FC2ブログ

◆1970年代PIONEER 4CHセパレートステレオ「FD-5」の修復修理 VOL1

.20 2020 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)
BANNRE7_800x252.jpg



予てよりお預かりいたしておりました、1970年代PIONEER 4CHセパレートステレオ「FD-5」の修復修理の記録です。



IMGP0046_600x392.jpg

↑ 保存状態が良く外観はきれいで目立つ傷等がありません。


IMGP0047_600x400.jpg

IMGP0045_600x389.jpg

↑ リアSPも別途あります。


IMGP0054_600x400.jpg

↑ 通電いたしまして、一応すべての動作を確認いたしました。


IMGP0055_600x394.jpg

IMGP0056_600x404.jpg

↑ R/LのSPとも音出しOKですが、
各ボリューム群とセレクタースイッチ関連に経年劣化のガリは存在いたします。


IMGP0057_600x725.jpg

IMGP0058_600x900.jpg

IMGP0060_600x452.jpg



レコードプレーヤーの動作を確認いたします。




IMGP0062_600x400.jpg

↑ ターンテーブルはビクとも動きません。 センターシャフトがロックしています。


IMGP0063_600x400.jpg

IMGP0064_600x400.jpg

↑ ターンテーブルを取り外しますと、ドライブベルトが経年劣化で固形化してターンテーブルリム固着していました。


IMGP0068_600x337.jpg

IMGP0069_600x400.jpg

↑ リムに傷を付けないように丁寧に削り取りました。


IMGP0065_600x400.jpg

IMGP0066_600x400.jpg

↑ 削り取った粉末状になったゴムベルトです。


IMGP0072_600x400.jpg

↑ センターシャフトの軸受のロックです。


IMGP0073_600x400.jpg

↑ 軸受に潤滑剤を注入してしばらく時間をおいて処置を行います。


IMGP0075_600x390.jpg

IMGP0078_600x400.jpg

↑ スピンドルに固着した劣化ゴムを取り除きます。


IMGP0079_600x400.jpg

IMGP0080_600x352.jpg

IMGP0082_600x347.jpg

IMGP0083_600x436.jpg

↑ センターシャフトのロックは改善いたしました。


IMGP0088_600x400.jpg

↑ 新しいドライブベルトを装着して手動操作でで回.転して見ました。


IMGP0086_600x400.jpg

↑ オートメカに不具合があります。 次工程で修復を行います。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1390-d25b4ab8