FC2ブログ

◆PIONEER 4チャンネルセパレートステレオ「FD-5」の修復修理 VOL2

.11 2018 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

PIONEER 4チャンネルセパレートステレオ「FD-5」の修復修理はつづいてダメージの大きいレコード
プレーヤーの修復方法を検討いたします。


IMGP8148_550x367.jpg

IMGP8151_550x367.jpg

↑ トーンアームが支点のジャイロの部分で折れているのは珍しいことです。
アームに何か強い力が掛って折れて外れたものと推測いたします。


IMGP8152_550x367.jpg

IMGP8159_550x426.jpg

IMGP8168_550x359.jpg

IMGP8162_550x367.jpg

IMGP8160_550x367.jpg

IMGP8166_550x367.jpg

IMGP8167_550x430.jpg

↑ 支点のジャイロの部分を分解します。


IMGP8197_550x579.jpg

IMGP8196_550x545.jpg

↑ 予想通りハウジングの破損でした、破片が真下のシャーシー上に落ちていました。


IMGP8198_550x572.jpg

IMGP8200_550x569.jpg

↑ 何とかしてパイプアームを固定する方法を考えます。


IMGP8203_550x369.jpg

IMGP8202_550x367.jpg

↑ カートリッジは無傷で助かりました。


IMGP8204_550x376.jpg

↑ プレーヤー裏面の様子です。  表面と比較して真逆の美しさです。


IMGP8207_550x403.jpg

IMGP8209_550x410.jpg

↑ オートメカはカバーを外してメンテナンスを行います。


IMGP8210_550x367.jpg

↑ フォノモーターと防振ゴムのコンディションは良好です。 
新品のような状態で過去の使用頻度が低いように感じます。


IMGP8211_550x367.jpg

↑ 赤いマイクロスイッチは要注意で点検交換が必要かもしれません。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1199-3979fc58