FC2ブログ

◆1960年代ビクター真空管ステレオHiFiオーディオラオートチェンジャー搭載「BR-790C」の修復修理 VOL12(梱包)

.29 2019 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
BANNRE13_800x263.jpg



1960年代ビクター真空管ステレオHiFiオーディオラオートチェンジャー搭載「BR-790C」の修復修理は、
発送準備の梱包を完了いたしました。



IMGP1420_600x593.jpg

↑ 梱包サイズ W990  D490  H900mm
梱包は大変重要な作業になります。

① 完成した製品を最高のコンディションでお届をいたします。
② 到着後の開梱の手間を最小限にする。(脚部を取り付けたままの梱包ですが脚部に荷重負荷ゼロ)
③ 梱包資材の要再利用


IMGP1425_600x722.jpg

↑ 側面の様子です。 


IMGP1424_600x422.jpg

↑ ガラス引戸は別梱包です。 (送られて来た時の状態のまま)




キャビネットに全ての組み込みが終わり最後のエージングテスト中に小さなショック性ノイズ(ポツッ)と
「短く、小さく」感知いたしました。 
真空管の脚ピンとソケットの接触不良を疑いましたが、違いました。
打診で真空管の内部電極の接触不良かと思いきや、それでもありません。

シャーシーを取り外して基板内を詳しく調べました。
結局、真空管の1個のカップリングコンデンサーの不良を発見いたしました。
狭いシャーシー取付け空間の温度上昇によるものでした。
この際、今後の事を考えて7個のカップリングコンデンサー全てを交換いたしました。



IMGP1409_600x400.jpg

IMGP1412_600x400.jpg

IMGP1411_600x400.jpg

IMGP1427_600x419.jpg

↑ 土壇場で発見できたことはラッキーでした。


IMGP1417_600z400.jpg

IMGP1418_600x400.jpg

IMGP1415_600x400.jpg

↑ こうして最後まで気が抜けないのが、レトロオーディオの世界です。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1299-9e75f14d