FC2ブログ

◆珍しい東京芝浦電気製の東芝4チャンネルステレオ”BOSTON”「SP-480」の修復修理 VOL2

.29 2017 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
   
珍しい東京芝浦電気製の東芝4チャンネルステレオ”BOSTON”「SP-480」の修復理は
問題のレコードプレーヤーの修復工程へ進みます。



IMGP3881_550X446.jpg

↑ レコードプレーヤーはご依頼者のお話によりますとカートリッジが不良で極端に小さな音で
カンチレバーの不良らしい様です。


IMGP3847_550X504.jpg

IMGP3848_550X417.jpg

↑ このレコードプレーヤーTPS-730Hには東芝オリジナルのソリッドステート(半導体)カートリッジが
使用されています。
「半導体圧電素子」が採用されて出力電圧が高くヘッドアンプの必用がありません。

MM/MCカートリッジの場合は出力電圧が非常に小さくて高増幅のヘッドアンプが必用になります。


IMGP3903_550X429.jpg

↑  ①不良の半導体カートリッジ     ②セラミックカートリッジ      ③MMカートリッジ


IMGP3857_550X416.jpg

IMGP3858_550X394.jpg
 
IMGP3859_550X399.jpg

↑ 同等の高出力電圧が得られる②セラミックカートリッジに交換をいたしました。


IMGP3861_550X367.jpg

IMGP3862_550X367.jpg

IMGP3863_550X428.jpg

IMGP3864_550X367.jpg

IMGP3866_550X367.jpg

IMGP3867_550X367.jpg

IMGP3868_550X367.jpg

IMGP3869_550X391.jpg

↑ オートメカの動作の点検を行なっておきます。


IMGP3871_550X420.jpg

IMGP3874_550X367.jpg

IMGP3878_550X367.jpg

IMGP3879_550X367.jpg

↑ ターンテーブルの駆動メカのアイドラーなどの点検を行なっておきます。


IMGP3887_550X367.jpg

IMGP3882_550X7417.jpg

↑ スピーカーはお預かりしておりませんので、取り合えずヘッドホンで試聴いたします。

問題は解決いたしました。 きれいな音色音量です。


IMGP3888_550X667.jpg

IMGP3905_550X367.jpg

IMGP3907_550X367.jpg

↑ カートリッジの質量が軽くなったため針圧が軽すぎてウエイトの調整範囲で調整が出来ません。
ウエイトを手前に繰り出せば良いのですが、孔が貫通していませんので、ウエイトの孔を貫通させ
ました。
ところが後で判ったのですがバイブアームの最後尾に補助ウエイトが埋め込まれておりましたので
それも取り除きました。
これでセラミックカートリッジの最適針圧になりました。


IMGP3885_550X790.jpg

IMGP3888_550X667.jpg

IMGP3899_550X368.jpg

↑ プレーヤーは仕上げ工程でクリーニングを行ないます。


IMGP3893_550X825.jpg

IMGP3897_550X367.jpg

↑ やや小ぶりのTOSHIBA BOSTONに似合うスピーカーを引っぱり出してきました。

ヘッドホンよりは、やはり本物のスピーカーで鳴らすと気持ちよく聴けます。


殆どピッタリです。 
それもその筈、これは姉妹機のTOSHIBA BOSTON 2000 SP-2000のスピーカーでした。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1042-9efe4e09