FC2ブログ

◆希少な東芝SOLID STATE STEREO LISBON MS-35 の修復修理 VOL6

.02 2019 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)

希少な東芝SOLID STATE STEREO LISBON MS-35 は半世紀の経年劣化で全体的に劣化が進んでいます。
チューナーアンプ/オートチェンジャープレーヤー修復が進みました。


IMGP9258_600x466.jpg

↑ スピーカーの内部の点検を行います。
真空管式のアンサンブルステレオは開放型のスピーカーですが、
セパレートステレオは密閉型の為内部の様子が見えません。


IMGP9244_600x462.jpg

↑ 後部板を取り外しました。


IMGP9254_600x400.jpg

IMGP9255_600x400.jpg

↑ 低音スピーカー(ウーハー) と高音スピーカー(ツィーター)は正常です、コンデンサーも異常なしです。


IMGP9260_600x400.jpg

↑ 最初から気になっていましたスピーカーケーブルは経年劣化で被覆が固くなり変質変形しているため
交換をいたします。


IMGP9259_600x400.jpg

↑ 交換用のスピーカーケーブルに外した専用のスピーカープラグを付け替えておきました。


IMGP9247_600x450.jpg

IMGP9248_600x451.jpg

↑ 取り外した後部板は内側に吸音材が貼り付けてあります。


IMGP9285_600x404.jpg

IMGP9246_600x379.jpg

IMGP9247_600x432.jpg

IMGP9284_600x400.jpg

↑ 後部板の材質はベニヤ合板ではなく当時の合成材(パーチクルボード)です。
細かく粉砕した木片を接着剤で固めたものですが、経年劣化で変質して強度が低下して崩れが発生しています。
このまでは使用できないため、交換をいたします。


IMGP9251_600x362.jpg

IMGP9250_600x479.jpg

↑ 580×417mmの丈夫な12mm厚のコンパネを使用いたします。


続きます




関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1250-aabbfb25