FC2ブログ

◆珍しい東京芝浦電気製の東芝4チャンネルステレオ”BOSTON”「SP-480」の修復修理 VOL3

.31 2017 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

東京芝浦電気製の東芝4チャンネルステレオ”BOSTON”「SP-480」の修復修理は

チューナーシャーシーをキャビネットから取り外してボリュームとセレクタースイッチの接触不良を
修復しておきます。


IMGP3911_550X419.jpg

IMGP3913_550X367.jpg

IMGP3914_550X366.jpg

IMGP3915_550X367.jpg

↑ 各ボリュームとセレクタースイッチはダイヤルバックライトの照明反射カバーの下になっています。

接点復活剤を噴射注入して丹念に摺り合わせをおこないます。


IMGP3916_550X367.jpg

IMGP3915_550X825.jpg

↑ 他社のシャーシーと比較してコンパクトでブロック配置でなく一体総合のプリント基板です。


IMGP3917_550X367.jpg

IMGP3917_550X825.jpg

IMGP3920_550X781.jpg

AUXの片CHの接触不良はセレクタースイッチの接点の接触不良が原因です。




◆珍しい東京芝浦電気製の東芝4チャンネルステレオ”BOSTON”「SP-480」の修復修理 VOL2

.29 2017 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
   
珍しい東京芝浦電気製の東芝4チャンネルステレオ”BOSTON”「SP-480」の修復理は
問題のレコードプレーヤーの修復工程へ進みます。



IMGP3881_550X446.jpg

↑ レコードプレーヤーはご依頼者のお話によりますとカートリッジが不良で極端に小さな音で
カンチレバーの不良らしい様です。


IMGP3847_550X504.jpg

IMGP3848_550X417.jpg

↑ このレコードプレーヤーTPS-730Hには東芝オリジナルのソリッドステート(半導体)カートリッジが
使用されています。
「半導体圧電素子」が採用されて出力電圧が高くヘッドアンプの必用がありません。

MM/MCカートリッジの場合は出力電圧が非常に小さくて高増幅のヘッドアンプが必用になります。


IMGP3903_550X429.jpg

↑  ①不良の半導体カートリッジ     ②セラミックカートリッジ      ③MMカートリッジ


IMGP3857_550X416.jpg

IMGP3858_550X394.jpg
 
IMGP3859_550X399.jpg

↑ 同等の高出力電圧が得られる②セラミックカートリッジに交換をいたしました。


IMGP3861_550X367.jpg

IMGP3862_550X367.jpg

IMGP3863_550X428.jpg

IMGP3864_550X367.jpg

IMGP3866_550X367.jpg

IMGP3867_550X367.jpg

IMGP3868_550X367.jpg

IMGP3869_550X391.jpg

↑ オートメカの動作の点検を行なっておきます。


IMGP3871_550X420.jpg

IMGP3874_550X367.jpg

IMGP3878_550X367.jpg

IMGP3879_550X367.jpg

↑ ターンテーブルの駆動メカのアイドラーなどの点検を行なっておきます。


IMGP3887_550X367.jpg

IMGP3882_550X7417.jpg

↑ スピーカーはお預かりしておりませんので、取り合えずヘッドホンで試聴いたします。

問題は解決いたしました。 きれいな音色音量です。


IMGP3888_550X667.jpg

IMGP3905_550X367.jpg

IMGP3907_550X367.jpg

↑ カートリッジの質量が軽くなったため針圧が軽すぎてウエイトの調整範囲で調整が出来ません。
ウエイトを手前に繰り出せば良いのですが、孔が貫通していませんので、ウエイトの孔を貫通させ
ました。
ところが後で判ったのですがバイブアームの最後尾に補助ウエイトが埋め込まれておりましたので
それも取り除きました。
これでセラミックカートリッジの最適針圧になりました。


IMGP3885_550X790.jpg

IMGP3888_550X667.jpg

IMGP3899_550X368.jpg

↑ プレーヤーは仕上げ工程でクリーニングを行ないます。


IMGP3893_550X825.jpg

IMGP3897_550X367.jpg

↑ やや小ぶりのTOSHIBA BOSTONに似合うスピーカーを引っぱり出してきました。

ヘッドホンよりは、やはり本物のスピーカーで鳴らすと気持ちよく聴けます。


殆どピッタリです。 
それもその筈、これは姉妹機のTOSHIBA BOSTON 2000 SP-2000のスピーカーでした。





◆珍しい東京芝浦電気製の東芝4チャンネルステレオ”BOSTON”「SP-480」の修復修理 VOL1

.28 2017 家電品の修理 comment(1) trackback(0)
    
