所は同じでした。
音質は素晴らしい製品です。 

不具合は「カセット/CDは動作せず」「ラジオは途中で音が出なくなったり不安定」などです。


DSCN7663_500X325.jpg

↑ スピーカーのサランネットを外しました。


DSCN7662_500X375.jpg

↑ 上部のカセットデッキ/CDプレーヤーの部分を外しました。


DSCN7658_500X667.jpg

↑ 多くのコネクターケーブルで繋がっています。


DSCN7668_500X375.jpg

DSCN7667_500X375.jpg

↑ この製品の不具合の元凶はこの右のノブで切り替えているセレクタースイッチです。


DSCN7660_500X323.jpg

↑ 4段セレクトのスライドスイッチです。 酷い接触不良です。

交換は不可能の為接点復活剤を効果的に注入して修復を行います。


DSCN7661_500X382.jpg

↑ 左の円筒上の部品は音量ボリュームです。

擦り合わせを行っておきます。


DSCN7664_500X375.jpg

↑CDの不具合はピックアップの劣化で読み取りミスを多発するためです。
先ずレンズのクリーニングを入念に行います。


DSCN7664_500X396.jpg

↑ レンズの扱いは微妙で注意がいります。


DSCN7666_500X375.jpg

↑ ディスクを再生してみます。  OKです。


DSCN7671_500X375.jpg

↑ 選曲もOKです。 長時間テストを行います。


DSCN7669_500X375.jpg

DSCN7672_500X375.jpg

↑ ディスクの最後まで音飛びも選曲ミスもなく終了しました。


DSCN7670_500X375.jpg

↑ ラジオはAM/FM共問題な受信出来て安定しています。

仮修理後のエージングテストを続けます。

カセットはご使用にならないため修復修理をいたしません。




◆ビクターSPレコード専用プレーヤー「RP-7」の修理

.25 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
  
ビクターSPレコード専用プレーヤー「RP-7」の修理は以前に2度修理をしていますが、

今回は「カートリッジの点検」と「プレーヤーに付いている音量ボリュームの交換」です。


DSCN7645_500X375.jpg

DSCN7657_500X375.jpg

DSCN7576_500x375.jpg

DSCN7574_500x375.jpg

DSCN7574_500X355.jpg

↑ マグネチックカートリッジを分解してカンチレバーの状態を点検しましたが、
以前に緩衝ゴムを交換しておりましたので、異常はなく良い状態を保っております。


DSCN7643_500X375.jpg

DSCN7578_500x375.jpg

↑ お預かりしておりました20kΩのボリュームを金具を作って取り付けました。


DSCN7655_500X375.jpg

DSCN7656_500X375.jpg

↑ 取り外したボリュームは500kΩAカーブでした。 
これは最初のクリスタルカートリッジの時に使用していたものですからハイインピーダンス
に合わせてありましたのですが、前回マグネチックカートリッジに交換した時、
そのまま使用しておりました。

今回の20kΩのボリュームがローインピーダンスに適合しています。


DSCN7607_500x375.jpg

DSCN7647_500X375.jpg

↑ テストの様子です。
ローインピーダンスのボリュームでマッチングが良く音質が変わりました。
まだ低音が少し勝っていますのでフィルターを取り付けます。


DSCN7643_500X373.jpg

↑ モーターの漏洩磁束がカートリッジに間接的に影響を与えてハムを拾っています。
ローカットフィルターを取り付ければ、軽減できると思います。


DSCN7648_500X375.jpg

↑ 現在はストレートですので音域は広くなっています。




◆1970年代パイオニアセパレートステレオ「S-70/IS」の修復修理 VOL4

.21 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
1970年代パイオニアセパレートステレオ「S-70/IS」の修復修理は、
VOL1~VOL3の工程で仮修理を行いエージングテストを続けております。

ラジオダイヤルスケールのバックライトが点灯しないままで行っておりましたが、
この時点で修理を行います。
修理と云ってもランプの交換ですが、ガラス管ヒューズと同形の8ボルトのランプです。
在庫の持ち合わせがありましたので交換を行いました。


DSCN7618_500X214.jpg

DSCN7620_500X210.jpg

↑ 上画像が点灯、下画像が消灯です。


DSCN7605_500x375.jpg

↑ 切れていた8ボルトのヒューズ型ランプは真っ黒になっていました。


DSCN7601_500x375.jpgD

↑ 前面操作パネルのガラスの清掃も同時に行います。


DSCN7596_500x314.jpg

DSCN7598_500x386.jpg

DSCN7599_500x386.jpg

DSCN7597_500x319.jpg

DSCN7603_500x293.jpg

↑AMラジオのエージングテスト中たまに大きなノイズが確認できましたのが気にかかります。

きめ細かな点検を行つて原因を突き止めます。




◆サンスイ ソリッドステートセパレートステレオ「APS-1000」の修復修理 VOL2

.21 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
  
サンスイ ソリッドステートセパレートステレオ「APS-1000」の修復修で、センターキャビネット
のレコードプレーヤー収納部の上面扉の破損補修は素材が「パーティクルボードの為、
一旦崩れてしまいますと、その部分を接着しても全体に接着材が劣化していますので他の
部分から崩れます。

