FC2ブログ

◆1950年代オーストラリアHMV社製真空管ポータブル電蓄の修復修理 VOL2

.26 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
 
1950年代オーストラリアHMV社製真空管ポータブル電蓄の修復修理はお見積もりの仮修理を
行っております。

IMGP6927_550x374.jpg

↑ 前工程でアンプの動作OK、フォノモーターの回転OKでした。


IMGP6908_550x468.jpg

IMGP6919_550x452.jpg

↑ ターンテーブルにモーターの回転トルクがうまく伝わらないため回転しません。


IMGP6910_550x406.jpg

↑ 「モータースピンドル」→「アイドラー」→「ターンテーブル」と回転トルクが伝導されます。

しかし速度変換メカの不良で動力が伝わりません。


IMGP6918_550x533.jpg

↑ メカの修理を行います。 [16] [33] [45] [78]とスムーズに切り替えができるようになりました。


IMGP6930_550x451.jpg

↑ テストの結果、回転してレコード演奏のテストを行いました。

回転がかなり速いようです。  これはHz違いが原因です。 




このプレーヤーは240V/50Hzです。 電圧は変換トランスで100Vを240Vに変換されていますが、
Hzは変換できません。
60Hzを50Hzに変換するには「正弦波インバーター電源装置」が必要です。

予期せぬ費用が必要になります。

何とか、この難問を突破する手段が・・・・・裏技があります。




それは、モータースピンドルを細く削れば解決できます。
しかし、真鍮製の小さなスピンドル(プーリー)を削るには精密旋盤が必要で操作技術がなければ
出来ません。
外注に出す手段もありますが、費用的にNGです。
失敗を覚悟で行う手段がありますが、削ってしまえば元へ戻せません。

そこで、裏技の出番になります。

先ず遊んでいる16回転用の一番細いスピンドルに電線のビニル被覆を被せます。
この時、現33回転スピンドルの直径より細い外径で内径が16回転スピンドルより細い被覆を
選びます。
回転をテストしながら色々な径の電線被覆をカット&トライで最適値を見つけます。
絶対に回転中に抜け落ちないものでスリップのないものが必要です。


