FC2ブログ

◆1970年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理 VOL3

.16 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1970,年代ビクター4チャンネルセパレートステレオ「DF-15」の修復修理はパワーアンプ基板内の
「2SC458」と関連のトランジスタの交換を行います。


IMGP6778_550x1055.jpg

↑ パワーアンプ基板内は、かなり昔に「2SC458」とその周辺のトランジスタを交換した形跡が
あります。


IMGP6795_550x418.jpg

↑ 交換の為取り外したトランジスタです。

   画像上列が2SC458  4個

   画像下列が2SA673  4個  


IMGP6792_550x379.jpg

↑ 取り外した2SC458の拡大画像です。


FD15pampkiban6794_550x825.jpg
 
↑ 赤丸印が「2SC458」の代替えトランジスタ 「2SC1815Y」  4個

  黄丸印が「2SA673}の代替えトランジスタ  「2SA1048」   4個

↓ 交換に使用した代替えトランジスタ

IMGP6789_550x446.jpg

IMGP6801_550x1114.jpg

↑ パワーアンプ基板裏面パターン


IMGP6779_550x367.jpg

IMGP6783_550x367.jpg

IMGP6797_550x583.jpg

ここまでの修復でノイズも減少して音質/音量とも飛躍的に良くなりました。

電源回路に若干問題があります。
DC26Vラインの電圧がやや低く20Vのため半導体「3端子レギュレーター」の交換を行います。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1154-ba4add9d