FC2ブログ

◆1970年代コロムビアポータブルレコードプレーヤー「SE-8」の修復修理 VOL1

.09 2019 家電品の修理 comment(0) trackback(0)

1970年代コロムビアポータブルレコードプレーヤー「SE-8」の修復修理の記録です。


IMGP9302_600x400.jpg

↑ レトロ感覚より現代にも十分通用する生命力を感じる魅力的なデザインです。

お部屋に置いて年齢など超越して愛されるアイテムだと思います。

●不具合の症状は「既定の回転数にならない」様子です。

IMGP9287_600x365.jpg

↑ Lady Bird テントウムシブランドでしょうか製造販売は複数のメーカーがあります。


IMGP9288_600x400.jpg

IMGP9289_600x400.jpg

↑ 原因はフォノモーターをマウントしているクッションゴムが経年劣化で溶けて位置ずれを起こしています。


IMGP9290_600x400.jpg

↑ そのため、モーターキャプスタンとアイドラーの接触点が合わないため回転異常を起こしています。


IMGP9291_600x400.jpg

↑ フォノモーターと取り付け板を外してクッションゴムを取り外して交換を行います。


IMGP9293_600x400.jpg

IMGP9294_600x400.jpg

↑ 3か所のクッションゴムの交換が完了いたしました。


IMGP9297_600x400.jpg

IMGP9300_600x400.jpg

↑ テスト中の様子です。 回転は安定しましたが「コトコト」騒音が出ています。


IMGP9304_600x377.jpg

↑ 劣化したクッションゴムの破片です。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1254-c3c1992f