◆1970年代PIONEERマルチアンプセパレートステレオ「S-88」の修復修理 VOL5

.19 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1970年代PIONEERマルチアンプセパレートステレオ「S-88」の修復修理でシャーシー/レコード
プレーヤーはエージング中で、その間にキャビネット周りの経年劣化によるダメージの補修を始め
ます。


IMGP3969_550X367.jpg

↑ 先ずセンターキャビネットの袴の部分の合板の剝離の接着補修と後板のパーチクルボード
の経年劣化による崩れた部分の交換行います。


IMGP4194_550x406.jpg

↑ 木工ボンドを間隙に塗布して圧着して行きます。


IMGP4191_550x435.jpg

IMGP4189_550x367.jpg

IMGP4187_550x3667.jpg

IMGP4184_550x422.jpg

↑ 四辺のベニヤ板の剝離を入念に補修します。


IMGP4185_550x455.jpg

↑ 後部のパーチクルボードは12mmの厚手のベニヤ板に交換をいたします。

別途スピーカーエンクロージャーの後部板交換時、同時に行います。


IMGP4192_550x367.jpg

↑ この部分はセンターキャビネットの後部の為スピーカーの陰に隠れて見えない箇所ですが、
樹脂製の補修材で埋めておきます。


IMGP4202_550x394.jpg

IMGP4196_550x367.jpg

IMGP4201_550x475.jpg

IMGP4198_550x418.jpg

↑ 3芯のスピーカーケーブルは中途で切断して簡易接続、テーピングがなされていました。
多分、別のスピーカーを接続するために切断したようです。

このままでは、非情に不安定で、接触不良やショート、断線の心配がありますので、
一旦切り離して再接続半田付けして、テーピングはやめて絶縁スリーブを装着いたしました。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1054-3c1a1d2d