FC2ブログ

◆1960年代ナショナル真空管式スーパーフォニックステレオ「SE-2300」の修復修理 VOL3

.23 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1960年代ナショナル真空管式スーパーフォニックステレオ「SE-2300」の修復修理は
半世紀以上の経年に耐えてまいりました。

只今、修復により元通り流麗な音色の再現を目前にしております。


IMGP7891_550x464.jpg

IMGP7831_550x367.jpg

↑ ナショナルステレオ「SE-2300」のレコードプレーヤーは回転/オート機構は修復復元を完了して
後はレコード盤からの音の再現に大切な「カートリッジ」の修復を行います。


IMGP7833_550x379.jpg

↑ カートリッジは残念ながら圧電素子系の「クリスタル/セラミックカートリッジ」のため寿命があります。
耐用年数は約30年です。 新品交換が必須です。


IMGP7894_550x386.jpg

↑ 画像左  劣化不良のセラミックカートリッジ    画像右  交換用の新品セラミックカートリッジ


IMGP7838_550x362.jpg

↑ 不良のカートリッジを取り外して配線を加工しておきます。


IMGP7874_550x367.jpg

IMGP7879_550x411.jpg

↑ 形状が異なりますので改造により取り付けを完了いたしました。


IMGP7885_550x372.jpg

↑ 修復途中のアンプに接続してテストを行いました。    良好です。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1189-79266fee