FC2ブログ

◆1970年代 SANSUI 6CH MULTI DIRECTION STEREO「APS-2600」の修復修理 VOL3

.31 2019 レトロオーディオの修理 comment(1) trackback(0)
BANNRE9_800x264.jpg

1970年代 SANSUI 6CH MULTI DIRECTION STEREO「APS-2600」の修復修理はセンターキャビネットが
まさしく裏技が功を奏し予想以上の仕上がりになりました。
アンプとプレーヤーを組み込んで、その雄姿を早く見たい衝動に駆られます。

IMGP1063_600x389.jpg

↑ 仮組み込みでテスト中の画像です。    弩迫力のビッグパワーです。


IMGP1056_600x819.jpg



ここで訂正があります。 このステレオの正式名称は、
SANSUI 6CH MULTI DIRECTION STEREO「APS-2600」 です。
6系統のマルチアンプが搭載されています。




IMGP1066_600x400.jpg

IMGP1067_600x400.jpg

IMGP1065_600x398.jpg

↑ プレーヤーは全体をクリーニングして永年の汚れを取り去り注油を行いました。

レコード終端でのオートストップのタイミングの調整を行いました。


IMGP1053_600x385.jpg

IMGP1059_600x382.jpg

IMGP1068_600x400.jpg

↑ どのアングルで見ても貫禄の筐体は存在感があります。


IMGP1054_600x401.jpg

IMGP1055_600x374.jpg

↑ 前下扉の補修も全く違和感がなく溶け込んでおります。


IMGP1057_600x395.jpg

IMGP1058_600x400.jpg

↑ 組み込み前にアンプの電源コードが損傷してテーピングを成されておりましたので、新しく交換しておきました。

完成状態になりましたが、油断は禁物です。

エージングテストを続行いたします。





関連記事

ORION
米川先生御机下
先生から本機は6チャンネルアンプ内蔵と伺いました。スピーカーはリヤ用のスピーカーが欠品していてフロントの大型フロア型スピーカーに2チャンネルのスピーカーが珍しいですが2組組み込まれていて本来なら計6チャンネルアンプ出力で再生との理解で宜しかったでしょうか?。多分スピーカー線が2芯では無くて4芯になってるのかな?と疑問に思っています。
2019.06.01 08:02

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1282-5a015274