FC2ブログ

◆1969年サンスイソリッドステートセパレートステレオ「APS-1200」の修復修理 VOL5

.04 2019 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
BANNRE17_800x263.jpg



予てよりお預かりいたしまして大変お待ち頂いておりました。
1969年サンスイソリッドステートセパレートステレオ「APS-1200」のお見積もりの為の修復修理VOL5工程は
レコードプレーヤーの全体のクリーニングを行いました。

レコードプレーヤーは精巧な機器です。
しかも、経年劣化のダメージを最も受けやすいデリケートな機器です。 
そして、「ステレオの顔」です。  きれいにしてやりたいと思います。




IMGP1884_600x400.jpg

IMGP1888_600x401.jpg

IMGP1885_600x400.jpg

IMGP1886_600x400.jpg

IMGP1884_600x485.jpg

IMGP1887_600x400.jpg

↑ カートリッジヘッドシェルとトーンアームのクリーニングも行います。




分厚いアルミダイキャストのターンテーブルは普通よりもかなり重く作られています。
これは重いほど回転中の「ワウ・フラッター」(回転ムラ)が少なく安定した回転が維持されます。
この重量ターンテーブルを回すために大型のフォノモーターが使用されています。

ゴムマットから露出した部分の表面が劣化変色して見苦しくなっていますので、細かいサンドペーパーに洗剤を
つけて丹念に研磨いたしました。↓

IMGP1971_600x459.jpg

IMGP1972_600x400.jpg

IMGP1963_600x473.jpg

↑ ゴムマットは洗剤でブラシ洗いを行いました。


IMGP1968_600x400.jpg

↑ 飾りのリングもきれいになりました。


IMGP1975_600x626.jpg

IMGP1958_600x400.jpg

IMGP1960_600x400.jpg

↑ カートリッジヘッドシェルとトーンアームもこんなにきれいになりました。



IMGP1952_600x400.jpg

IMGP1950_600x400.jpg

↑ プレーヤーボードのクリーニングを最後に行いました。


IMGP1954_600x400.jpg

↑ ゴムベルトを架けながらターンテーブルをセットいたします。


IMGP1946_600x400.jpg

IMGP1944_600x420.jpg

↑ 完了いたしました。


IMGP1940_600x528.jpg

↑ ゴムマットの縞目が照明や角度により変化します。 

肉眼ではこんなに変化がないのですが、微妙です。

次工程でシャーシーとレコードプレーヤーをキャビネットに組み込んでみます。
組み込みによエージングテストを行うことにより、今まで出なかったトラブルが発見できます。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1316-b900426a