FC2ブログ

◆1970年代日立 "Lo-D" SOLID STATE STEREO [DPK-405]修復修理 VOL4

.10 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
予てよりお預かりしておりました、1970年代日立 "Lo-D" SOLID STATE STEREO [DPK-405]は
非常に珍しい大型モジュラーステレオ調の初期のオールトランジスタのビンテージステレオです。


HITACHI--[DPK-405]_120x80日立 "Lo-D" SOLID STATE STEREO [DPK-405]修復修理VOL4

HITACHI--[DPK-405]_550x354

修復修理工程VOL4はレコードプレーヤーの修復修理です。



IMGP5187_550x411.jpg

↑ 経年劣化のフォノモーターの防振ゴムを取り外して交換を行います。


IMGP5200_550x406.jpg

↑ 劣化の防振ゴムを取り外しました。


IMGP5201_550x409.jpg

↑ 硬化して砕けています。


IMGP5226_550x371.jpg

↑ 新しい防振ゴムに付け替えます。


IMGP5205_550x426.jpg

↑ 新しい防振ゴムに付け替えを完了です。


IMGP5218_550x427.jpg

IMGP5219_550x367.jpg

↑ キャプスタンベルトを装着します。


IMGP5217_550x367.jpg

↑ 中継用の小ターンテーブルを装着して平ベルトを.かけます。


IMGP5216_550x367.jpg

↑ メインターンテーブルとゴムマットを載せて完了です。


IMGP5209_550x367.jpg

↑ レコード盤を載せてテストを行います。


IMGP5210_550x367.jpg

↑ アームがリターンしてアームレストに着座してもターンテーブルが回転したままてした。

動作の不具合を修理しておきます。  タイミングスイッチの調整で直りました。


IMGP5211_550x359.jpg

IMGP5212_550x367.jpg

IMGP5213_550x367.jpg

IMGP5214_550x367.jpg

IMGP5215_550x367.jpg

↑ 回転も安定してフォノモーターの回転振動もカットされて快適です。

修復の済んだアンプの音質も良好です。


IMGP5221_550x367.jpg

↑ 経年劣化のプレーヤーの電源コードの交換を行いました。


IMGP5222_550x367.jpg

IMGP5223_550x367.jpg

IMGP5224_5520x364.jpg

IMGP5225_550x368.jpg

↑ メカの可動部に潤滑剤の塗布と注油を行います。

プレーヤーのエージングテストを充分行ってからプレーヤーキャビネットに取り付けを行います。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1096-4adcc6ec