FC2ブログ

◆1941年製造の国民ラジオ早川電機製「放送局型第122号受信機の修復修理 VOL3

.23 2019 家電品の修理 comment(1) trackback(0)

1941年製造の国民ラジオ早川電機製「放送局型第122号受信機の修復修理は最終工程に入ります。


IMGP9577_600x421.jpg

↑ 完成画像


IMGP9582_600x400.jpg

↑ やはり完璧な動作を重視した方法に決定いたしました。

ロータリーセレクタースイッチを使用いたします。


IMGP9568_600x434.jpg

↑ 接点数に余裕がありますので、直接接続できるRCAピンジャックを増設しておきました。


IMGP9568_600x433.jpg

IMGP9567_600x557.jpg

IMGP9572_600x400.jpg

IMGP9570_600x414.jpg

↑ 小さなツマミで「ラジオ」⇒「ブルートゥース」⇒「ピンジャック」と切り替え変化いたします。


IMGP9569_600x409.jpg

IMGP9575_600x425.jpg

IMGP9579_600x400.jpg

IMGP9578_600x573.jpg

↑ 手前に置いてありますシャーシーが122号ラジオの最初のシャーシーです。

蘇り、グレードアップした122ラジオは120%以上活躍してくれると確信いたします。



関連記事

ORION
米川先生御机下
VOL2の記事で「ベースのコロムビアラジオのPHONO入力が簡単すぎて・・」との記載がありVOL3の完成画像に確かに赤白の入力用ピンジャックが新設されてますが、フォノイコライザーはどの様にされてるのでしょうか?戦前のラジオに有るとも思えず間に別途フォノアンプを使用してレコードプレーヤーに接続するのでしょうか?当方の理解が間違っていたら申し訳け御座いません。
2019.04.24 11:46

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1264-f18ef1ed