◆1969年製COLUMBIA大形真空管ステレオ「SSA-858F」の修復修理 VOL9

.07 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
重厚な大型キャビネットに圧倒される、1969年製コロムビア大形真空管ステレオ「SSA-858F」
の修復修理の記録です。

キャビネットのパーチクルボードの経年劣化による退化崩れの底板・スピーカーバックボード・
脚部補修等の全体強化の作業が終了いたしました。

最終工程のシャーシー内部の一部コンデンサーの交換などの仕上げ作業とキャビネットへの
組み込み 作業に入ります。


<IMGP5530_550x281.jpgCOLUMBIA大形真空管ステレオ「SSA-858F」の修復修理 VOL9



IMGP5893_550x456.jpg

IMGP5895_550x392.jpg

IMGP5900_550x367.jpg

↑ 大容量ブロック型電解コンデンサーを単体の大容量電解コンデンサーなどに交換を
行いました。


IMGP5857_550x367.jpg

IMGP5862_550x367.jpg

↑ 電源整流用ダイオードの交換を行いました。


IMGP5905_550x367.jpg

IMGP5906_550x367.jpg

IMGP5909_550x359.jpg

IMGP5910_550x367.jpg

↑ シャーシーを組み込み前にキャビネットを丹念にクリーニングを行いリフレッシュしておきます。
スピーカーグリルのタテ桟を一本づつ磨いていきます。
前面扉の取っ手が緩んでガタガタしておりますので裏側から締め付けを行いました。
折りたたみ扉を一枚づつ綺麗に磨きました。


IMGP5904_550x370.jpg

IMGP5891_550x382.jpg

↑ 電源コード/電源ヒューズホルダー/電源ヒューズなどの交換を行いました。


IMGP5892_550x361.jpg

↑ 整備の終わったシャーシーをキャビネットに組み込みを行います。


IMGP5901_550x367.jpg

IMGP5903_550x367.jpg

IMGP5912_550x825.jpg

↑ まだシャーシーは仮置きですが、R/Lのオリジナルのスピーカーに接続を行います。

レコードプレーヤーはキャビネットの上に置いてテストを行います。


IMGP5914_550x369.jpg

↑ 操作パネルも綺麗になりました。


IMGP5919_550x367.jpg

IMGP5920_550x367.jpg

IMGP5922_550x367.jpg

↑ ラジオMW/FM  PHONO 動作は順調です。


IMGP5917_550x825.jpg

↑ レコードプレーヤーは安定しています。 絶好調です。


IMGP5918_550x367.jpg

↑ エージングテストを続けます。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1123-9ee03bb2