そこで、力が分散するように補強を行います。


DSCN7525_500x375.jpg

DSCN7529_500x375.jpg

DSCN7527_500x375.jpg

DSCN7571_500x375.jpg

↑ 最近の木工ボンドは非常に高性能になりました。


DSCN7611_500x375.jpg

DSCN7609_500x365.jpg

↑ 幅15mmのアルミのL型アングルを扉の幅の長さのものを2本用意しておきます。

トルクヒンジには画像にあるように「太い短い強力なバネ」が入っています。


DSCN7585_500x375.jpg

↑ 扉の上面と下面から「コの字」に挟み込む形で細いボルトナットで固定します。


DSCN7586_500x375.jpg

DSCN7588_500x375.jpg

↑ その他は特殊なもくネジでしっかりと取り付けます。


DSCN7589_500x375.jpg

DSCN7589_500x386.jpg

DSCN7591_500x667.jpg

DSCN7590_500x667.jpg

DSCN7592_500x526.jpg

↑ 扉は半開きの位置で停止して下がらないのが正常です。

調整を行います。


DSCN7593_500x375.jpg
 
DSCN7594_500x375.jpg

DSCN7595_500x375.jpg

DSCN7612_500x375.jpg

DSCN7608_500x375.jpg

↑ 扉の補修が成功いたしました。

扉が経年劣化で少しそりが出ていますが仕方ありません。



◆サンスイ ソリッドステートセパレートステレオ「APS-1000」の修復修理 VOL1

.19 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
    
予てよりお預かりいたしておりました、
サンスイ ソリッドステートセパレートステレオ「APS-1000」は真空管から半導体に
移行した時代にオーディオ専門メーカーの山水電気の製品です。

1000シリーズは「APS-1200」「APS-1300」と続きます。
当時の各オーディオメーカーは「価格競争」ではなく「性能品質競争」の時代でした。


DSCN7581_500X375.jpg

DSCN7584_5020X375.jpg

DSCN7531_500x509.jpg

↑ センター部分のみお送り頂いておりました。


DSCN7525_500x375.jpg

↑ 上部扉が破損していることは、既にお聞きしておりました


DSCN7529_500x375.jpg

DSCN7527_500x375.jpg

↑ 両ヒンジのところから外れています。 もぎ取れた感じです。
 

DSCN7537_500x375.jpg

DSCN7538_500x375.jpg

↑ これは多分トルクヒンジに問題があります。 


DSCN7535_500x493.jpg

↑ トルクヒンジ゜の修理を行ってから扉を取り付けます。


DSCN7571_500x375.jpg

↑ 扉の欠けた部分を接着しておきます。


DSCN7533_500x375.jpg

↑ レコードプレーヤーを取り外しておきます。 完全に固まるのに数日かかります。


DSCN7539_500x375.jpg

DSCN7540_500x375.jpg

↑ チューナー/アンプの動作を確認しておきます。
各ボリュームとセレクタースイッチにかなりの経年劣化による接触不良がありますが、
一応の動作はしております。
詳細な修復は次の工程で行います。


DSCN7542_500x375.jpg

↑ 次はレコードプレーヤーの点検を行います。

ターンテーブルを外しました上部の様子です。 


DSCN7544_500x375.jpg

↑ プレーヤー裏側のオートメカです。


DSCN7557_500x375.jpg

↑ 付属のベルトを装着して、カートリッジに針がないため一時的に別の針を取り付けて
テストを行います。

一応ターンテーブルは回転しますが、音が出ません。


DSCN7548_500x375.jpg

DSCN7552_500x375.jpg

↑ 原因はカートリッジの不良でした。


DSCN7550_500x375.jpg

DSCN7555_500x375.jpg

DSCN7556_500x375.jpg

↑ 新品のMMカートリッジを仮付します。


DSCN7559_500x375.jpg

↑ テストの結果、レコードの音は出ました。


DSCN7560_500x375.jpg

↑ しかし、面白い現象が出ています。

33/45回転の切り替えレバーの操作が逆になります。
普通では考えられないことです。


DSCN7564_500x375.jpg

↑ 異常回転が起きている時点で停止させて、見ると、ドライブベルトがモータースピンドル
に接触している位置が中途半端な位置になっています。

要するにモータースピンドル(プーリー)の高さが所定の位置からかなりづれて固定されて
いました。


DSCN7569_500x375.jpg

↑ モータースピンドル(プーリー)の位置を2mm程下に移動固定してOKとなりました。

以上が仮点検修理の様子です。




◆1970年代パイオニアセパレートステレオ「S-70/IS」の修復修理 VOL3

.18 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1970年代パイオニアセパレートステレオ「S-70/IS」の修復修理は前工程の
レコードプレーヤーの仮修理作業でカートリッジの不良により中断しておりました。