IMGP6937_550x367.jpg

↑ ごく僅かでもターンテーブルの回転に変化が出ます。


IMGP6938_550x367.jpg

IMGP6940_550x367.jpg

IMGP6931_550x453.jpg

↑ 33回転LPは16のセクションで使用します。 
  45回転EPは33のセクションで使用します、やや遅く感じますが許容範囲です。

最適な状態でテストを続けます。


IMGP6932_550x393.jpg

↑ 快適に回転していますが、レコードをかけてみて音質が悪く歪がすごく気になります。
音量は問題ありませんが・・・・・

クリスタルカートリッジの経年劣化です。


IMGP6943_550x367.jpg

↑ 急遽、古いカートリッジを取り外して、セラミックカートリッジをテスト的に付け替えます。


IMGP6935_550x367.jpg

IMGP6934_550x432.jpg

↑ テスト取り付けです。


IMGP6933_550x367.jpg

↑ テストの結果、俄然、良くなりました。 木製キャビネットの効果もあり、いい音が出ています。




◆1950年代オーストラリアHMV社製真空管ポータブル電蓄の修復修理 VOL1

.25 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
 
予てよりお預かりしておりました、1950年代オーストラリアHMV社製真空管ポータブル電蓄の
修復修理の記録です。


IMGP6907_550x431.jpg

↑ カラフルなレザー張りのキャビネットです。  動作は未定です。 


IMGP6901_550x732.jpg

IMGP6905_550x365.jpg

↑ ビクターのエンブレムが付いています。


IMGP6903_550x411.jpg

IMGP6928_550x367.jpg

↑ 電源は240Vで3ピンのプラグです。 

100V→240V昇圧トランスと変換プラグが用意されています。


IMGP6904_550x455.jpg

IMGP6909_550x384.jpg

IMGP6910_550x367.jpg

↑ 点検修理にはレコードプレーヤーとシャーシーをキャビネットから取り外す必要があります。



このような機種の普通の分解手順は、

[1]ツマミを外す→[2]プレーヤーを外す→[3]シャーシーの止めネジを外す。 からはじめます。
しかし、プレーヤーが外れないため先へ進めません。

確かに無理があるようです。
過去に何とか外そうとした形跡が各所に見られます。

冷静に考えますと、ホータブル電蓄は取り扱いが激しくプレーヤーは簡単に外れない構造が
成されているはずです。
スプリングで振動を吸収する装置で固定ボルトが割ピンで簡単に抜けない構造になっています。
しかし、その割ピンが簡単に抜けない奥まった狭いところにあります。

「逆転の発想」と「工夫」で比較的簡単に抜き取ることが出来ました。




IMGP6912_550x367.jpg

↑ 底板のベニヤ板の剥がれた木片が散らばっています。


IMGP6913_550x367.jpg

↑ プレーヤーを支えていたベニヤ板の片方の固定用ネジ穴の部分が接着剤で補修したヶ所てす。


IMGP6916_550x370.jpg

IMGP6917_550x354.jpg

↑ シャーシーを取り出しました。


IMGP6919_550x545.jpg

IMGP6920_550x473.jpg

↑ プレーヤーも取り外しました。


IMGP6923_550x398.jpg

↑ 昇圧トランスを接続してアンプの様子を点検して一応動作することを確認いたしました。


IMGP6925_550x367.jpg

IMGP6927_550x374.jpg

↑ プレーヤーのフォノモーターが回転することを確認いたしました。




 

◆1970年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理 VOL7(完成)

.23 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

今回の1970年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理は最終工程にとり
かかります。
この時代のトランジスタ構成のステレオはメーカーを問わず半導体の劣化によるノイズに悩まされ
ます。

俗に云うボリュームやファンクションスイッチ(セレクター)などの「ガリノイズ」は一切なく、
多種多様のTRノイズのオンパレードでした。

7月に修復修理をいたしました北海道の「パイオニア4chステレオFD-3」も凄いノイズで20数個の
TRの交換を行いました。


IMGP6886_550x844.jpg

↑ 完成画像です。


IMGP6897_550x659.jpg

↑ 背面の様子です。 簡易FMアンテナが無かったため新たに取り付けを行いました。


IMGP6873_550x825.jpg

IMGP6875_550x418.jpg

↑ キャビネットのクリーニングを行いシャーシー/プレーヤーの組み込みを行いました。


IMGP6882_550x409.jpg

IMGP6883_550x497.jpg

IMGP6888_550x799.jpg

↑ すべてのテスト中の様子です。


IMGP6894_550x368.jpg

IMGP6896_550x469.jpg

IMGP6891_550x299.jpg

↑ 300Ωフィダー線を使用して製作した簡易FMアンテナは結構感度がよくFM-STインジケーター
ランプがしつかり点灯しています。





◆1970年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理 VOL6

.22 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1970年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理は、 VOL5まで進みまして
多重ノイズの修復が完了いたしました。

未完になっていた修復作業を行います。
カートリッジからの信号を増幅しているヘッドアンプのB電源回路に異常が発生していました。


IMGP6813_550x368.jpg

最初の測定時の電圧は約DC26Vでした。 修理途中でトラブルがあり、DC19Vに低下しました。

3端子レギュレーターと勘違いをして交換しましたが無駄でした。
正しくはパワートランジスタ仕様の為同型の2SC496に交換しましたが、規定電圧より高く33.8V
のため使用をやめました。


