FC2ブログ

◆1965年製ビクター真空管式HiFiステレオオーディオラ「STL-661FMG」の修復修理 VOL6(完成)

.13 2019 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
  
1965年製ビクター真空管式HiFiステレオオーディオラ「STL-661FMG」の修復修理は最終工程を迎えました。


IMGP9091_600x380.jpg

↑ 完成画像です。


IMGP9099_600x362.jpg

↑ スライド扉を閉めた様子です。


IMGP9097_600x400.jpg

↑ 背面の様子です。
スピーカーは密閉式で厚い板と吸音グラスウールで塞いであります。


IMGP9097_600x588.jpg

↑ シャーシー収納部は真空管式で内部温度が上昇しますので通風を良くするため樹脂製の通風ネット
を取り付けました。


IMGP9095_600x428.jpg

IMGP9101_600x400.jpg

IMGP9101_600x275.jpg

↑ 操作パネルのラジオのダイヤルスケールのバックライトは6.3ボルト豆電球1個であまり明るくありません。

一旦シャーシーを収納してからECHO(エコー)調整のインジケーターの赤い照明の豆電球が切れているのに
気が付きまして、再度シャーシーを取り外して修理を行いました。


IMGP9103_600x355.jpg

IMGP9108_600x585.jpg

↑ 到着後にキャビネットの底部に脚部を取り付けるのは大変困難になりますので、梱包時に脚部を
取り付けて発送の予定をいたしておりますす。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1242-dc191b54