FC2ブログ

◆2台のSONYポータブル超小型カセットレコーダー「TCM-450」の修復修理

.22 2020 レトロオーディオの修理 comment(1) trackback(0)


一世を風靡したSONYポータブル超小型カセットレコーダー「TCM-450」の修復修理の記録です。

ご愛用者には大切な小型で録音再生が手軽に行こなえる高性能なSONYポータブルカセットレコーダー
「TCM-450」です、あまりにも小型で小さな筐体にマイクロパーツを詰め込んであります。

2台共カセットテープが走行致しません。   2台の「TCM-450」を同時に修理致します。



IMGP1721_600X426.jpg

IMGP1684_600x343.jpg

↑ 今年3月に別の同じ機種を2台修理を行っておりました。
 
コンパクトな作りですから極小の止めごネジを使用しています。


IMGP1686_600x401.jpg

↑ 第一段階の分解で不良のメインベルトを取り外しました。 

 左 新ベルト     右 取り外した不良ベルト


IMGP16パーツを89_600x360.jpg

↑ 基板を少し持ち上げてその隙間からピンセットで30φのベルトを装着いたします。


IMGP1691_600x401.jpg

↑ ベルト交換を終わりテストを行います。


IMGP1693_600x401.jpg
IMGP1696_600x392.jpg

IMGP1697_600x448.jpg

IMGP1694_600x401.jpg

↑ 全ての動作が良好です。 音質/音量も良くノイズもありません。




続いて2台目の修復修理を同じ手順で行います。




IMGP1699_600x401.jpg

↑ 分解して不良のメインベルトを取り外しました。


IMGP1701_600x334.jpg

↑ 基板の隙間から新しいベルトを装着したしました。


IMGP1713_600x401.jpg

↑ テストは良好です。


IMGP1712_600x401.jpg

IMGP1710_600x359.jpg/>

IMGP1714_600x344.jpg

IMGP1715_600x401.jpg

2台のTCM-450の修復修理が完了いたしました。





関連記事

紀の国
TCM450のタイミングベルトを交換したいのですが、どうやったら写真みたいに2つに分解できるか分かりません。
お手数ですが教えていただければ助かります。
2021.01.13 22:11

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yonedenblog.blog.fc2.com/tb.php/1453-65f15a54