◆1960年代真空管式ナショナルHiFiステレオ「RA-3000」の修復修理 VOL9

.11 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1960年代真空管式ナショナルHiFiステレオ「RA-3000」の修復修理は完成しました。

カートリッジの交換針の入荷待ちでしたが、本日入荷したため、早速交換を行いました。

このRA-3000のプレーヤーは少し変わっています。
お預かりした時に付いていた針は違っていました。
ロネットタイプのクリスタルカートリッジ用の針を無理に取り付けられていました。

ST(LP)用とSP用の針付きの2個のプラグインカートリッジを使い分けます。
しかも当時の最先端の高音質MCカートリッジです。


IMGP4686_550x367.jpg

IMGP4743_550x393.jpg

↑ 唯一国産メーカーの「JICO NATIONAL EPS-11」LP用を取り寄せました。   

 (画像は空ケースです)


IMGP4727_550x368.jpg

↑ 取り付け完了です。 

小さ過ぎて一般の方には取り付けはかなり難しいと思います。
以前に付いていた代用の針が合わないため極小のゴム製のカンチレバーが経年劣化で少し変形
しているため接合が困難でした。


IMGP4727_550x365.jpg


IMGP4729_550x363.jpg

↑ LP針交換の完了したMCカートリッジです。

「ST」の刻印があるカートリッジをシェルに差し込みます。


IMGP4739_550x367.jpg

↑ 細いアームとシェルの接合部に力がかからないように必ずシェルを指でしっかりつまんで
差し込んで下さい。


IMGP4740_550x401.jpg

↑ 慎重に注意して差し込みます。    完了です。

LP/EPレコードをかけて見ましょう。


IMGP4731_550x368.jpg

↑ 78回SP用のカートリッジです。 

最初から付いていたSP針には小さな「緑」の印があります。

カートリッジには「78」の刻印があります。


IMGP4731_550x363.jpg


IMGP4732_550x373.jpg


IMGP4735_550x367.jpg


IMGP4736_550x376.jpg

↑ カートリッジの保管ケースです。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1080-b1b9c1d7