IMGP6864_550x567.jpg

↑ 入力電圧がDC37VからDC26Vを出力するために、最初はトランジスタを使用していましたが
代わりに抵抗器を使用いたしました。


IMGP6863_550x367.jpg

↑ 単純に198Ωの抵抗を挿入して動作電圧25.75Vで好結果がでました。


IMGP6872_550x354.jpg

↑ テスト中の様子です。


IMGP6867_550x1051.jpg

↑ ここまで仕上ってくると、もう一つ気になりますのが、劣化トラブル予備軍です。

それは、パワーアンプ基板のパワートランジスタのドライバートランジスタです。
現時点では問題は出ておりませんが、見送りは良い結果を生みません。

赤丸印 2SC1213  4個
黄丸印 2SA673   4個

交換を行いました。


IMGP6860_550x436.jpg

画像上段交換で取り外した  2SC1213  4個
画像下段交換で取り外した  2SA673   4個





◆1970年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理 VOL5

.22 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1970年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理は多重ノイズ関連の修復修理
が完了いたしました。

次はレコードプレーヤーの不具合の修復修理とメンテナンスを行います。
テスト中にSTART/REJECTの動作が緩慢でアームのアップダウンもスムーズでない現象があります。


IMGP6847_550x367.jpg

↑ 修復後のテストの様子です。


IMGP6837_550x331.jpg

IMGP6838_550x340.jpg

↑ 高精度のサーボモーターを採用しています。 回転速度調整も可能です。
そして、ターンテーブルの外周に回転ストロボの凹凸がありますが、監視には必ず蛍光灯の照明
が必要です。
蛍光ランプは1秒間に50/60回点滅しています、そのフリッカーによりストロボマークが静止してい
る状態が正しい回転数になります。


IMGP6834_550x367.jpg

IMGP6830_550x367.jpg

↑ スピード微調整と33/45回転のセレクト。


IMGP6828_550x415.jpg

IMGP6832_550x367.jpg

IMGP6832_550x357.jpg

↑ アームをコントロールするメカの一部のカムですが2軸で2つのカムが重なっています。

2枚のカムに付着の古い油分が硬化して動きが緩慢になっていました。
取り外してクリーニング注油でスムーズな動作が復活いたしました。


IMGP6829_550x367.jpg

↑ ベルトドライブのベルトは比較的新しく、モータースピンドルはきれいな状態です。


IMGP6835_550x367.jpg

IMGP6859_550x386.jpg

IMGP6856_550x407.jpg

IMGP6853_550x395.jpg

↑ シェル/カートリッジ/針大きな問題ありません。


IMGP6844_550x367.jpg

↑ テーブルボード裏面のオートメカはシンプルで良く考えられた構造です。

以前の複雑なメカと比較して当時の凄さがうかがえます。


IMGP6842_550x400.jpg

IMGP6843_550x367.jpg

↑ サーボ基板とサーボモーターです。

モーター防振ゴムも大丈夫です。


IMGP6845_550x367.jpg

IMGP6849_550x311.jpg

IMGP6850_550x367.jpg

↑ エージングテスト中





◆1970年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理 VOL4

.21 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1970年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理はVOL3までの修復で
エージングテストを続行中に気になる症状を確認できました。

AM/FMをモードファンクション 2CH/MTX1/MTX-2(RM) で動作中はノーノイズで正常に動作
しております。

しかし、PHONO動作時に左のみにショック性ノイズが時たま発生します。
そのノイズは音量により変化します。
VOL3工程までには発見できなかった現象です。
レコード演奏中の通常音量では無音の時以外は気が付きませんが、
レコードをかけずに音量を上げますとその不快なノイズが確認できます。


IMGP6797_550x583.jpg

IMGP6806_550x367.jpg

IMGP6808_550x825.jpg

IMGP6809_550x826.jpg

↑ 配線を辿り切り分け点検の結果、先ずファンクションスイッチ(セレクター)の不良を疑って
シャーシーから取り外して色々詳しく調べましたが、ァンクションスイッチが原因ではないと断定
いたしました。

