FC2ブログ

◆希少な東芝SOLID STATE STEREO LISBON MS-35 の修復修理 VOL5

.31 2019 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
  
日本の電源周波数は、富士川(静岡県)と糸魚川(新潟県)を境に、わかれています。

●東側 (50Hz=ヘルツ)
●西側 (60Hz=ヘルツ)

電圧は一定の(100V=ボルト)ですがモーターは回転数が変化いたします。

レコードプレーヤーは回転数が最も重要になります。
50Hzのレコードプレーヤーを60Hzで使用しますと約12パーセント回転が速く回ります。
レコード盤をかけますと男性歌手の歌声が女性歌手の歌声になり早口になります。
60Hzのレコードプレーヤーを50Hzで使用しますと逆に遅くなります。


IMGP9199_600x400.jpg

IMGP9184_600x400.jpg

↑ 50Hzのレコードプレーヤーを60Hz用に変換するにはリムドライブ(アイドラー)レコードプレーヤーの
場合はモーターキャプスタンを細くするか、それともアイドラーを大きくすれば回転数は遅くできますが、
非常に難しくなります。


IMGP9229_600x400.jpg

IMGP9236_600x400.jpg

↑ そこで私が考案いたしました市販特定機器の「正弦波インバーター電源装置の組み込み」により
日本国中どこでも正常に動作する「ヘルツフリー化」を実現いたしました。 

画像[左] 正弦波インバーター電源    画像[右] スイッチング電源

二つの機器をプレーヤーに接続してフォノモーターの回転を60Hzから50Hzに変換した電源を供給して正常な
回転数にいたします。(50Hzから60Hzに変換する場合も同様です)。


IMGP9198_600x457.jpg
IMGP9226_600x475.jpg

↑ 画像[上] 最初の状態

   画像[下] 正弦波インバーター電源/スイッチング電源の接続配線の改造後の様子です。


IMGP9226_600x400.jpg

↑ 正弦波インバーター電源装置を接続いたしました。


IMGP9234_600x434.jpg

IMGP9238_600x400.jpg

IMGP9237_600x400.jpg

↑ 33回転/3分の1LPレコードテスト中、簡易回転ストロボチェックで正常回転数、ワウ・フラッター
のチェック良好です。


IMGP9240_600x385.jpg

IMGP9241_600x464.jpg

IMGP9239_600x400.jpg

IMGP9239_600x487.jpg

↑ 45回転EPレコードテスト中、簡易回転ストロボチェックで正常回転数、ワウ・フラッター
のチェック良好です。


IMGP9235_600x400.jpg

IMGP9243_600x313.jpg

IMGP9233_600x435.jpg

↑ エージングテスト中の様子です。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1249-dbb76299