FC2ブログ

◆希少な東芝SOLID STATE STEREO LISBON MS-35 の修復修理 VOL2

.23 2019 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)

希少な東芝SOLID STATE STEREO LISBON MS-35 の修復修理は中断いたしておりましたが再開いたしました。


IMGP8586_600x386.jpg

IMGP8587_600x400.jpg

レコードプレーヤーはオートチェンジャープレーヤーが搭載されています。
点検の結果、色々な問題を抱えております。

① 50Hz仕様の為回転数が速く使用不可
② オートチェンジャーのセンタースピンドルが欠品しています。
③ コンデンサーカートリッジが不良の為レコードの音が再現できません。
④ ターンテーブルの回転時に異常音が発生します。

VOL1工程で、以上が不具合として確認いたしました。


IMGP8595_600x400.jpg

IMGP8592_600x400.jpg

↑ このステレオはシャーシーの形状とマウント方式が凄く変わっています。


IMGP9160_600x400.jpg

IMGP9164_600x369.jpg

IMGP9161_600x421.jpg

↑ シャーシーの取り外し方法も今までにない変わった方式です。 


IMGP9162_600x400.jpg

↑ プレーヤーを外してこのボルト2本を先ず外します。


IMGP9166_600x400.jpg

↑ 垂直マウントのシャーシーの下側のボルト止めのナット2箇所を外します。


IMGP9163_600x400.jpg

電源トランスなどと接続のコネクターを外しておきます。


IMGP9165_600x387.jpg

IMGP9167_600x376.jpg

↑ これで外せました。


IMGP9169_600x471.jpg

IMGP9172_600x400.jpg

IMGP9175_600x400.jpg

↑ 大型3点セパレートにしてはコンパクトなシャーシーです。




関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1245-fff8017b