FC2ブログ

◆1960年後期COLUMBIA真空管式小型卓上電蓄「MODEL3730」の修復修理 VOL2

.28 2020 レトロオーディオの修理 comment(0) trackback(0)


1960年後期COLUMBIA真空管式小型卓上電蓄「MODEL3730」の修復修理の記録です。

VOL1工程の結果、エージングテスト中に右側スピーカーからの出力がかなり弱く感じましたので、
各部の点検を行いました。
アンプ系統には問題はなく、カートリッジの出力低下と判定いたしました。



IMGP0284_600x499.jpg

↑ 右スピ―カーの音が左の30%程度で、やや歪んでいます。 やがて左も同じになります。


IMGP0278_600x400.jpg

↑ このクリスタルカートリッジはステレオタイプでR/Lの2系統になっています。
劣化により片方の発電能力が落ちています。 寿命期限を過ぎています。


IMGP0273_600x400.jpg

↑ クリスタルカートリッジは、針先から伝わる振動を電気信号に変換する素子が
  素材が「ロッシェル塩」の結晶による圧電効果で発生しています。
  素材は「塩」ですから経年劣化で溶ける性質があります。
  製造後30年位からその現象が始まります。


IMGP0271_600x400.jpg

↑ カートリッジの交換を行います。


IMGP0287_600x400.jpg

↑ 左が取り外したクリスタルカートリッジです。       右が交換用新品のセラミックカートリッジです。


IMGP0275_600x400.jpg

↑ セラミックカートリッジに交換を行いました。


IMGP0280_600x400.jpg

IMGP0285_600x476.jpg

↑ きれいに音が出ています。





関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1397-af54463c