FC2ブログ

◆1970年代パイオニアマルチアンプセパレートステレオ「S-88」の修復修理 VOL1

.03 2019 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
BANNRE14_800x263.jpg



1970年代パイオニアマルチアンプセパレートステレオ「S-88」はマルチアンプ搭載の高音質の大型ステレオです。
過去に同機種を数台修復修理の経験がありますが、いずれも難航した記憶があります。
しかし、何ごとも経験や修練がスキルアップにつながります。



IMGP1432_600x928.jpg

↑ 故障したまま永い間眠っていたようです。


IMGP1433_600x900.jpg

↑ レコードプレーヤーも全く動きませんが次の工程で点検を行います。


IMGP1434_600x400.jpg

↑ パイオニアはスピーカー専門メーカーでしたせいでしょうか、スピーカーの組み合わせが上手いです。


IMGP1428_600x350.jpg
 
↑ シャーシーを取り出しました。

電源投入しますと、突然「バリバリッ」と落雷のような猛烈なショックノイズが続きます。


IMGP1437_600x819.jpg

↑ シャーシー上面の各プリント基板群です。

回路基板ごとに切り分けて原因追及を行います。


IMGP1436_600x863.jpg

↑ 裏側の基板パターン面です。


IMGP1440_600x436.jpg

↑ 先ずマルチパワーアンプ内を入念に調べましたが異常は見つかりません。


IMGP1439_600x871.jpg

↑ 最も怪しいプリアンプ基板内を使用トランジスタの不良が確認できました。

不良は赤丸印の8個のトランジスタ全部ではありませんが、全てのトランジスタを交換いたします。


IMGP1495_600x428.jpg

↑ 2SC870×2   2SC871×2   2SC458×4 を代替えトランジスタ 2SC1815Y×8個に交換を行いました。


IMGP1496_600x400.jpg

↑ ダイヤル照明用の特殊ヒューズ型パイロットランプ2個を交換いたしました。


IMGP1442_600x400.jpg

IMGP1441_600x850.jpg

IMGP1443_600x400.jpg

IMGP1444_600x400.jpg

↑ 以上で完全にあの猛烈なショックノイズから解放されました。




関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1301-87d580ef