しかし、その結果接続リード線を切り離してノイズがなくなることが判明してその先が・・・・・

↓ マトリックス回路基板でした。

IMGP6815_550x367.jpg

IMGP6826_550x367.jpg

↑ マトリックス回路基板内のトランジスタのチェックの結果、黄丸印のTRからノイズが発生
していることを突き止めました。


IMGP6824_550x368.jpg

↑ 不良のTRは型名が消えて不明ですので、2SC1815Yに交換を行いました。
テストの結果ズバリ直りました。


IMGP6851_550x400.jpg

↑ 不良のトランジスタです。


IMGP6819_550x367.jpg

↑ マトリックス回路基板の裏面です。


IMGP6814_550x825.jpg

↑ マトリックス回路基板の全体像です。 これを最後に多重ノイズを完全制覇いたしました。


IMGP6827_550x367.jpg

IMGP6813_550x368.jpg

↑ DC26Vラインのトラブルによる低電圧は黄↑の3端子レギュレーターではなく
パワートランジスタが使用されていました。  現在調達中です。

次はレコードプレーヤーのメンテナンスを行います。





◆1970年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理 VOL3

.16 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1970,年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理はパワーアンプ基板内の
「2SC458」と関連のトランジスタの交換を行います。


IMGP6778_550x1055.jpg

↑ パワーアンプ基板内は、かなり昔に「2SC458」とその周辺のトランジスタを交換した形跡が
あります。


IMGP6795_550x418.jpg

↑ 交換の為取り外したトランジスタです。

   画像上列が2SC458  4個

   画像下列が2SA673  4個  


IMGP6792_550x379.jpg

↑ 取り外した2SC458の拡大画像です。


FD15pampkiban6794_550x825.jpg
 
↑ 赤丸印が「2SC458」の代替えトランジスタ 「2SC1815Y」  4個

  黄丸印が「2SA673}の代替えトランジスタ  「2SA1048」   4個

↓ 交換に使用した代替えトランジスタ

IMGP6789_550x446.jpg

IMGP6801_550x1114.jpg

↑ パワーアンプ基板裏面パターン


IMGP6779_550x367.jpg

IMGP6783_550x367.jpg

IMGP6797_550x583.jpg

ここまでの修復でノイズも減少して音質/音量とも飛躍的に良くなりました。

電源回路に若干問題があります。
DC26Vラインの電圧がやや低く20Vのため半導体「3端子レギュレーター」の交換を行います。





◆1970年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理 VOL2

.16 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1970年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理のチューナーアンプ部の
「内部ノイズ」の原因はトランジスタ「2SC458」の経年劣化によるものです。
最初は低ノイズの高性能トランジスタですが、劣化により内部ノイズが発生しています。

VOL1工程でプリアンプヘッドアンプ部の「2SC458」の交換が終わりました。
VOL2工程で次段のトーンコントロール/MICミキシング基板内の「2SC458」4個の交換を行います。


IMGP6764_550x757.jpg

↑ 赤矢印がトーンコントロール/MICミキシング基板です。


IMGP6775_550x367.jpg

↑ 基板表側の様子です。


IMGP6766_550x82.jpg

↑ トーンコントロール/MICミキシング基板の赤丸印が4個の「2SC458」です。

基板パターン裏側の様子です半田付を「はんだ吸取り線」で取り外します。


IMGP6768_550x825.jpg

↑ 画像下段が取り外した 2SC458です。  

  画像上段が互換用の2SC1815Yです。


IMGP6746_550x439.jpg

IMGP6774_550x367.jpg

IMGP6776_550x367.jpg

↑ 2SC458を4個交換しました。 


IMGP6770_550x667.jpg

次工程はパワーアンプ基板内の「2SC458」の交換を行います。





◆1970年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理 VOL1

.15 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
 
予てよりお預かりしておりましたが、ご依頼者のご配慮により大変長期に亘りお待たせいたして
おりました。
1970年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理に係らせていただきました。


IMGP6728_550x832.jpg

IMGP6733_550x836.jpg

↑ センター部のみをお預かりしておりました。

症状は一言で表現いたしますと「強烈なノイズ」です。 


IMGP6788_550x367.jpg

IMGP6738_550x367.jpg

↑ テスト用にSPプラグが同じ手元にあるPIONEERのSPを使用いたします。


IMGP6737_550x400.jpg

↑ 通電して詳しく状態をチェックします。

[AM] [FM] [PHONO]と切り分けて試聴テストしますと、ラジオの場合よりPHONOセクションで
無音の時は不規則なバリバリ、ジャリジャリ、ゴソゴソとトランジスタの内部雑音特有のノイズが
確認できます。
MCカートリッジの微弱信号の増幅部のヘッドアンプ部のノイズと判定して修復にかかります。


