FC2ブログ

◆1960年代オートチェンジャー搭載ビクター真空管ステレオHiFi Audiola「STL-710CMB」の修復修理 VOL7

.18 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

IMGP6277_550x339.jpg  
1960年代オートチェンジャー搭載ビクター真空管ステレオ
HiFi Audiola「STL-710CMB」の修復修理 VOL7




1960年代オートチェンジャー搭載ビクター真空管ステレオHiFi Audiola「STL-710CMB」の
修復修理は、おおすじの修復修理を行いエージングテストを行っております。

きめ細かな修復の中で「MT管(ミニチュア管)真空管脚ピンとソケットの接触不良があります。
「STL-710CMB」には合計17球のMT管が使用されています。 全てを修復いたします。


IMGP6447_550x415.jpg

↑ MT管には7ピンと9ピンがあります。 拡大画像でピンの腐蝕がよく分かります。

腐蝕は電気信号を伝えにくくなりますので、雑音(ノイズ)の原因になります。

IMGP6447_550x395.jpg

IMGP6454_550x826.jpg

↑ 真空管ソケットです。


IMGP6461_550x582.jpg

↑ メインシャーシーの16球のMT管とソケットの修復が完了です。


IMGP6459_550x751.jpg

↑ 上部のFMステレオコンバーター1球使用されて合計17球全てです。


IMGP6456_550x385.jpg

↑ エージングテストを続行中。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1143-b9d3b780