DSCN7498_500X375.jpg

↑ 最初の不良のMCカートリッジです。


DSCN7523_500X382.jpg

DSCN7500_500X375.jpg

↑ 新品のMMカートリッジに交換を行います。


DSCN7502_500X375.jpg

↑ 交換を終わり針カバーを外しました。


DSCN7507_500X658.jpg

↑ アンプシャーシーとプレーヤーを接続します。


DSCN7508_500X257.jpg

DSCN7509_500X357.jpg

DSCN7511_500X375.jpg

DSCN7513_500X375.jpg

↑ レコード演奏テストは良好です。




◆1970年代ナショナルTechnicsマルチチャンネルステレオ「SC-1600」の修復修理 VOL5

.15 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

   
1970年代ナショナルTechnicsマルチチャンネルステレオ「SC-1600」の修復修理は
キャビネットの塗装が完了して、細部の仕上げを行いました。

シャーシーとプレーヤーのクリーニングと仕上のテスト点検と同時に電源関連の安全性向上
対策を行います。


DSCN7442_500X375.jpg
   
↑ 電源コードと電源ヒューズホルダー/ヒューズの交換を行いました。


DSCN7445_500X382.jpg

↑ レコードプレーヤーの全体クリーニングを行い、レコード演奏テスト中に音の途切れ
やノイズを確認しました。
カートリッジの不具合らしく、別の新品のカートリッジに交換しようとして、外しますと、
原因が判明しました。


DSCN7447_500X381.jpg

DSCN7452_500X396.jpg

↑ カートリッジの不具合ではなくて4本の極細のリード線からカートリッジの端子に接続
する超小型のソケット(7mmX10mm)の絶縁体の劣化で亀裂が起きて接触不良に
なっていました。


2度と接触不良が出ないように超小型ソケットを取り外してカートリッジの端子ピンに直接
半田付けを行いました。


DSCN7457_500X375.jpg

DSCN7462_500X375.jpg

DSCN7459_500X375.jpg

↑ このプレーヤーに採用されている半導体カートリッジは非常に珍しいものです。

正常動作を取り戻して良かったと思います。


DSCN7465_500X375.jpg

DSCN7467_500X667.jpg

DSCN7472_500X375.jpg

DSCN7468_500X375.jpg

↑ キャビネットに組み込みが完了いたしました。


DSCN7476_500X367.jpg

DSCN7478_500X375.jpg

DSCN7479_500X667.jpg

↑ レコード演奏のエージングテストを続けます。 余裕のある素晴らしいパワーと音質です。


DSCN7482_500X375.jpg

↑ CD再生AUX端子を補修して、入力ケーブルを接続します。


DSCN7483_500X375.jpg

↑ CDプレーヤーを接続します。


DSCN7487_500X375.jpg

↑ CDプレーヤーの再生も好調です。





◆1970年代のナショナルブラウン管カラーテレビTH-5800Dがデジタル液晶テレビに変身!(設置画像)

.15 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

このテレビを設置しております高齢者グループホームは 昭和30年~40年代の民家の間取
りや外観を忠実にその時代を再現して新しく造られています。
黒電話や振り子時計が現役で活躍しています。
ブラウン管アナログテレビは当時のコンソールキャビネットのレトロなものを時代考証に合わ
せて使用されておられました。

しかし、何かと不具合、不便があり今回ご相談を受けました。
ブラウン管アナログテレビのデザインイメージを継承して内部にデジタル液晶テレビを組み
込みリモコンで操作を可能な改造を行いました。

設置画像を送ってくださいましたので、許可を得て掲載させていただきます。


TH-5800D_004_600x450.jpg

TH-5800D_001_600x450.jpg

TH-5800D_002_600x450.jpg

TH-5800D_003_600x450.jpg



このテレビの改造組み込み工程の詳細です。

◆1970年代のナショナルブラウン管カラーテレビTH-5800Dがデジタル液晶テレビに変身!VOL1
http://yonedenblog.blog.fc2.com/blog-entry-833.html

◆1970年代のナショナルブラウン管カラーテレビTH-5800Dがデジタル液晶テレビに変身!VOL2
http://yonedenblog.blog.fc2.com/blog-entry-834.html

◆1970年代のナショナルブラウン管カラーテレビTH-5800Dがデジタル液晶テレビに変身!VOL3
http://yonedenblog.blog.fc2.com/blog-entry-835.html




DSCN7147_500X431.jpg

↑ ナショナル20インチブラウン管カラーテレビTH-5800D

DSCN7144_500X375.jpg

DSCN7161_500X375.jpg

DSCN7178_500x430.jpg

↑ 東芝REGZA 24S11を組み込みます。 

画面サイズがブラウン管は丸みの画面で縦横比3対4、 液晶画面は9対16でフラット画面
位置合わせが大変です。

DSCN7180_500x429.jpg



◆1970年代ナショナルTechnicsマルチチャンネルステレオ「SC-1600」の修復修理 VOL4

.13 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1970年代ナショナルTechnicsマルチチャンネルステレオ「SC-1600」の修復修理は
どのように変身するか楽しみの作業になりました。