非常に珍しい4チャンネルステレオに遭遇いたしました。

4チャンネルステレオ後発の東芝が出した、
珍しい東京芝浦電気製の東芝4チャンネルステレオ”BOSTON”「SP-480」の修復修理の記録です。


IMGP3828_550X476.jpg

↑ レコードジャケット風の派手な取扱説明書です。


IMGP3841_550X422.jpg

IMGP3837_550X505.jpg

↑ この時期の後に社名変更がありました。

東京芝浦電気株式会社から株式会社東芝に変更になりました。

そして、東芝がオーディオに新境地を開いたのが「Aurex」の誕生になります。


IMGP3816_550X825.jpg

IMGP3818_550X794.jpg

↑ ややコンパクトにまとめられたセンターキャビネットです。

半世紀以上の経年劣化が反映されていない美しい風情に良い環境で理想の保管状態がうかがわれ
ます。
しかし、センターのみでスピーカーの欠品が残念です。


IMGP3817_550X519.jpg

IMGP3817_550X341.jpg

IMGP3820_550X363.jpg

IMGP3822_550X667.jpg

IMGP3824_550X587.jpg

IMGP3823_550X373.jpg

↑ 詳細な診断は次工程で行います。


IMGP3829_550X447.jpg

IMGP3831_550X475.jpg

IMGP3833_550X468.jpg

↑ レコードジャケット風の取説は一目瞭然で分かりやすくなっています。


IMGP3844_550X393.jpg

↑ 回路図です。

次工程に進みます。





◆カラオケ初期の日立"Lo-D"8トラックテープデッキ「 TRQ-1340」の修復修理

.09 2017 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

カラオケ初期の日立"Lo-D"8トラックテープデッキ「 TRQ-1340」の修復修理の記録です。

この種の8トラックテープデッキの構造はエンドレステープ状の大きなカートリッジ式の
磁気テープを使用してヘッドを移動させてトラックを追随するものです。
ハード面は結構頑丈な構造になっています。゜


IMGP3808_550X223.jpg

↑ 全く動作をいたしません


IMGP3786_550X825.jpg

↑ 内部を開いてみますと、ドライブベルトは掛かっており、モーターも回転していますが
大型のフライホイール状のブーリーがビクとも動きません。 ロック状態です。


IMGP3786_550X359.jpg

IMGP3788_550X367.jpg

↑ 強烈にシャフトと軸受けが固まっています。


IMGP3789_550X367.jpg

↑ 潤滑剤を注入して取り外しました。


IMGP3795_550X367.jpg

IMGP3797_550X399.jpg

IMGP3799_550X387.jpg

↑ 錆び付いていました。


IMGP3790_550X367.jpg

IMGP3794_550X730.jpg

IMGP3800_550X377.jpg

↑ 軸受けの清掃を行いシャフトを差込みスムーズな動きを確認します。


IMGP3802_550X382.jpg

↑ 清掃、注油を行いプーリーをセットしました。


IMGP3803_550X379.jpg

IMGP3804_550X336.jpg

IMGP3806_550X354.jpg

↑ 8トラテープを挿入してテストを行いました。

選曲機能に不具合がありメカの修正と各部に注油を行い選局機能OKとなりました。

音質は非常に良く素晴らしいものです。

右CHの音が出ていないことに気付きました。
原因はヘッドの不良でした。




◆珍しい1960年代ドイツ製真空管式卓上電蓄「BRAUN TYPe SK/ PC 3」の修復修理 VOL2

.08 2017 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

珍しい1960年代ドイツ製真空管式卓上電蓄「BRAUN TYPe SK/ PC 3」の修復修理は

レコードプレーヤーの修復修理に進みます。


IMGP3744_550X367.jpg

↑ レコードプレーヤーはシンプル且つ先進的な驚くほど合理化された製品です。


IMGP3739_550X367.jpg

↑ 「ターンテーブルマット不要」「EPアダプター着脱不要」など素晴らしい発想です。

60数年携わって来て恥ずかしながら、こんなの初めて見ました。


IMGP3784_550X383.jpg

↑ ターンテーブルを取り外します。


IMGP3785_550X367.jpg

↑ フォノモーターの電圧切り替えスイッチがあります。 110Vになっています。


IMGP3748_550X367.jpg
.
IMGP3749_550X363.jpg

↑ フレーヤーボード裏面の様子です。
結構大型のフォノモーターの下の方にアイドラー駆動のゴムアイドラーが見えます。
変わった構造になっています。


IMGP3757_550X367.jpg


↑ 問題のカートリッジは初期の「クリスタルカートリッジ」です。

ここで「クリスタルカートリッジ」について解説いたします。
クリスタルカートリッジは素材がロッシェル塩で出来た圧電素子を使用したものです。
レコードの音溝から針先から伝わった微振動を起電力に変換してアンプで増幅して音になります。

クリスタルは経年劣化で化学製品の還元作用で異質のものに変化して性能に衰えが現れ、
音質/音量が悪くなります。 全く音が出ない場合もあります。
寿命が約30年~40年ほどです。


IMGP3759_550X361.jpg

使用しているクリスタルカートリッジはターンオーバー式で先端の小さなツマミで180度回転さ
せるとLP針からSP針に変わります。


IMGP3762_550X366.jpg

↑ 現在でクリスタルカートリッジに代わるものはセラミックカートリッジになります。
しかし、殆ど製造はしておりません。
セラミックカートリッジはLP専用ですのでターンオーバーはできませんが、SPレコードも共用で
使用て゜きます。


