FC2ブログ

◆希少1960年代コロムビア真空管ステレオ「SSA-563」の修復修理 VOL4

.18 2019 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)

1960年代コロムビア真空管ステレオ「SSA-563」の修復修理は進んでまいりました。

レトロオーディオの修復修理で忘れてならないのは、「安心・安全」の問題です。
真空管ステレオの過去事例の中でも特に注意を怠らないのは、100V電源回路と真空管の直流電源回路の
200V~300Vの整流回路です。
100Vの交流から200V~300Vのリップルのない直流電源を整流真空管又はダイオード(半導体)と大容量の
電解コンデンサー等により「倍電圧整流」作用によって造られています。

特に電解コンデンサーは半世紀の経年劣化で発熱破裂する場合があります。
仮に現在は異常なく動作をしていても突然破裂することもあります。
修理テスト中に破裂に直面することがあります。


IMGP8807_600x400.jpg

↑ 最初の画像ですが別置きサブシャーシーの電源回路です。

大きいアルミ缶体に収まった「大容量ブロックコンデンサー」です。
(ブロックコンデンサーは現在製造されていません)

電解液が漏れています。  交換対象です。


IMGP8806_600x400.jpg

↑ プラス側に赤線の入った「大容量チューブラー電解コンデンサー」です。 

危険率の高い電解コンデンサーですので 交換対象です。


IMGP8911_600x400.jpg

↑ 交換対象パーツを取り外しました。


IMGP8911_600x464.jpg

↑↓ 電解液漏れが見られます。

IMGP8913_600x400.jpg


IMGP8909_600x478.jpg

↑ 黄丸印は100μF450WV単体の電解コンデンサー2個に交換を行いました。


IMGP8910_600x513.jpg

↑ 黄丸印は100μF400WV単体の電解コンデンサーと整流ダイオード2個の交換を行いました。


IMGP8903_600x508.jpg

IMGP8905_600x513.jpg

↑ 電源コードの交換も行いました。


IMGP8906_600x468.jpg

IMGP8907_600x480.jpg

↑ 「安全・安心」の電源回路に修復を完了いたしました。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1232-247f3346