DSCN7435_500x375.jpg

DSCN7419_500x375.jpg

↑ 丸一日於いて塗装作業を行いました。  とりあえず並べて撮影です。

まだセンターキャビネットは空っぽです。


DSCN7435_500x376.jpg

DSCN7436_500x456.jpg

DSCN7423_500c375.jpg

↑ サランネットはしまりのあるシックな配色にいたしました。

良く合っています。


DSCN7426_500x667.jpg

DSCN7427_500x667.jpg

DSCN7428_500x375.jpg

DSCN7431_500x375.jpg

↑ スピーカーエンクロージャーの後部は12mmのコンパネを450×625mmに切断したもの
を張り付けました。


DSCN7432_500x603.jpg

DSCN7433_500x617.jpg

↑ センターキャビネットの後部のベニヤ板は5mm厚のパンチングボードを張り付けました。


DSCN7433_500x375.jpg

DSCN7423_500c375.jpg

↑ 見違えるように仕上りました。




◆1970年代ナショナルTechnicsマルチチャンネルステレオ「SC-1600」の修復修理 VOL3

.13 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
   
ナショナルTechnicsマルチチャンネルステレオ「SC-1600」の修復修理は
アンプチューナーとレコードプレーヤーの修復修理の目途が付ました、。

次はキャビネットの修復を行います。

 
DSCN7259_500X375.jpg

↑ スピーカーのサランネットの張り替えとキャビネットの塗装を行います。


DSCN7377_500X667.jpg

↑ この密閉式のスピーカーのバッフルボードを取り外すには後部の遮蔽版の
パーティクルボードを取り外して、内部から止めてあるもくネジを外す必要があります。

ところが、もくネジは永年の湿気で錆びついて腐食していて、緩みません。
むりやり力をかけて折れてしまいます。


DSCN7382_500X375.jpg

DSCN7384_500X375.jpg

↑ パーティクルボードも湿気と経年劣化で崩れてしまいます。


DSCN7387_500X667.jpg

DSCN7388_500X667.jpg

↑ 25cmウーハーは外しておきます。


DSCN7389_500X609.jpg

DSCN7392_500X375.jpg

DSCN7403_500X375.jpg

↑ スピーカーバッフルボードを取り外しました。


DSCN7437_500x375.jpg

DSCN7440_500x328.jpg

↑ 後部の遮蔽版とサランネットは新しく張り替えを行います。


DSCN7395_500X375.jpg

DSCN7397_500X375.jpg

DSCN7396_500X375.jpg

↑ネジが錆びて腐食して折れた跡が見えます。


DSCN7398_500X375.jpg

DSCN7399_500X375.jpg

DSCN7400_500X375.jpg

DSCN7402_500X375.jpg

↑ キャビネットの劣化による歪や傷の修復を行います。


DSCN7405_500X611.jpg

DSCN7406_500X667.jpg

↑ 周辺部をきれいにしました。


DSCN7407_500X379.jpg

DSCN7408_500X375.jpg

↑ センターキャビネットの後部のベニヤ板が剥がれて外しますとバラバラになりました。


DSCN7410_500X667.jpg

DSCN7415_500X667.jpg

↑ サランネットは新しく張り替えを行いました。


DSCN7413_500X375.jpg

DSCN7416_500X375.jpg

↑ 塗装の前に痛んでいる個所を木工ボンドで接着をしておきます。

隙間のある個所と傷は修復をしておきます。



◆1970年代パイオニアセパレートステレオ「S-70/IS」の修復修理 VOL2

.09 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
  
1970年代パイオニアセパレートステレオ「S-70/IS」の修復修理 VOL1でこの製品の
全体像と、AMラジオ受信不能の修復に終始してしまいました。

VOL2では、レトロオーディオでは半世紀以上の経年劣化による、全てのボリューム類
と各種のセレクタースイッチの接触不良の修復を行います。

そして、レコードプレーヤーの仮修理作業に入ります。


DSCN7363_500x375.jpg

DSCN7364_500x375.jpg

↑ 前面ツマミから調節する各ボリュームとセレクタースイッチ全てに「接点復活剤」を
噴射注入して丹念に擦り合わせを行い、接触面の活性化を行います。


DSCN7365_500x375.jpg

↑ [SELECTOR] [LOUDNESS] [TAPE] [AFC] 「接点復活剤」を噴射注入。


DSCN7366_500x375.jpg

↑ [VOLUME] [BRALANCE] [TREBLE] 「接点復活剤」を噴射注入して丹念に擦り
合わせを行い、接触面の活性化を行います。 ガリ音や音の途切れを除去します。


DSCN7368_500x375.jpg

↑ [BASS] [HONES] [POWER] 「接点復活剤」を噴射注入して丹念に擦り合わせ
を行い、接触面の活性化を行います。

スムーズな調節を取り戻しました。



次にレコードプレーヤーの仮修理を行います。





DSCN7022_500x375.jpg

DSCN7023_500x375.jpg

DSCN7362_500X375.jpg

↑ ターンテーブルに50Hzの標記があります。


DSCN7330_500X375.jpg

↑ キャビネットからプレーヤーボードを取り外しました。


DSCN7331_500X375.jpg

↑ フォノモーターは回転しますが「アイドラー」の軸受とシャフトが固まって回りません。

一旦取り外します。


DSCN7333_500X375.jpg

DSCN7334_500X375.jpg

↑ 取り外しました。 


DSCN7358_500X375.jpg

↑ アイドラーは非常に重要な部品です。
フォノモーターの回転を所定の回転数に変換してターンテーブルの内周に伝動します。
キズや凹みがあるとコトコト騒音が発生します。