IMGP6745_550x825.jpg

↑ シャーシー表面の全体像です。


IMGP6739_550x558.jpg

↑ シャーシー裏面の全体像です。

ライトの部分がヘッドアンプ基板です。


IMGP6742_550x825.jpg

↑ ライトの光で透視したプリント基板です。


IMGP6743_550x826.jpg

↑ ヘッドアンプ基板の赤丸印の4個のトランジスタ「2SC458」が経年劣化でノイズを発生している
ものと思われます。
4個とも交換を行います。


IMGP6748_550x521.jpg

↑ 画像下段が取り外した 2SC458です。 この2SC458は当時の最先端の低ノイズ高性能の
   トランジスタですが、半世紀の経年劣化で不安定な状態になっています。

  画像上段が互換用の2SC1815Yです。


IMGP6743_550x825.jpg

IMGP6743_550x367.jpg

IMGP6744_550x374.jpg

IMGP6752_550x279.jpg

↑ 液漏れの一部の電解コンデンサーの交換も行いテストを行いました。

代替えトランジスタの効果によりヘッドアンプからのノイズは解消されました。

エージングテスト中に時々別のノイズがあることが判明いたしました。
「多重ノイズ」です。
その他の回路基板内に「2SC458」が多数使用されています。
順次交換を行っていきます。





◆珍しい1960年代後期のオールトランジスタ TRIOセパレートステレオ「3000」の修復修理 VOL3

.12 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

珍しい1960年代後期のオールトランジスタ TRIOセパレートステレオ「3000」の修復修理は
2017年3月にVOL1~VOL2でストップしておりましたが、
今回、ご依頼者のご都合により返却依頼がありました。
分解修理途中で放置しておりましたので、急遽再整備組み立てを行いました。

◆珍しい1960年代後期のオールトランジスタ TRIOセパレートステレオ「3000」の修復修理VOL2

◆珍しい1960年代後期のオールトランジスタ TRIOセパレートステレオ「3000」の修復修理VOL1


IMGP6715_550x337.jpg

IMGP6721_550x367.jpg

↑ 返却に当たりキャビネットのクリーニングを行い一応動作可能まで修復を行ったシャーシーと
レコードプレーヤーの組み込みを完了いたしました。


IMGP6691_550x367.jpg

IMGP6727_550x400.jpg

↑ パワーアンプ回路の「左音でず」は修理途中で中断いたしました。
ご依頼者からのお問い合わせ時点でパワートランジスタの入手のめどが立たず、
中断のご指示を頂いておりました。


