◆ビクター真空管ビンテージ電蓄RadioElectrola「RE-30」プレーヤーのWアーム改造VOL2

.03 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

VOL1工程で「コブラ型マグネチックピックアッブアーム」の修復修理を完了いたしました。
VOL2工程では2つのピックアップアームを両方とも使用出来るようにプレーヤーボード上に取り付け
を行います。



IMGP5071_550x355.jpg ビクター真空管電蓄RadioElectrola「RE-30」Wアーム改造VOL2



限られたスペースに大型の「コブラ型マグネチックピックアッブアーム」の取り付けは色々問題点が
あります。
アナログレコードの外周と内周をトレースする場合にどうしても差が出ます。
「オーバーハング」や「トラッキング」等の問題はアームの支点から針先までの距離が一定のピック
アップがレコード面の外周間と内周に均一にトレースするのが理想です。
しかし、ピックアッブアームの取り付け位置が極端にずれた位置では無理があります。
通常、SPレコードではそんなに深刻な問題はありません。




IMGP5076_550x349.jpg

↑ プレーヤーボードの奥行きが足りないので、「コブラアーム」の位置決めを慎重に行います。


IMGP5078_550x385.jpg

↑ 穴あけ位置が決まりましたので穴あけ決行します。


IMGP5079_550x323.jpg

↑ 「エアコン穴あけ用ホルソー」で60φの穴を開けました。


IMGP5062_550x966.jpg

↑ 大きな頑丈な「コブラアーム」の約75φのベースには3箇所の補強板が付いていますので大きな
開口部が必要になります。


IMGP5081_550x367.jpg

IMGP5084_550x372.jpg

IMGP5085_550x333.jpg

IMGP5086_550x401.jpg

IMGP5088_550x392.jpg

IMGP5087_550x367.jpg

IMGP5088_550x392.jpg

IMGP5089_550x367.jpg

↑ 配置のみでまだ固定はしておりませんが、この位置関係は問題ありません。

次も問題点があります。

①2つのピックアップの切り替えスイッチを取り付け

②フォノモーターの手動スイッチを取り付け





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1092-3a4bfd76