このアイドラーは珍しく無傷でした。


DSCN7370_500X375.jpg

↑ アイドラーをクリーニングしました。


DSCN7335_500X372.jpg

DSCN7373_500X375.jpg

↑ アイドラーを装着注油しました。


DSCN7336_500X375.jpg

↑ アームのリターンギアを点検注油します。


DSCN7352_500X375.jpg

DSCN7354_500X375.jpg

↑ オートメカを点検します。


DSCN7357_500X375.jpg

↑ フォノモーターも問題ありません。   注油を行います。
防振ゴムも大丈夫ですです。  アイドラーは、非常に良質のゴム素材が使用されています。
普通は劣化しているものが多いですが、劣化が全くありません。


DSCN7359_500X375.jpg

DSCN7360_500X381.jpg

↑ アームに異常はありません。


DSCN7346_500X375.jpg

DSCN7349_500X380.jpg

↑ カートリッジはこの後テストの予定ですが、簡易テストでは針先に触れるとクリック音が
出たりでなかったりで、どうやら動作不能の様子です。

針先はルーペで拡大すると無くなっています。 交換の予定です。


DSCN7353_500X375.jpg

↑ フォノモーターのスタート/ストップ時にスイッチ接点から発生するスパークノイズを
軽減させるコンデンサーは交換を行う予定です。


DSCN7376_500x375.jpg

DSCN7375_500x318.jpg

↑ ターンテーブルの回転テストを行いました。

正常回転しています。  異常音、振動も出ていません。

やはりカートリッジは不良ですので交換をいたします。




◆1970年代パイオニアセパレートステレオ「S-70/IS」の修復修理 VOL1

.09 2016 家電品の修理 comment(1) trackback(0)

修復修理でお預かりしておりました、
1970年代パイオニアセパレートステレオ「S-70/ISは、
お見積もりの為の仮修理の作業途中でAM/FMチューナーがFMは受信可能ですがAMが
全く動作せず、チューナー基板内の特殊なトランジスターの不良が確認できましたが、
調達に手間取りまして、中断しておりました。


DSCN7016_500x368.jpg

DSCN7018_500x375.jpg

↑ このパイオニアセパレートステレオ「S-70/ISは当時のパイオニアの力作で半導体を
使用したステレオの希少な製品です。


DSCN7021_500x375.jpg

↑ 背面の様子です。


DSCN7022_500x375.jpg

DSCN7023_500x375.jpg

↑ リムドライブ方式のレコードプレーヤーを採用しています。


DSCN7025_500x375.jpg

DSCN7026_500x375.jpg

DSCN7028_500x375.jpg

DSCN7024_500x375.jpg

DSCN7033_500x637.jpg

↑ 基板シャーシー上面の全体像です。


DSCN7027_500x375.jpg

DSCN7027_500x667.jpg

↑ 基板シャーシー裏面の全体像です。


DSCN7031_500x375.jpg

↑ FMラジオは受信可能ですが、AMラジオが全く動作を停止しています。
その逆はありますが、珍しいことです。

詳細に点検の結果チューナー基板内の特殊なトランジスター「NEC製2SC839」
と「NEC製2SC838」の不良が確認できましたが、調達が遅れました。
「NEC製2SC838」は調達不能で「NEC製2SC839」を代替えで使用することにしました。

TRの頭の黄色の方が「NEC製2SC839」です。


DSCN7313_500x374.jpg

↑ 交換を完了しました。


DSCN7316_500x667.jpg

↑ 的中していました。  成功です。


DSCN7317_500x375.jpg

DSCN7318_500x667.jpg

DSCN7319_500x375.jpg

DSCN7321_500x375.jpg

DSCN7328_500x664.jpg

↑ 交換後のテストは好調です。


DSCN7325_500x425.jpg

↑ 上段の2個が 不良の「NEC製2SC838」と黄色の方が「NEC製2SC839」です。

   下段の2個が 交換に使用した新品の「NEC製[2SC839」2個です。

次はレコードプレーヤーの修復修理を行います。

  


◆1970年代ナショナルTechnicsマルチチャンネルステレオ「SC-1600」の修復修理 VOL2

.08 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
  
ナショナルTechnicsマルチチャンネルステレオ「SC-1600」の修復修理は
次工程のレコードプレーヤーの修復修理を行います。


DSCN7262_500X375.jpg

DSCN7263_500X375.jpg

↑ 33/45回転のベルトドライブのプレーヤーはターンテーブルが回転しません。


DSCN7312_500X380.jpg

↑ ドライブベルトが切れています。


DSCN7264.jpg

↑ MCカートリッジが装着されています。


DSCN7265_500X375.jpg

DSCN7266_500X375.jpg

DSCN7275_500X375.jpg

DSCN7276_500X375.jpg

↑ オートリターンメカを点検、クリーニング、注油を行います。


DSCN7279_500X375.jpg

↑ フォノモーターの回転は大丈夫です。 注油を行います。


DSCN7293_500X375.jpg

DSCN7300_500X375.jpg

↑ プレーヤーの電源・カートリッジからのプラグ付出力ケーブルが短く、
アンプの上に載せる形で動作テストを行います。


DSCN7304_500X375.jpg

DSCN7301_500X346.jpg

DSCN7303_500X375.jpg

DSCN7302_500X375.jpg

↑ 回転、音出しとも問題なく好調です。

キャビネットの劣化の修復とスピーカーグリルネットの交換などの問題解決へ進みます。
 
 




