FC2ブログ

◆東芝REGZA 32H2000液晶パネルインバーター基板の交換

.04 2013 レトロオーディオの修理 comment(2) trackback(0)
2006年製のREGZA 32H2000 「音声のみで映像無し」。
よく見るとかすかに何かが映っている、これはバックライトが光っていない。
つまり「パネルのインバーター基板の不良」とみられます。

32H3000とは少し違っているが、ほぼ同じですが、少し余計に手間がかかります。

DSCF2591_500x366.jpg
↑これは交換後のエージング画面。

DSCF2580_500x375.jpg
↑後部カバーを外してみると違いがわかります。つまり、壁掛け金具の造りが違います。
HDDを外しておきます。
中央の壁掛け金具受けの四角の鉄板を外します。
シャーシーを固定している周囲のビスを外します。この作業はよく見て注意深く行います。

DSCF2581_500x375.jpg
↑電源基板の配置も違いますが、概ね同じです。

DSCF2582_500x375.jpg
↑基板をマウントしたシャーシーを外す前に開口部からパネルに接続しているプラグコードを外しておきます。
その時にスピーカーコードプラグと受光部パネルのコード、プラグを忘れずに外します。

DSCF2583_500x375.jpg
↑外したシャーシーを一旦安全な場所に置きます。

DSCF2600_500x375.jpg
↑交換部品はA/B/Cと3種類が用意されていますが、説明書の指示に従って、
この場合はAを使用します。

DSCF2587_500x375.jpg
↑ 左右間違わないように交換します。
組み立て前に電源を入れて動作を確認します。
正常であればスタンドと後部カバーを取り付けます。 



関連記事

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.01.31 16:23
denkiDr
始めまして、ヨネデン 米川でございます。

大変お困りのことと存じます。
東芝SSの診断判定に間違いないと思います。

しかし、ご自分での確認方法があります。

32H2000の場合は判定方法は簡単です。
音声が出て画面真っ暗の場合、注意深く画面を観察すると、
奥の方で何かが、かすかに映っている時はインバーター基板の不良です。

しかし、何も変化がないときは、パネル本体の不良です。
(液晶パネルの交換になりますから高額ですので買い換えの方が得策です)

以上 宜しくお願い致します。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

*** 新時代!エコ家電品・Digital-eco ***
MEDIA CITY TOSHIBA STORE
DJ-net全日本でんき屋ネットワーク協同組合加盟店
株式会社 ヨネデン 代表取締役 米川 勇
〒635-0046 奈良県大和高田市西三倉堂2-1-7
TEL 0745-52-4929 FAX 0745-52-7773
URL http://www.yoneden.co.jp/
E-mail yoneden@nyc.odn.ne.jP
家電製品総合エンジニア・第一種電気工事士
------------------***-----------------
*** 時を越え輝くレトロラジオ再生工房***
URL http://www.yoneden.co.jp/RRWsite_index.html
biog http://yonedenblog.blog.fc2.com/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


> 突然失礼します。
> ネット検索でこの記事にたどり着きました。
>
> 今この記事を読ませていただいて、メールを送った者ですが、こ32H2000がこれと同じ症状で悩まされ続けました。
>
> そこで修理に出した場合、基盤だけ交換と、パネルごと交換では、料金が大変違ってきますので、どちらの仕組みか知りたかったのです。
>
> 基盤がパネル一体型だと、買い直した方が良いくらいの金額になります、基盤だけだと15000円くらいで出来るそうです。
>
> 大変失礼な質問とは思いますが、返信頂けたら嬉しいです。よりしくお願いします。
2014.03.16 21:04

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/137-4e24475c