FC2ブログ

◆1969年サンスイソリッドステートセパレートステレオ「APS-1200」の修復修理 VOL3

.31 2019 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
BANNRE17_800x263.jpg



予てよりお預かりいたしまして大変お待ち頂いておりました。
1969年サンスイソリッドステートセパレートステレオ「APS-1200」のお見積もりの為の修復修理VOL3工程は
レコードプレーヤーの修復を行います。



IMGP1911_600x400.jpg

↑ 手動式のレコードプレーヤーですが、色々問題を抱えております。


IMGP1884_600x400.jpg

IMGP1885_600x400.jpg

IMGP1888_600x400.jpg

IMGP1904_600x409.jpg

IMGP1905_600x400.jpg

IMGP1886_600x400.jpg

↑ ドライブベルトのゴムが劣化して脱落して消滅していますので、新しいゴムべルトを装着いたしました。


IMGP1887_600x400.jpg

↑ レコードテストを行います。

① 60Hz用のフレーヤーの回転は安定しています。
   しかし、フォノモーターの回転音と回転振動が気になります。
   そして、その振動音がカートリッジの針先に伝わりスピーカーからブーンとノイズになり出てきます。

② カートリッジのR/Lに出力差があります。


IMGP1889_600x419.jpg

IMGP1893_600x400.jpg

↑ フォノモーターの回転音と回転振動が大ききいのは、防振ゴムで軽減させる構造になっています。
しかし、その防振ゴムが劣化しているため、効果がなくなっています。
その結果、回転振動音が針先にもろに伝わりスピーカーからブーンとノイズが大きく出てきます。

防振ゴムを交換いたします。


IMGP1915_600x411.jpg

↑ 劣化した防振ゴムを取り外しました。


IMGP1897_600x400.jpg

IMGP1900_600x400.jpg

↑ 3ヶ所の新しい防振ゴムを交換してフォノモーターを再マウントいたしました。


IMGP1896_600x400.jpg

↑ フォノモーターに注油を行いました。


IMGP1913_600x400.jpg

IMGP1914_600x400.jpg

IMGP1908_600x400.jpg

IMGP1906_600x414.jpg

↑ テスト中の様子です。

かなりノイズは低くなりました。 カートリッジR/Lの出力差の問題は次工程で行います。


IMGP1909_600x417.jpg

↑ エージングテスト中の様子です。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1314-b22abe3d