FC2ブログ

◆PIONEER 4チャンネルセパレートステレオ「FD-5」の修復修理 VOL4

.13 2018 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)

PIONEER 4チャンネルセパレートステレオ「FD-5」の修復修理はチューナーアンプの修復工程に
入ります。


IMGP8127_550x368.jpg

IMGP8269_550x276.jpg

↑ 最初スピーカーを接続して仮テストの音出しでAM/FMラジオは動作は「ガリ」以外の致命的
な不具合は認められませんでした。

しかし、PHONOに切り替えた時、レコードを掛けないで無音時に右から「ガサガサ」「ゴソゴソ」と
いった間欠的なトランジスタノイズが確認できました。


IMGP8275_550x340.jpg

IMGP8277_550x760.jpg

↑ 詳細に点検を行いまして、発生源を突き止めました。


IMGP8278_550x344.jpg

IMGP8279_550x267.jpg

IMGP8280_550x735.jpg

↑ カートリッジで発生した微弱な音声信号を増幅する右初段増幅のトランジスタの不良の為ノイズ
が右スピーカーから出ていることが確認できました。

画像の〇印内のトランジスタの不良を発見して交換を行いました。


IMGP8293_550x367.jpg

↑ 画像左 不良の2SC1312 画像右 交換に使用した互換用2SC1815Y


IMGP8281_550x647.jpg

IMGP8282_550x825.jpg

↑ このFD5の特徴ははパワーアンプ回路に高性能ステレオパワーアンプをIC化したものが
使用されています。


IMGP8285_550x367.jpg

IMGP8286_550x367.jpg

IMGP8289_550x367.jpg

↑ エージングテストの様子です。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1202-30e0a3db