◆1970年代ナショナルTechnicsマルチチャンネルステレオ「SC-1600」の修復修理 VOL1

.08 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

予てよりお預かりしておりました、
1970年代ナショナルTechnicsマルチチャンネルステレオ「SC-1600」のお見積もりの
仮修理にとりかかりました。

DSCN7258_500X354.jpg

DSCN7260_500X667.jpg

DSCN7267_500X375.jpg

↑ サイズ 3点合計 W1550 H750 D400mm  大型ホーンスピーカー搭載です。

センター部分の重量はこの種のものとしてはかなりの重さです。


DSCN7269_500X375.jpg

↑ 大型のホーンスピーカーです。


DSCN7270_500X375.jpg

↑ 背面の様子です。


DSCN7271_500X375.jpg

↑ シャーシーを取り外してスピーカーを接続して、電源投入。

ガリガリ、ジャリジャリ、途切れたり、片方が無音になったり、AM/FMラジオ受信不具合
PHONOはターンテ―ブル回転せず。

フルメンテナンスが必要です。


DSCN7274_500X375.jpg

↑ シャーシー上面前からの画像。


DSCN7281_500X375.jpg
 

↑ シャーシー上面後からの画像。


DSCN7282_500X375.jpg

↑ 全ての調節ボリューム、セレクタースイッチ、等可動部分が経年劣化で猛烈な
接触不良のためスムーズな調整が不可能になっています。
接点クリーナー/接点復活剤を使用して、接触面のクリーニング活性化を行います。


DSCN7285_500X375.jpg

↑ 丸い2連ボリュームが2個見えますが、低音調整と高音調整ボリュームです。

接点復活剤注入によりすり合わせを行います。


DSCN7286_500X375.jpg

DSCN7288_500X375.jpg

↑ ダイヤルフライホイールの下のセレクタースイッチは、

AUX/PHONO/FM/AMのセレクターロータリースイッチです。接点の劣化の為接触不良が
発生して、確実な切り替えが出来ません。
接点復活剤を噴射してすり合わせを行います。


DSCN7297_500x375.jpg

↑ こちらの小型セレクタースイッチ2つは、臨場感の調整用です。

接点の劣化の為接触不良が発生して、確実な切り替えが出来ません。
接点復活剤を噴射してすり合わせを行います。


DSCN7289_500X375.jpg

DSCN7290_500X375.jpg

↑ R/Lのスピーカーコネクターも経年劣化でプラグ/ソケットの腐食が発生して
接触不良が発生しています。
接点クリーナー/接点復活剤で修復しておきます。


DSCN7283_500X375.jpg

DSCN7284_500X667.jpg

↑ ラジオのダイヤルの回転がダイヤルロープのスリップで途中で動かなくなります。

ダイヤル←→バリコンの駆動関係を修復して、スムーズな動きを取り戻しました。


DSCN7293_500X375.jpg

DSCN7295_500X375.jpg

↑ スピーカーを接続してテストを行います。

スピーカーグリルのサランネットがかなり劣化しています。張り替えを考えています。

次はレコードプレーヤーの修復修理の工程へ進みます。




◆1970年代のナショナルブラウン管カラーテレビTH-5800Dがデジタル液晶テレビに変身!VOL3

.07 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

デジタルテレビの場合はテレビを使用する地域の地上デジタル放送局のチャンネル設定
が必要です。

現地に於いてデジタルテレビ放送局の電波を受信して初期設定を行う必要があります。   

チャンネル設定の方法をご説明いたします。
取扱い説明書に記載されていますが、実際のこのテレビ画面でのご説明になります。


DSCN7248_500X375.jpg

DSCN7257_500X378.jpg

↑ 先ず、アンテナを接続して、リモコンで電源オンします。

次にリモコンの「設定」を押します。


DSCN7232_500X375.jpg

↑ 画面が変わり、上下の選択ボタンで「初期設定」を選び「決定」を押します。


DSCN7233_500X375.jpg

↑ 「チャンネル設定」を選び「決定」を押します。


DSCN7234_500X375.jpg

↑ 次に「デジタル自動設定」を選び「決定」を押します。


DSCN7235_500X375.jpg

↑ 一番上の「初期スキャン」を選び「決定」を押してください。
「初期」の文字が隠れています。


DSCN7236_500X375.jpg

DSCN7237_500X375.jpg

↑ 「初期スキャン」の地方を選択する画面で目的の県を選び「決定」を押す。


DSCN7238_500X375.jpg

DSCN7239_500X375.jpg

↑ このように初期スキャンが開始されスキャンが進行します。


DSCN7240_500X375.jpg

↑ 初期スキャンが完了しましたので内容確認をしてください。「はい」で「決定」を押す。


DSCN7241_500X375.jpg

↑ 確認をしてリモコンの「終了」を押してください。

これで、チャンネル設定が完了いたしました。





◆1970年代のナショナルブラウン管カラーテレビTH-5800Dがデジタル液晶テレビに変身!VOL2

.04 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)


