◆半世紀前のナショナルポータブルカセットレコーダー「RQ-334」の修復修理 VOL1

.09 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
  
予てよりお預かりしておりました半世紀前のナショナルポータブルカセットレコーダー「RQ-334」
修復修理の記録です。


IMGP4328_550x348.jpg

IMGP4326_550x379.jpg

IMGP4322_550x367.jpg

↑ 当時、便利で非常に高価な松下電器製の録音再生のポータブルカセットレコーダーです。

無駄の無いしかも、重くて頑丈に作られています。
単3電池4本で駆動します。 ACアダプターで100V電源でも使用できます。

電池を入れても、全く動作をいたしません。


IMGP4320_550x413.jpg

IMGP4319_550x367.jpg

IMGP4316_550x367.jpg

IMGP4317_550x367.jpg

↑ 分解してみますと「脱着式の電池ホルダー」は大丈夫ですが、

受け側の接触片が腐蝕して緑錆が発生して接触不良になっています。
緑錆を取り除いて通電はしましたが、カセットテープは動きません。

次工程でメカを分解して調べます。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1061-c06b2800