◆1960年真空管式コロムビアステレオ電蓄「SSA-551」のレコードプレーヤー部の再修理 VOL1

.25 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)


丸4年前の2013年11月に修復修理をさせていただきました
1960年真空管式コロムビアステレオ電蓄「SSA-551」のレコードプレーヤー部のみの
再修理品をお預かりしておりました。
この製品の修復修理のページは下記リンクでご参照下さい。

◆1960年真空管式コロムビアステレオ電蓄「SSA-551」の修復修理




DSCF8944_500X375.jpg

↑ 真空管式コロムビアステレオ電蓄「SSA-551」    サイズ W1020 H540 D360mm

DSCF8948_500X375.jpg

↑ ピックアップのアームが真ん中から折れています。

DSCF9042_500x375.jpg

↑ 最初の姿は、無残にまっ二つに折れたピックアップアームでした。



↓今回は回転がスローで規定の速さにならない状態です。

IMGP4013_550x414.jpg

IMGP4014_550x422.jpg

IMGP4019_550x429.jpg

↑ フォノモーターは問題なく回転しています。


IMGP4015_550x414.jpg

IMGP4029_550x427.jpg

↑ 原因はモータースピンドルの回転をターンテーブルに伝導させる「アイドラー」の不具合
でした。


IMGP4028_550x424.jpg

↑ アイドラーシャフトの油切れによる回転不足です。


IMGP4027_550x367.jpg

IMGP4016_550x367.jpg

IMGP4023_550x429.jpg

IMGP4030_550x403.jpg

IMGP4031_550x421.jpg

↑ 回転部分全てのクリーニングと注油によりスムーズな安定した回転を取り戻します。




関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1050-1cc8eec8