FC2ブログ

◆1970年代 SANSUI 6CH MULTI DIRECTION STEREO「APS-2600」の修復修理 VOL4

.01 2019 家電品の修理 comment(0) trackback(0)
BANNRE9_800x264.jpg

1970年代 SANSUI 6CH MULTI DIRECTION STEREO「APS-2600」の修復修理は資料が殆どなく詳細仕様が不明です。
プレーヤー/シャーシー周りは現物を見て判断できます。
しかし、スピーカーシステムはやはりエンクロージャーを開き内部の点検が必要です。

IMGP1054_600x726.jpg

IMGP1093_600x798.jpg

↑ 以前に使用していた環境でスピーカーの設置の都合で左スピーカーの4芯ケーブルを3.6m延長してあります。


IMGP1094_600x400.jpg

↑ 本来は撚線の4芯ケーブルのところを6芯の単線ケーブルを使用しているため、長過ぎて堅く取り回しが悪い
ため、元に戻します。


IMGP1096_600x400.jpg

IMGP1097_600x400.jpg

↑ 内部は5スピーカー構成でした。

高音スピーカー  7.5cmツイーター×2  
中音スピーカー  12.5cmスコーカー×2    
低音スピーカー  30cmウーハー×1  


IMGP1098_600x400.jpg

↑ 高音/中音スピーカーは2基をパラレル(並列)接続で指向性を配慮して角度をつけて取り付けされて
います。


IMGP1099_600x400.jpg

↑ 口径が30cmウーハーは流石に大きくコーンの直径がLPレコードと同じです。
 
画像の左下の丸い孔は「バスレフ」位相反転により低音増強補正効果の技術を採用しています。


IMGP1100_600x395.jpg

IMGP1105_600x400.jpg

IMGP1105_600x374.jpg

↑ 4芯スピーカーケーブルは

黒・・・・・・・ -側 共通
赤・・・・・・・ ウーハー
青・・・・・・・ スコーカー
茶・・・・・・・ ツイーター

4ピンのスピーカープラグは腐蝕で接触不良の可能性かありますので磨いておきました。


IMGP9987_600x363.jpg

↑ ◎シャーシー背面にEXTRA SP 端子がありますが、PHONESと同じ扱いで別途フルレンジのスピーカー
  を接続できます。





 
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1283-20601ffe