FC2ブログ

◆1960年代OSAKA ONKYO 製真空管ラジオ(型名不詳)の修復修理

.02 2019 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
BANNRE10_800x264.jpg

予てよりお預かりしておりました1960年代OSAKA ONKYO製真空管ラジオ(型名不詳)の修復修理の記録です。
症状は音量ボリュームの猛烈なガリオームです。

IMGP1077_600x400.jpg

↑ 頑丈なキャビネットと大型ダイナミックスピーカーとST管UZ42使用5球スーバーでマジックアイ付高級ラジオです。


IMGP1071_600x361.jpg

↑ スピーカーメーカーの大阪音響自前の8インチパーマネントダイナミックスピーカーを使用しています。


IMGP1079_600x400.jpg

↑ S付500kΩAカーブのボリュームはガリが酷く接点復活剤で直らない場合はボリュームの交換を
行いますが、注入孔をドリルで開けて接点復活剤を噴射注入してすり合わせを丹念に行いました。
効果がありピタッと止まりました。


IMGP1074_600x389.jpg

↑ 同調指示管のマジックアイは寿命で点灯不可ですが、交換が必要かをご依頼者にお伺いいたします。

感度、音量音質に問題はなく42シングル・8インチパーマネントダイナミックスピーカーの威力は衰えていません。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1284-89315b24