FC2ブログ

◆1950年後期ビクター卓上電蓄 「E-6300」の修復修理 VOL1

.03 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1950年後期ビクター卓上電蓄 「E-6300」は当時の昭和モダンデザインとしてはずば抜けた洋風調
でした。

IMGP7016_550x513.jpg

IMGP7014_550x401.jpg

IMGP7021_550x364.jpg

IMGP7019_550x367.jpg

↑ 電源は入りますが、全く動作をいたしません。


IMGP7025_550x367.jpg

IMGP7027_550x367.jpg

↑ 裏蓋をはずして内部を見ますと、かなり荒れています。

これは、直そうとして、あきらめた形跡があります。  
音が出ないのでスピーカーを無理して外しています。


IMGP7038_550x367.jpg

↑ プレーヤーを取り外さないと内部の点検修理は出来ない構造です。

プレーヤーは知識がないと外せない構造になっています。


IMGP7029_550x367.jpg

IMGP7030_550x367.jpg

IMGP7031_550x367.jpg

↑ プレーヤー・アンプシャーシー・スピーカーの配線が短くて切断しないと隔離できません。


IMGP7033_550x367.jpg

↑ プレーヤーは60Hzの為50Hzの場合はこのままですと回転数が約12%遅くなり音楽が正常に
再現できません。
ヘルツ変換もしくはターンテーブルの回転を速くする手段を考える必要があります。


IMGP7034_550x367.jpg

↑ クリスタルカートリッジが劣化してレコードの音溝から音を再現できません。

新しいセラミックカートリッジに交換を行う必要があります。


IMGP7039_550x367.jpg

↑ スピーカーはバッフルボードから止めネジが外されていましたので、
内部でアンプシャーシーなどに接触してコーン紙が破れていました。


IMGP7043_550x367.jpg

↑ スピーカーの出力トランスがフレームの固定ビスが外されていた為再固定を行いました。

外観の美しさに反して内部は荒れておりました。




関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1161-a3d7bdc7