FC2ブログ

◆1950年代Columbiaレコードプレーヤー「RP-450」の修復修理 VOL2

.24 2019 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
BANNRE22_0800x264.jpg



70年前の78回転SPレコード専用プレーヤーColumbiaレコードプレーヤー「RP-450」の修復修理の記録です。
このColumbiaレコードプレーヤー「RP-450」はクリスタルカートリッジが採用されています。
今回はマグチックカートリッジアームに換装を行います。



IMGP8552_600x400.jpg

↑ オリジナルの「クリスタルカートリッジ」が採用されたアームです。

早速仮付を行いテストいたしましたが、残念ながら予想に反して哀れな音で明らかに経年劣化による
カンチレバーの不調によるものです。


IMGP8604_600x417.jpg

↑ 換装に使用いたしました高音質の「SUMMITマグネチックカートリッジピックアップアーム」です。




IMGP8554_600x400.jpg

IMGP8555_600x400.jpg

IMGP8556_600x400.jpg

↑ 構造上オートスイッチの使用は不可能なため撤去いたします。




早速「SUMMIT T-22」のマグネチックカートリッジの分解修理を行います。
「SUMMIT T-22」のマグネチックカートリッジの高音質の謎を解明いたします。



IMGP8570_600x418.jpg

↑ 「SUMMIT T-22」のマグネチックカートリッジは当時の他社の同型より容積/質量は約2分の1に小型化
されていますが磁束密度が高く、カンチレバーの構造が緻密で発電コイルの直流抵抗1.01kΩで出力電圧が
大きく効率的にできているようです。


IMGP8572_600x418.jpg

IMGP8578_600x400.jpg

↑ カンチレバーの緩衝ゴムがご覧のように劣化していました。


IMGP8575_600x400.jpg

IMGP8583_600x400.jpg

↑ 朽ち果てた緩衝ゴムを交換して、元通りに組み立てを行います。



関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1333-f40a5506