FC2ブログ

◆1970年代初期の珍しいビクター4CHセパレートステレオ「QSL-F555」の修復修理 VOL2

.15 2019 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
BANNRE16_800x263.jpg



予てよりお持ち込みを頂いておりましたビクター4CHセパレートステレオ「QSL-F555」修復修理の記録です。
このビクター4CHセパレートステレオ「QSL-F555」はあまり見かけない珍しい機種ですが、私の推測ですが、
1970年代初期に各メーカーが4CHステレオの研究を始めた頃の製品ではないかと思います。




IMGP1633_600x400.jpg

IMGP1652_600x415.jpg

↑ スピーカーグリルのサランネットの「シミ」はステレオの品格を保つうえにも重要な要素になります。

新しく張り替えるとにいたします。


IMGP1661_600x814.jpg

↑ 右の大きな丸い孔は低音増強の バスレフ(位相反転)構造を形成しています。


IMGP1652_600x819.jpg

IMGP1656_600x900.jpg

IMGP1655_600x900.jpg


↑ スピーカグリルを外して、音の良さを納得できました。

25cmウーハーからなる3WAスピーカーシステムでした。
そしてバスレフ効果の素晴らしいエンクロージャーです。 低音が良すぎるわけです。




それでは、いまどきのサランネットに張り替えます。 なるべくオリジナルの色合いを損なわずに進めます。




IMGP1678_600x400.jpg

IMGP1679_600x400.jpg

IMGP1681_600x400.jpg

IMGP1680_600x400.jpg

IMGP1682_600x400.jpg

↑ きれいに仕上りました。


IMGP1657_600x375.jpg

IMGP1688_600x400.jpg

IMGP1687_600x400.jpg

↑ 経年の汚れを落とさないとつり合いが取れなくなりました。

テスト的にクリーニングを試しましたので、綺麗にいたします。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1307-35248d85