1970年代のナショナルブラウン管カラーテレビTH-5800Diにデジタル液晶テレビの
組み込み作業は順調に推移いたしました。

エージングテスト中の昨夜NHKの受像画像です。


DSCN7197_500x375.jpg
DSCN7200_500x334.jpg
DSCN7201_500x331.jpg
DSCN7202_500x342.jpg
DSCN7203_500x335.jpg
DSCN7204_500x388.jpg
DSCN7205_500x391.jpg
DSCN7206_500x383.jpg
DSCN7207_500x384.jpg
DSCN7208_500x386.jpg
DSCN7209_500x391.jpg
DSCN7210_500x375.jpg
DSCN7211_500x375.jpg
DSCN7212_500x375.jpg
DSCN7213_500x375.jpg
DSCN7214_500x375.jpg
DSCN7216_500x375.jpg
DSCN7217_500x348.jpg
DSCN7218_500x375.jpg
DSCN7219_500x349.jpg


DSCN7222_500x375.jpg

↑ 組み込み工程の中でリモコン信号の受光部をどのように処理をするかが最も懸念され
ていました。

丁度いい具合にイヤホンジャックが不要になり取り外した開口部付近に受光部とパイロット
LEDランプを接近させることが出来ました。  
これは幸運でした。  最悪の場合は変な位置に穴を開けることになりました。

リモコン信号の受光角度(範囲)が狭くなりますが、慣れれば大丈夫な事が確認できました。
 電源オフ待機中


DSCN7226_500x375.jpg

DSCN7228_500x375.jpg

 電源オン受信中





◆1970年代のナショナルブラウン管カラーテレビTH-5800Dがデジタル液晶テレビに変身!VOL1

.04 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
  
予てよりご相談を頂いておりました、
1970年代のナショナルブラウン管カラーテレビTH-5800Dのコンソールキャビネットに
デジタル液晶テレビを組み込むお話でした。

いよいよ、作業にかかることになりました。

   
DSCN7147_500X431.jpg

↑ 一世を風靡した20インチコンソールカラーテレビは日本国中のご家庭の憧れでした。
家中の最も大切な宝物的な存在で、家族だんらんのお部屋に堂々と鎮座していました。
現在はほとんど見かけません。

こんなにきれいなキャビネットは正に宝物そのものです。
しかし、悲しいかな、どれだけ頑張ってもデジタルテレビ放送には対応できず、
地デジチューナーのお世話になり、ブラウン管画面では解像度が追いつきません。

そこで、小形のデジタル液晶テレビをコンソールキャビネットに埋め込むご提案を
させていただきました。


DSCN7148_500X375.jpg

DSCN7144_500X375.jpg

DSCN7149_500X375.jpg

DSCN7156_500X375.jpg

DSCN7151_500X375.jpg

DSCN7159_500X375.jpg

↑ 先ずこれだけの各部品を取り外して、キャビネットを空にしなければなりません。


DSCN7163_500X375.jpg

DSCN7161_500X375.jpg

↑ スピーカーを残して、全てを取り外しました。


DSCN7164_500X392.jpg

↑ ブラウン管を外してありますのでバックに白いパネルを置いて撮りました。


DSCN7174_500x375.jpg

↑ 埋め込むデジタル液晶テレビは「東芝REGZA 24S11」です。 

現在の新型です。


DSCN7171_500x375.jpg

DSCN7170_500x375.jpg

↑ マウント方法は脳裏に描いていた方法よりも、ぶっつけ本番で行います。

先ず、仮付をして24吋9:16の画面が20インチ3:4のブラウン管マスクに収まる映像の欠け具合
を確認しておきます。

当然左右の画面が欠けますが時間表示が欠けない方が良いので、この位置に決めます。


DSCN7175_500x375.jpg

DSCN7176_500x375.jpg

DSCN7176_500x400.jpg

↑ ブラウン管の画面が初期の丸管ブラウン管ですのでフェイスが球状に膨らんでいます
ので、マスクがフェイスのカーブに合わせてありますので、逆に四隅が盛り上がっています。
その部分が液晶パネルに当たりますとパネルにダメージを与えてしまいますので、
約1mm程浮かせて、絶対密着しない様に、四隅にゴムパッドを張り付けておきます。

受け金具2個はブラウン管のものを工夫して利用できました。


DSCN7178_500x430.jpg

DSCN7179_500x375.jpg

↑ しっかり固定できました。


DSCN7180_500x429.jpg

DSCN7181_500x406.jpg

↑ この時点で映り具合を確認しておきます。


DSCN7184_500x508.jpg

DSCN7185_500x377.jpg

↑ スピーカーケーブルの半田付けとアンテナ入力分波器/ビデオ入力延長ケーブル
を取り付けておきます。


DSCN7188_500x375.jpg

↑ エージングテスト中の映像です。


DSCN7195_500x386.jpg

DSCN7193_5200x375.jpg

DSCN7190_500x375.jpg

DSCN7192_500x387.jpg

↑ 取り外した全部品です。





◆約65年前のメーカー不詳42PP真空管レトロ電蓄の修復修理 (総集編)

