◆1960年代真空管式ナショナルHiFiステレオ「RA-3000」の修復修理 VOL10

.17 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1960年代真空管式ナショナルHiFiステレオ「RA-3000」の修復修理は緊張の連続でした。
しかし、安全にお届けできるまで、まだ終わりません。

横幅が112センチの大型重量物のアンサンブルステレオを細い丸脚を取り付けたままで、
お送りします。
遠距離を過酷なトラック輸送で緻密な機器を無事お届けするため、難しい梱包があります。

以前にこのブログをご覧のお方から「梱包の様子が知りたい」と云うリクエストがありました。
今回、一部を公開させていただきます。


IMGP4682_550x411.jpg

↑ 梱包で最も重要な点は、レコードプレーヤーの養生の方法です。

レコードプレーヤーはデリケートな機器で、しかも振動、衝撃に弱いのです。
そして、キャビネットに固定されていません。
プレーヤーボード全体をスプリングで浮かせて、載せてある状態です。


IMGP4849_550x421.jpg

↑ 先ず、梱包材ですが、大型で丈夫なダンボールが必要です。

お陰さまで、家電販売で、大型冷蔵庫・大型テレビ・洗濯機などの空ダンボールのストックが
役に立ちます。


IMGP4833_550x381.jpg

↑ はじめの頃は普通に丁寧に梱包しておりました。
しかし、お客様が開梱なさるとき時間がかかり、廃材の処理も大変なため、
方法を改良いたしました。

現在の開梱が簡単で製品の保護も安心で梱包材の再利用が便利な方法になりました。

梱包時間が短縮できますが、事前の準備に時間と手間がかかります。


IMGP4834_550x376.jpg

↑ 深さ6cm×横幅+3cm+3cm×奥行き+3cm+3cmの函型の底の部分と蓋の部分の2組
大型の場合は厚さ6mmのダンボールを2重にします。

そして、周りを囲む高さに合ったダンボールをカッターナイフで整えておきます。
全体で3時間以上がかかります。 


IMGP4848_550x367.jpg

↑ レコードプレーヤーの養生に効果的な「7mmの発泡スチロールボード」が効果的です。
古くなったREGZAのポスターボードを利用しました。

レコードプレーヤーはデリケートな機器でしかも振動、衝撃に弱いのです。
しかも、キャブネットに固定されていません。
プレーヤーボード全体をスプリングで浮かせて、載せてある状態です。

運送会社で積み込み時に縦積みにされた時に中でプレーヤーがずり落ちないように完全な
防御を施しておきます。
最初の頃はそれに気が付かず苦い経験を思い出します。


IMGP4831_550x325.jpg

IMGP4832_550x363.jpg

IMGP4840_550x367.jpg

↑ レコードプレーヤーが荷物がどの方向に積まれても外れたりずれたりしないようにします。


IMGP4844_550x367.jpg

↑ 青色の養生テープは木部には貼っておりません。
上扉を閉める前に上下のずれを防止する当て物をします。

養生テープを剥がすときは他に気をつけて、ゆっくりと水平方向に剥がして下さい。
剥がし終わってから緩衝材の「発泡スチロールボード」を外します。
そしてプレーヤーと木部の間に挟んである紙を抜いて下さい。

この作業の間カートリッジに注意して下さい。


IMGP4829_550x506.jpg

IMGP4836_550x404.jpg

IMGP4838_550x415.jpg

↑ 丸脚の先端は底部のダンボールにタッチしていません。

脚に負担を掛けていません。


IMGP4842_550x367.jpg

↑ このまま全体を持ち上げて設置いたします。


IMGP4845_550x367.jpg

↑ 荷姿です。

サイズ  W123cm H85cm D48cm

因みに 送料は ヤマトらくらく家財宅急便 Dランク 奈良県から関東圏内まで  11,286円(税込み)です。




関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1086-df384af6