FC2ブログ

◆1970年代HITACHI Lo-D ACOUSTIC SUPER WOOFER 採用高性能スピーカーシステム「HS-1400W」の修復修理 VOL3

.12 2019 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
.BANNRE21_0800x264.jpg



HITACHI Lo-D の有名な大型スピーカーシステム「HS-1400W」 のエンクロージャーの外装修復で全塗装のため
合板の突板の剥がれなどの修復を行います。



IMGP8385_600x400.jpg

↑ 天板の突板が剥がれて波打っています。 剥がれの接着を行いますが、波打ちは完全には戻りません。


IMGP8466_600x421.jpg

↑ 剥がれ部分全体に接着剤を塗布して圧着します。


IMGP8467_600x502.jpg

↑ 同じ大きさの板を乗せて更に15Kg程の重りを置いて圧着を行います。


IMGP8467_600x900.jpg

↑ 側板後部の内側の合板の剥がれも接着を行います。 木工ボンドを注入した直後の画像です。

圧着してはみ出た部分を取り除きます。 固まるまで繰り返します。


IMGP8384_600x985.jpg

↑ 側板の突板が37cmほど剥がれて無くなっています。 


IMGP8476_600x1002.jpg

↑ 樹脂系重鎮材で下処理を行いました。




もう1台の方の修復下処理を行います。



IMGP8392_600x400.jpg

IMGP8469_600x389.jpg

↑ 天板の突板剥がれを貼り付けます。


IMGP8471_600x816.jpg

↑ 両側板の一部剥がれの修復を行います。


IMGP8480_600x420.jpg

IMGP8479_600x419.jpg

↑ 樹脂系重鎮材で下処理を行いました。


IMGP8473_600x400.jpg

↑ この傷は本塗装時に修正いたします。

次工程はウレタンニス塗装で仕上げます。




関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1328-27de30f6