FC2ブログ

◆ビデオ入力端子の無いブラウン管テレビに地デジチューナーを接続する方法

.03 2019 家電品の修理 comment(1) trackback(0)

この度、 ◆1970年代レトロなブラウン管カラーテレビナショナル「TH20-A15」が最新デジタル液晶テレビに変身
の記事に関連したご質問をコメント欄より頂いておりました。

ビデオ入力端子があれば地デジチューナー出力を接続するだけで簡単ですが、
1980年以前のブラウン管テレビには殆どビデオ入力端子は内蔵されておりません。

詳細を過去記事を引用してご説明いたします。

●以下2016年1月22日掲載の記事を再掲載いたします。


1977年製コンソール型20インチナショナルカラーテレビ「TH20-A2」の修復修理は最終工
程に入りました。
今日、ご依頼者から「ブルーレイの試聴も可能なようにして欲しい」とご要望がありました。

普通にビデオ入力を設けることは回路構成上などいろんな条件により不可能です。
しかし、何とかしなければなりません。

これ以上簡単確実な方法はありえないと、自負しながら作業を行いました。


DSCF9815_500X376.jpg

DSCF9822_500X375.jpg

↑ [地デジアンテナ出力]→[地デジチューナー]→[RFモジュレーター]→[アナログチューナー
VHF1CH]で受信・・・・・という事になりますので、入口が一つしかありません。
結局、今まで何度か行っている方法ですが最も確実で使いやすい方法をとりました。

アンテナ入力端子を外して、RFモジュレーターとその電源をマウントします。


DSCF9823_500X370.jpg

↑ アンテナ入力端子板を外します。


DSCF9824_500X376.jpg

↑ 一旦、付いているものを全部取り外します。


DSCF9828_500X376.jpg

↑ 下側にピンジャック板を取りつけます。


DSCF9827_500X382.jpg

DSCF9830_500X368.jpg

↑ RFモジュレーターとその電源アダプターを取り付けます。

RFモジュレーターはカバーを外して中身だけを取り付けます。
電源はテレビの電源スイッチで連動させます。


DSCF9831_500X375.jpg

↑ 全てを接続して動作テストを行っています。

テレビとブルーレイ入力の切り替えは無電源AVセレクターを取り付けました。


DSCF9833_500X375.jpg

DSCF9837_500X382.jpg

DSCF9836_500X376.jpg

↑ 非常に使いやすく調子よくいっています。


DSCF9840_500x357.jpg

DSCF9838_500X232.jpg

↑ このテレビの映像調整は自動調整になっていますが、

手動調整のボリュームは普段は殆ど使用しないた為と、前部には取り付け不可能の為
後部に取り付けました。




●RFモジュレーターはテレビの映像信号と音声信号をテレビ電波VHFの1CH又は2CHに変換する機器です。
●1980年以降のVHSビデオデッキにはRFモジュレーターが内蔵されているものがありますので、これを利用
 する方法もあります。




関連記事

ORION
米川先生御机下

大変勉強になりました。わざわざ過去ログを探してご紹介頂き誠にどうも有難う御座いました。
2019.03.04 17:36

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1237-70b3820a