IMGP6694_550x367.jpg

↑ 今回、返却に当たり何とか簡単に左スピーカーから音を出したい方法として、
苦肉の策で正常な右出力に左スピーカーの接続を共用いたしました。


IMGP6694_550x469.jpg

↑ R/Lのセパレーションはなくモノラルですが殆大きな問題はなく使用できます。


IMGP6697_550x367.jpg

↑ レコードプレーヤーをクリーニングと注油などの仕上げ整備を行います。


IMGP6700_550x367.jpg

IMGP6701_550x367.jpg

↑ マット/ターンテーブルのクリーニングを行います。


IMGP6703_550x367.jpg

IMGP6706_550x367.jpg

↑ アームリターンメカの整備を行います。


IMGP6708_550x367.jpg

↑ アイドラーのクリーニング注油、フォノモーター注油を行います。


IMGP6710_550x354.jpg

IMGP6711_550x354.jpg

IMGP6713_550x367.jpg

↑ レコード動作テスト中の様子です。


IMGP6720_550x367.jpg

IMGP6725_550x367.jpg

↑ キャビネットに組み込み最後のエージングテストの様子です。

AM/FM/PHONOいずれもほぼ正常動作をしております。

音質/音量も問題ありません。





◆50年以上前の三菱17インチ白黒ブラウン管テレビの修復修理 VOL2

.03 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

垂直/水平発振偏向回路の修復修理はエージングテスト続行中です。

前工程で確認していました前面操作の各VRが経年結果による接触不良が調節の障害になり画面
と音声にも影響が出ています。 修復を行っておきます。


IMGP6667_550x367.jpg

IMGP6667_550x731.jpg

↑ 上部から ①電源スイッチ付き音量調整 ②コントラスト ③明るさ ④水平同期 ⑤垂直同期 
の各VR


IMGP6664_550x367.jpg

IMGP6663_550x367.jpg

↑ 内部から見た様子です。


IMGP6668_550x664.jpg

↑ 各VRに接点復活剤のスプレー口に細い噴射ノズルを装着してVRの開口部から注入をして
摺り合わせを行いました。


IMGP6670_550x532.jpg

↑ 上が①電源スイッチ付き音量調整VRです。

すべてが滑らかなスムーズな調整でストレスがなくなりました。





◆50年以上前の三菱17インチ白黒ブラウン管テレビの修復修理 VOL1

.02 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

以前からご相談いただいておりました白黒ブラウン管テレビの緊急修理を行いました。

50年以上前の三菱17インチ白黒ブラウン管テレビです。 しかも初期のオールトランジスタ方式です。
垂直偏向回路の故障です。 昔から簡単そうで難しいのが垂直回路です。
しかし、IC使用でないのが救いです。


IMGP6659_550x387.jpg

IMGP6610_550x367.jpg

IMGP6612_550x367.jpg

IMGP6612_550x307.jpg

↑ 先ず、昔のアナログテレビに映像を映すにはビデオ入力がありませんのでテレビチャンネルの
VHF1CH又は2CHに映像出力をVHFに変換した信号を入力して様子を見ます。

確かに無信号時ラスターのみでは垂直振幅は不足していましてリニアリティも悪くて
極端に上部が伸びすぎて、下部は縮んでいます。
VHSビデオの映像を入力しますと垂直同期と水平同期がとれず画面が乱れて映像
になりません。

偏向基板上の「垂直振幅」「垂直直線性(リニアリティ)」「垂直バイアス」の3箇所の
半固定VRを最適位置に調整しますが、接触不良でスムーズに調整が無理なため
接点復活剤を噴射してすりあわせを行いました。
これでかなり調整はやり易くなりました。

水平同期は水平発振周波数を調整サブVRで調整を行いました。

これで、水平・垂直同期がとれて、映像が映りましたが、映像が2段に重なって映ります。


IMGP6613_550x364.jpg

↑ 垂直発振回路の電解コンデンサーを交換して表示画像のように改善されるのを確認しました。
    (画像 DVD映像)

IMGP6643_550x361.jpg

↑ 無信号時のラスターの様子です。

下部の振幅は振幅調整VRは最大位置でも、振幅不足です、 画面下部が縮んでいます。
リニアリティ調整は良く効いて調整はスムーズになりました。  


IMGP6645_550x364.jpg

IMGP6652_550x377.jpg

↑ 上が伸びて、下が縮んだ画面になっています。

この状態で下部を伸ばすためにもう1箇所の不良電解コンデンサーを交換します。


IMGP6661_550x348.jpg

IMGP6660_550x375.jpg

↑ 画像は偏向回路基板の中央部の黒の2.2μF/50WVの電解コンデンサーを交換いたしました。


IMGP6634_550x369.jpg

↑ ズバリ的中です。 

綺麗な垂直発振の鋸歯状波が得られて走査線の幅の均一なラスターになりました。


IMGP6624_550x365.jpg

IMGP6635_550x369.jpg

IMGP6636_550x366.jpg

IMGP6640_550x362.jpg

↑ 上から下まで均等な画面になりました。

エージングテストを続行中。





 HOME