◆1970年代日立 "Lo-D" SOLID STATE STEREO [DPK-405]修復修理 VOL2

.09 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
予てよりお預かりしておりました、1970年代日立 "Lo-D" SOLID STATE STEREO [DPK-405]は
非常に珍しい大型モジュラーステレオ調の初期のオールトランジスタのビンテージステレオです。

昨年12月にVOL1工程で全体像を把握しておりましたが、事情により中断いたしておりました。
今回VOL2より再開させて頂きました。


HITACHI--[DPK-405]_120x80日立 "Lo-D" SOLID STATE STEREO [DPK-405]修復修理 VOL2

HITACHI--[DPK-405]_550x354

↑ 今回スピーカーはお預かりしておりませんが、下の画像は、WEB上からお借りしたものですが、
この様なレイアウトになるようです。

IMGP5000_550x376.jpg

↑ 修復修理のテスト用スピーカーにSONY 「SS-S440」を使用いたします。


IMGP3696_550x626.jpg

↑ 長期の放置の為経年劣化などで、何とかラジオが受信できる状態です。


IMGP3699_550x362.jpg

↑ レコードプレーヤー


IMGP3713_550x338.jpg

↑ プリメインアンプ


IMGP3715_550x323.jpg

↑ プリメインアンプ後面


IMGP5138_550x336.jpg

↑ プリメインアンプから修復修理にかかります。

全ツマミを外して、前面パネルを取り外します。


IMGP5158_550x657.jpg

↑ 各セレクターロータリースイッチと各ボリュームの劣化による接触不良(ガリ)を修復のため
「接点クリーナー/接点復活剤」の噴射注入により丹念に摺り合わせを行います。


IMGP3713_550x388.jpg

↑ 左と右のどちらかのスピーカーの音が出たり出なかったり不安定な状態は、
「SPセレクタースイッチ」の不良と判定いたしました。


IMGP5141_550x409.jpg

IMGP5142_550x767.jpg

↑ 画像上側のロータリースイッチの接点が折れ曲がっています。

下側はヘッドホンジャックです。


IMGP5149_550x383.jpg

↑ シャーシーから取り外しました。


IMGP5181_550x385.jpg

IMGP5178_550x384.jpg

↑ 名門アルプスのロータリースイッチを調達いたしました。


IMGP5151_550x367.jpg

↑ 形が違いますが、動作的に問題の無いように配線を行います。


IMGP5153_550x765.jpg

IMGP5177_550x443.jpg

↑ 最終的には若干配線に改良を加えてOKです。


IMGP5163_550x389.jpg

↑ ツマミの位置もピッタリです。


IMGP5161_550x367.jpg

↑ 劣化の電源コードを新しく付け替えを行いました。


IMGP5163_550x340.jpg

IMGP5165_550x353.jpg

↑ 前面パネルを取り外した時にダイヤル面と共にクリーニングを行いました。


IMGP5166_550x372.jpg

↑ ダイヤル照明の6.3ボルトの豆電球が2個切れているのを交換いたしました。


IMGP5168_550x463.jpg

IMGP5170_550x371.jpg

IMGP5173_550x302.jpg

↑ ダイヤルが明るく見やすくなりました。


IMGP4994_550x355.jpg

次はレコードプレーヤーの修復修理へ進みます。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1094-56631ced