FC2ブログ

◆1970年代PIONEER 4CH STEREO 「FD-3」の修復修理 VOL4

.03 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1970年代PIONEER 4CH STEREO 「FD-3」の修復修理は最初から難題必至を覚悟しておりました。
エージングテストを続けますと予想通りの展開になっております。

AM/FMチューナーにもTR不良の間欠ノイズの発生が現れました。


IMGP6255_550x1009.jpg

↑ AM/FMチューナー基板は大きくて基板上には合計8個のTR(トランジスタ)が使用されています。
(FMチューナーブロック除く)。


FD3TUkiban_550x978.jpg

↑ FMラジオは間欠ノイズは無く正常です。

基板上にはAMとFMが共通の回路がありますので一個づつのTRの交換を行いながら不良TR
を発見いたしました。

赤矢印がAMチューナー間欠ノイズ発生源のTR「2SC711」でした。


IMGP6262_550x374.jpg

↑ 交換したTR(トランジスタ)です。


IMGP6260_550x1113.jpg

↑ チューナー基板の裏面。


次々と襲い掛かるノイズの襲来、
「プリアンプ基板」 「PHONOヘッドアンプ基板」 「AMチューナー基板」を撃破できました。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1136-2a2caf7c