FC2ブログ

◆1960年代ビクター真空管ステレオHiFiオーディオラオートチェンジャー搭載「BR-790C」の修復修理 VOL9

.20 2019 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
BANNRE13_800x263.jpg



1960年代ビクター真空管ステレオHiFiオーディオラオートチェンジャー搭載「BR-790C」の修復修理は、
チューナーアンプシャーシーの組込み作業を続けます。



IMGP1303_600x487.jpg

↑ チューナーアンプシャーシーをマウントした様子です。


IMGP1290_600x531.jpg

IMGP1286_600x543.jpg

↑ 垂れ下がっていた断熱材のグラスウールをしっかり再取付を行いました。


IMGP1293_600x445.jpg

↑ 背面の様子です。


IMGP1295_600x500.jpg

↑ スピーカー/リバーブマシン/パイロットランプ/ルームランプ/FM内蔵アンテナ等の接続を行います。


IMGP1292_600x400.jpg

IMGP1292_600x459.jpg

↑ ここでスピーカー配線の一部に不良個所を発見いたしました。

シャーシー接続部のスピーカープラグから10cmほどの箇所で無造作に折れ曲がって被覆が剥がれて
いる部分がかりました。 詳しく調べますと7本撚りの芯線が断線して僅かに1本でつなかっていました。


IMGP1311_600x900.jpg

↑ スピーカー/リバーブマシン/パイロットランプ/ルームランプ/FM内蔵アンテナ等の接続を完了して通電テスト
を行いました。


IMGP1310_600x400.jpg

IMGP1309_600x400.jpg

↑ 次にエコー装置のリバーブマシンとアンプの接続を行いました。


IMGP1308_600x419.jpg

↑ オートチェンジャー以外のすべての接続が終わりました。


IMGP1306_600x417.jpg

↑ テスト中の様子です。


IMGP1305_600x426.jpg

IMGP1304_600x400.jpg

IMGP1299_600x493.jpg

IMGP1302_600x424.jpg

IMGP1298_600x523.jpg

↑ 底板前部の塗装を行いました。


IMGP1297_600x489.jpg

IMGP1313_600x394.jpg

IMGP1312_600x387.jpg

↑ オートチェンジャーの最終調整を行っています。

次の最終工程でキャビネットに搭載いたします。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1296-6c7a6a3d