IMGP3763_550X363.jpg

IMGP3764_550X368.jpg

↑ カートリッジの形態が異なりますが、違和感の無いように取り付けを行いました。


IMGP3768_550X383.jpg

↑ ツマミはダミーとして固定で取り付けました。孔を隠す意味で縦付けに致しました。


IMGP3754_550X367.jpg

IMGP3752_550X388.jpg

↑ レコード演奏テストの結果、音量/音質とも上々です。


IMGP3751_550X825.jpg

IMGP3750_550X367.jpg

↑ アンプシャーシーともエージングテストを行います。




◆珍しい1960年代ドイツ製真空管式卓上電蓄「BRAUN TYPe SK/ PC 3」の修復修理 VOL1

.07 2017 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
  
1960年代ドイツ製真空管式卓上電蓄「BRAUN TYPe SK/ PC 3」の修復修理の記録です。

BRAUNはシェーバーで有名なあのメーカーだろうと思います。


IMGP3737_550X376.jpg

↑ 側板以外は.金属製のキャビネットです。


IMGP3738_550X367.jpg

↑ レトロなオーディオですが、スマートな無駄の無いデザインと設計で魅力の製品です。


IMGP3741_550X367.jpg

IMGP3743_550X367.jpg

IMGP3744_550X367.jpg

IMGP3739_550X367.jpg

IMGP3736_550X367.jpg

IMGP3783_550X389.jpg

IMGP3779_550X367.jpg

↑ 全世界の殆どの電源に対応できる電圧切り替えタップ付きの大型電源トランスが装備
されています。  親切な設計です。

AC/50Hz 250V→220V→150V→125V→110Vの5段切り替えです。
日本は110VでOKです。


IMGP3781_550X369.jpg

IMGP3782_550X367.jpg

↑ 電源プラグアダプターが用意されていました。


IMGP3745_550X367.jpg

↑ キャビネットからシャーシー/スピーカー/レコードプレーヤー.を取り外しました。


IMGP3754_550X411.jpg

↑ 各部の動作診断を行います。


IMGP3770_550X368.jpg

↑ 基本的には電源が入り動作状態になりますが、押しボタン式のセレクタースイッチが接点の
経年劣化により動作状態にならず、ラジオはかろうじてFMが受信できますか不安定です。
LWは日本では放送電波がありません。
MW(AM)ラジオは受信不能です。
PHONOに切り替えてレコードプレーヤーを動作させますが、クリスタルカートリッジの劣化
不良で出力が小さく高域のみで音質が非常に悪い状態です。


IMGP3772_550X367.jpg

↑ 5箇所のセレクタースイッチに接点復活剤の噴射注入を行い接点の修復を行います。


IMGP3773_550X367.jpg

↑ セレクタースイッチは特殊な形状の為接点復活剤の噴射注入が難しく閉鎖構造の部分の
↓ 隙間を見つけて噴射注入を行い丹念にすり合わせを行います。

IMGP3774_550X379.jpg


IMGP3776_550X361.jpg

↑ 3個のボリュームのガリの修復を接点復活剤の噴射注入を行いスムーズな動作を復活させます。


IMGP3747_550X367.jpg

IMGP3755_550X367.jpg

↑ 続いてレコードプレーヤーのカートリッジの交換などを行います。





◆1970年代日立 "Lo-D" SOLID STATE STEREO [DPK-405]修復修理 VOL1

.01 2017 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
  
予てよりお預かりしておりました、1970年代日立 "Lo-D" SOLID STATE STEREO [DPK-405]は
非常に珍しい大型モジュラーステレオ調の初期のオールトランジスタのビンテージステレオです。

非常に希少な製品です。 どんな音が出るか楽しみです。
高さ80cm程のスピーカーはお預かりできなかったのが残念です。

さすがにこの機器の情報は少なく、スピーカーの画像がありません。
やっと見つかった小さな画像をお借りしました。  サイズを大きくして掲載させて頂きます。


HITACHI--[DPK-405]_550x354


IMGP3695_550x456.jpg

IMGP3696_550x626.jpg

IMGP3699_550x362.jpg

IMGP3697_550x575.jpg

IMGP3700_550x367.jpg

IMGP3701_550x358.jpg

IMGP3704_550x367.jpg

IMGP3705_550x401.jpg

IMGP3707_550x427.jpg

IMGP3708_550x367.jpg

IMGP3709_550x367.jpg

↑ レコードプレーヤーは回転して一応音だしは出来ますが、アーム動作とその他にに不具合
があります。


IMGP3713_550x338.jpg

IMGP3715_550x329.jpg

IMGP3717_550x318.jpg

↑ チューナーアンプは経年劣化による、全ての切り替えと調節部分の接触不良の修復を行います。 


IMGP3721_550x674.jpg

IMGP3723_550x390.jpg

IMGP3725_550x367.jpg

IMGP3729_550x367.jpg

IMGP3730_550x495.jpg

IMGP3731_550x560.jpg

IMGP3732_550x426.jpg

↑ 接点クリーナー接点復活剤を各部に丹念に噴射注入を行い接触面の活性化を行いました。



次へ進みます。



 HOME