FC2ブログ

◆1950年代Columbiaレコードプレーヤー「RP-450」の修復修理 VOL1

.24 2019 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
BANNRE22_0800x264.jpg



70年前の78回転SPレコード専用プレーヤーColumbiaレコードプレーヤー「RP-450」の修復修理の記録です。



IMGP8535_600x411.jpg

IMGP8536_600x398.jpg

↑ ターンテーブルが回転しません。


IMGP8540_600x401.jpg

IMGP8542_600x400.jpg

↑ フォノモーターが回転しない原因はモーター回転子のロックです。


IMGP8568_600x400.jpg

↑ 経年劣化でベアリングがロックしています。 潤滑剤の注入では効果がありません。


IMGP8558_600x400.jpg

↑ カバーを外してベアリングを外そうとしますが、簡単には外れません。


IMGP8559_600x400.jpg

↑ 傷つけを注意しながらべアリングを取り外しました。


IMGP8562_600x402.jpg

IMGP8563_600x396.jpg

↑ 取り外したベアリングパーツをクリーニングしてスムーズに回転するかを確認しておきます。


IMGP8564_600x400.jpg

↑ シャフトの方もクリーニングしてスムーズに回転するかを確認しておきます。


IMGP8565_600x400.jpg

↑ 組み込みを行いました。


IMGP8551_600x400.jpg

IMGP8548_600x400.jpg

IMGP8539_600x400.jpg

↑ フォノモーターは回転を取り戻しました。

ターンテーブルは回転しますが、異音があります。
これはアイドラーの不具合ですので、後の工程で修復を行います。

次工程でピックアップアームの交換を行います。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1332-a5694617