FC2ブログ

◆1970年代Technicse 4チャンネルセパレートステレオ「SC-1200G」の修復修理 VOL3

.21 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
 
1970年代Technicse 4チャンネルセパレートステレオ「SC-1200G」の修復修理は続いて
レコードプレーヤーの修復修理を行います。


IMGP7269_550x491.jpg

IMGP7270_550x367.jpg

IMGP7339_550x365.jpg

↑ キャビネットからプレーヤーを取り外します。


IMGP7346_550x367.jpg

IMGP7347_550x367.jpg

↑ ベルトを装着してPLAYしますが、フォノモーターの回転が不調で手で反動をつけても回転しない
状態です。


IMGP7305_550x367.jpg

IMGP7288_550x367.jpg

↑ フォノモーターの軸受に直接注油して、回転軸を手で回しながら根気よく徐々に慣らしてやっと
正常回転に戻りました。


IMGP7309_550x367.jpg

IMGP7312_550x378.jpg

IMGP7313_550x367.jpg

↑ プレーヤーボードには「フルオートマチック」と表示されていますが、自動動作をいたしません。

オートマチックメカがプラスチック製です。


IMGP7307_550x367.jpg

IMGP7300_550x367.jpg

IMGP7299_550x367.jpg

IMGP7298_550x367.jpg

IMGP7339_550x365.jpg

↑ メカの可動部に潤滑剤を注入しながら調整を行い何とかオートリターンは可能になりました。


IMGP7285_550x373.jpg

IMGP7284_550x339.jpg

IMGP7286_550x367.jpg

調整とテストを続けます。

回転動作テスト中でカートリッジからの音出しは行っておりません。  次工程になります。




関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1172-3c61d016