.01 2016 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

以前にお預かりしておりましたメーカー不詳42PP真空管レトロ電蓄の修復修理の
詳細を一挙公開させていただきます。


DSCN7135_500x667.jpg

↑ 完成画像


DSCN7044_500x659.jpg

DSCN7046_500x667.jpg

DSCN7048_500x667.jpg

↑ 約65年前のメーカー製ではなく、大阪日本橋のでんき街で部品を調達して組み立てた
当時の高級電蓄です。
永い間、故障したまま倉庫に眠っていたものです。

スピーカーは取り外されて穴が開いたままです。
グリルネットは交換されていますが、内部は荒れ果てて、小動物にかじられてスクラップ
状態になっていました。


DSCN7037_500x375.jpg

↑ シャーシーは酷く錆びています。


DSCN7039_500x667.jpg

DSCN7040_500x667.jpg

DSCN7034_500x667.jpg

↑ 劣化が酷く、何とか処置をしないと通電できません。

 
DSCN7041_500x375.jpg

↑ 真空管のヒーター回路の配線の交換と電源トランスの各リード線の保護を行いました。 
小動物がかじった劣化コンデンサーなども交換しておきます。

中央の劣化オイルコンデンサーを交換の為撤去しました。


DSCN7068_500x667.jpg

↑ シャーシー内に42PP用の出力トランスをセットしました。

その他の全てのコンデンサーの交換と電解コンデンサー/抵抗器ををラグ板を介して
取り付けました。


DSCN7064_500x375.jpg

DSCN7065_500x375.jpg

↑ 電源が入り、仮付のスピーカーからハム音が出ています。
しかし、ラジオの受信は出来ません。 つまり、低周波回路はOKとなります。

ダイヤル文字盤内部とガラス面の清掃を後で行います。


DSCN7066_500x375.jpg

↑ ラジオが動作しない原因を探ります。

スーパーヘテロダイン回路の局部発振回路が停止していることを突き止めました。
配線を調べますと、前作者の誤配線を確認しました。
RADIO/PHONOの切り替え配線の間違いでした。

一応ご配線を修正してラジオの受信に成功しましたが前作者がそれに気が付かず、
中間周波トランスまでいじっているため、周波数が大幅にずれていました。
各部を再調整して感度が上昇しました。



次に78回転レコードプレーヤーの修復修理を行います。
元々付いてしたプレーヤーは完全に壊れているため別のプレーヤーを修復して載せ替えを
行います。




DSCN7049_500x375.jpg

↑ アームはそのまま使用します。


DSCN7051_500x375.jpg

↑ このフォノモーターを外して使用します。


DSCN7052_500x375.jpg

DSCN7054_500x375.jpg

DSCN7057_500x375.jpg

↑ 外します、大きくて重いモーターです。


DSCN7061_500x375.jpg

↑ プレーヤーボードの取り付け穴を広げて切り取り、マウントします。


DSCN7058_500x375.jpg

↑ 上から見た様子です。


DSCN7063_500x375.jpg

↑ モーターリード線の絶縁補強を行い長いリード線を取り付けておきます。


DSCN7118_500x375.jpg

↑  最初に付いていた劣化不良の鉄針用マグネチックカートリッジを取り外して
クリスタルカートリッジ(セラミックカートリッジ) に交換をします。



DSCN7080.jpg

DSCN7081_500x375.jpg

↑ CDなどの外部入力端子をプレーヤーボードに設けました。


DSCN7085_500x375.jpg

↑ プレーヤーボード裏面の配線途中の様子です。


DSCN7071_500x375.jpg

DSCN7078_500x375.jpg

DSCN7079_500x335.jpg

DSCN7073_500x667.jpg

DSCN7074_500x667.jpg

↑ レコードプレーヤーのテスト中の様子です。
レトロチックなフォノモーターは元気に回りますが、回転音がうるさいのは我慢しかありません。


DSCN7087_500x375.jpg

DSCN7088_500x375.jpg

↑ この錆の補修に取り掛かります。     
錆を削り取りシルバーラッカーで塗装を行います。


DSCN7091_500x375.jpg

↑ ダイヤルガラスを分解して取り外してダイヤル文字盤の清掃を行いました。


DSCN7100_500x667.jpg

DSCN7102_500x375.jpg

DSCN7103_500x375.jpg

DSCN7112_500x667.jpg

DSCN7113_500x725.jpg

↑ シルバーラッカーを2度塗りしてきれいになりました。


DSCN7107_500x375.jpg

↑ シャーシー内部の全体像です。


DSCN7121_500x667.jpg

DSCN7127_500x622.jpg

DSCN7128_500x697.jpg

DSCN7129_500x377.jpg

DSCN7130_500x622.jpg

↑ 補修の完了したキャビネットの様子です。


DSCN7132_500x650.jpg

DSCN7134_500X640.jpg

↑ キャビネットの背面は丈夫な樹脂製ネットを張り付けました。

完成です。

総集編一挙アップは流石に手間取りました。




 HOME