FC2ブログ

◆1969年製SANSUI セパレートステレオ「APS-1400 」の修復修理(総集編)

.16 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
IMGP6042_550x387.jpg

IMGP6047_550x825.jpg

6年以内に修復修理を実施したサンスイステレオの機種は下記の通りになります。

APS-310    真空管方式 セパレートステレオ
APS-410    真空管方式 セパレートステレオ
APS-530    真空管アンプ
APS-1000   ソリッドステートセパレートステレオ  
APS-1200M  ソリッドステートセパレートステレオ
APS-1300M  ソリッドステートセパレートステレオ
APS-1400   ソリッドステートセパレートステレオ (今回)


IMGP6038_550x367.jpg

IMGP6024_550x367.jpg



先ずチューナーアンプ部の修理からはじめます。

左側が全く音が出ません。 




IMGP5997_550x325.jpg

IMGP5998_550x278.jpg

↑ 電源投入を行い各部の点検をいたします。

各セレクタースイッチと各ボリュームに接点復活剤を注入摺り合わせを行いました。


IMGP6021_550x367.jpg

↑ FM/AM受信回路基板
   プリアンプ基板
   4個の大型パワートランジスタ     シャーシーの様子です。


IMGP6035_550x367.jpg

↑ 基板裏面のパターン


IMGP6039_550x390.jpg

IMGP6040_550x367.jpg

↑ 左音出ずの診断結果はプリアンプのL側の故障と判定いたしました。


IMGP6032_550x367.jpg

↑ プリアンプ基板内のトランジスタ「536GU」の不良と断定。
 
赤丸の代替えトランジスタ東芝2SC1312に交換を行いました。
R側も特性を合わせるために同時に交換を行いました。


IMGP6030_550x367.jpg

IMGP6033_550x367.jpg

↑ 25WV/500μF電解コンデンサーがパンクしているため、
25WV/1000μF電解コンデンサー2個を直列接続して50WV/500μFとして使用いたしました。
実測値が30Vでした。



次はレコードプレーヤーの修復修理を行います。




IMGP5995_550x367.jpg

↑ レコードプレーヤーはベルトを装着してもターンテーブル回転しません。

フォノモーターは回転しますが、ベルトがスリップしています。
原因はターンテーブルシャフトがロックしてビクとも動きません。
ターンテーブルシャフトを取り外してオーバーホールを行い軸受けのクリーニングと注油により
回転しましたが、フォノモーターマウント用の防振ゴムの劣化によりゴムが固着してフォノモーター
が位置ずれを起こしています。


IMGP5988_550x351.jpg

↑ 防振ゴム交換の為フォノモーターを取り外します。


IMGP5992_550x421.jpg

IMGP6018_550x432.jpg

↑ 劣化した防振ゴムを取り外します。


IMGP5989_550x367.jpg

IMGP5991_550x367.jpg

↑ 大型で重いフォノモーターですので、クッションゴムの種類で調整を行い、モーターの
回転振動を拾わないようにカットアンドトライで微調整を行います。


IMGP5994_550x399.jpg

IMGP5996_550x417.jpg

IMGP5996_550.jpg

IMGP5999_550x325.jpg

IMGP6002_550x815.jpg

IMGP6005_550x787.jpg

IMGP6006_550x394.jpg

IMGP6007_550x403.jpg

IMGP6008_550x367.jpg

↑ 入念なテストを続けます。


IMGP6010_550x367.jpg

IMGP6012_550x367.jpg

IMGP6014_550x367.jpg

↑ 良好です。 回転ムラなし、カートリッジの音質音量も良好です。


IMGP6025_550x369.jpg

IMGP6026_550x367.jpg

IMGP6028_550x367.jpg

↑ レコードプレーヤー全体のクリーニングを行いました。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1127-c7cca7bc